イエイで不動産一括査定するメリットデメリットは?強みや弱みの総合まとめ | 鯨鑑定士の不動産売却

イエイで不動産一括査定するメリットデメリットは?強みや弱みの総合まとめ

2020.8.10

3 views

    SHARE :

不動産を売却したい場合、現状として複数の不動産会社を比較して選ぶ人が多いと思います。
少しでも高値で売却したいですし、良い担当者に巡り合いたいですよね。

その中で最近テレビCMが積極的に流れている不動産一括査定サイトのイエイについて、詳細を知りたい人に特徴を解説します。

イエイで不動産売却を行うメリット・デメリットや、良い評判や悪い口コミは無いのかを参考にしてください。
また不動産一括サイトの選び方や注意点についても見ていきましょう。

不動産一括サイトイエイとは?

若者向けにポップな印象を与える内容のCMで、電車内やネット広告などイエイをよく見かける人も多いでしょう。
まずはイエイの概要と、良い評判や悪い口コミについて見てみましょう。

イエイの概要

イエイは不動産一括査定サービスの運営会社として2007年から運営する、査定サイトの中では長い企業だと言えます。
イエイの基本情報を以下にまとめました。

開始時期2007年
対象エリア全国
利用者数400万人
同時依頼可能数6社
提携会社数1700社以上
運営会社セカイエ株式会社

イエイの運営会社はセカイエ株式会社です。
セカイエは、従業員数78名の企業でインターネットメディアの企画開発や、ソフトウェアの企画開発も手掛けている会社です。

イエイの他にもリノコショッピングや、土地活用プラン比較サイトの土地活用の窓口、などのサービスも展開しています。

表にもある通りこれまでに400万人以上の人に利用されており、登録不動産会社数や査定できる不動産の種別も多いのが特徴です。

大手の不動産会社はもちろん、中小の企業までまんべんなく見積もりを取ることができるのが魅力です。

参加業者数については、不動産一括査定サイトの中でも国内トップクラスの数です。
そのため、売却を考える人にとって相場を知るうえで、非常に役に立つサイトと言えるでしょう

またサポート体制が厚い会社なので、家を売るのが初めてでどの査定サイトを利用したら良いか分からない、という人にもぴったりです。

こざかな生徒
こざかな生徒

不動産一括査定サイトの中ではトップクラスの企業なんですね。

査定可能な物件種別も多く、機能面も充実しているので、実力のある企業ですね。

クジラ先生
クジラ先生

イエイの評判や口コミ

イエイを実際に利用したことのある人の口コミを見てみましょう。
まずは良い口コミについて以下にまとめました。

  • イエイを利用していくつかの不動産について話を進め無事に売却できた
  • 複数の会社に査定できて予想よりも高く売れた
  • すぐにメールで連絡がきて査定価格もすぐ郵送してくれて助かった
  • 相続で引き継いだ不動産の税金のことについても相談に乗ってくれた
  • 住み替えのことで色々と相談に乗ってくれて勉強になった
  • 査定額の根拠がしっかりしており、信頼できる
  • 対応の早い業者と契約できた

イエイについての良い口コミを見てみると、査定サイトを利用したことで無事に不動産を売ることができたという意見があります。

またさらにその中で、他では売れなかった物件がイエイでは売れた、対応がスムーズといった意見が目立ちます。

査定以外の税金面の相談や、住み替えの相談にも乗ってくれるという意見があるので、サポートが手厚い印象があります。

一方で悪い口コミについても見ておきましょう。

  • 査定後個別業者からメールや電話が頻繁に来る
  • 比較できる不動産の数が多いのは良いが、中には悪い業者もいる

イエイの会社に対する悪い口コミは見られず、不動産一括サイトのデメリットに対する口コミがありました。

例えば不動産一括査定サイトを利用すると、仲介業者にメールアドレスが共有されることがあります。
そのため様々な不動産会社から営業のメールや電話がくることになります。

ただそれは、売却を考えている人にとって比較できる情報なので、便利に活用することもできます。
しかしメール対応や電話対応に手間がかかるので、それが嫌だという意見もあるでしょう。

ただこれはイエイに限らずどこの不動産一括査定サイトを利用しても起きることなので、対策法を予め知っておくことが大事です。

また比較できる不動産の数が多いため、中にはマナーの悪い業者もある、という意見です。
特徴の部分で後述しますが、イエイにはこうした質の悪い業者に対してのイエローカード制度を設けています。

質の良い業者を選別してほしい、という意見もありましたが、業者の良し悪しは利用する人によっても感じ方も異なります。

そのため第三者目線でいながら、イエローカード制度のような制度があるのでありがたいという見方もできます。

イエイの特徴や強みと弱み

不動産一括査定サイトで迷っている場合は、イエイの特徴や強みを参考にして、検討してみましょう。

こざかな生徒
こざかな生徒

400万人以上の人に選ばれている理由が知りたいです。

そうですね、まずはイエイならではの強みについて知っておくと便利です。

クジラ先生
クジラ先生
イエイの特徴と強み

提携業者が多い

不動産一括サイトを利用する人は、できるだけ多くの不動産会社に査定をしてもらい、できるだけ高値で売りたいと思っている人です。

そのため提携業者数が多いのは魅力の一つでしょう。
イエイでは業界最多の登録者数で、国内主要大手企業をはじめ地元密着型の企業など人気を含め1700社から査定を申し込むことができます

一度に申し込める会社の数は6社で、最短60秒で査定価格を比較することが可能です。

自社調べでは利用者の97%の人が査定額を比較して良かったという回答があります。
一度に申し込める企業の数は、他社と比べても平均的ですが、複数の業者から選べるのはメリットが大きいでしょう。

対応不動産の種類が多い

イエイで査定できるのはマイホームだけではありません。
マンションや戸建てや土地はもちろん、アパート一棟やビル、倉庫など多岐にわたります。

他にも農地や山林など幅広い不動産に対応しています。
特に農地や山林、畑などは相続で引き継ぐ場合がありますが、価値を判断するのが難しい不動産でもあるので、相続した人にとっては魅力的です。

直接買い取り相談が可能

不動産の売却は仲介で売却するケースがほとんどでしょうが、中には早くに売却したい物件もあります。

そんな時は直接買い取りによる依頼や相談も受け付けています。
直接買い取りとは、売主と買主の間に仲介を設けず、不動産会社が買主になることを言います。

売主は直接価格について不動産会社と交渉を行い、条件が希望通りにまとまれば、すぐに契約となります。

そのため不動産の売却を急いでいる人にメリットがあります。

買取と仲介のメリットとデメリット

イエローカード制度

不動産一括査定サイトを利用すると、メールアドレスなど個人情報が多くの不動産会社に共有されます。

そのため個別業者が営業の電話やメールを送ってくることがあります。
個人がそれで比較を行い、希望通りに不動産を売却できれば良いのですが、中にはかなりしつこい勧誘を繰り返す不動産会社もいます。

イエイでは、しつこい勧誘を行う不動産会社や不利益を被るような行為を行ってくる業者に対して、イエイが契約解除をできる仕組みがあります。

またクレームが多い不動産会社はイエイの加盟企業から外すという制度になっています。
そのため安心して不動産会社を査定できる仕組みづくりを行っています。

査定方法を選べる

不動産売却を検討する上で早く売りたいと思う人の他に、相場を知ってから売却するかどうかを検討したい、という人は多くいます。

しかしながら査定サイトは売却に積極的でないユーザーに対して、あまり親切ではない仕組みになっています。

そういった実情に柔軟に対応するために、イエイではユーザーがー机上査定と訪問査定を選べるようになっています。

また、価格を知ったうえで考えたい、現在契約している会社との比較を行いたい、という細かい要望に応えてくれます。
査定方法を選べるのは、慎重に不動産を売却したい人にとっては嬉しい仕組みです。

SSL暗号通信で安心

不動産一括査定サイトを利用すると、情報を入力するために個人情報の漏洩が心配です。
イエイではSSL暗号通信を実装しているため、安心して査定サイトを利用することができます。

イエローカード制度同様に、安心感を持って査定を行ってもらうための制度がしっかりしているのが強みです。

祝い金制度がある

例えばイエイを通して査定依頼をし、不動産会社と契約に至って実際に売却をした場合は、アマゾンギフト券5000円分をもらえます。

ギフト券をもらうためにはアンケートに回答する必要がありますが、回答するだけなので難しくはありません。
ささやかな制度ではあるものの、そのような制度が全くないサイトと比較すると嬉しいサービスです。

サポート体制の手厚さ

イエイでは不動産に関する専門知識を持った専任スタッフが会社に常駐しています。
そのため不動産売却で分からないことがあれば、すぐに相談することが可能です。

相談もどちらかに偏った意見ではなく中立的な立場からのサポートなので、売主も安心して相談ができます。

イエイでは他社にはない業界屈指のサービスとしていて、力を入れている制度になります。

詳しいサポート内容は以下があります。

  • なんでも相談室
  • お断り代行サービス
  • 査定後のフォロー

なんでも相談室では不動産売却における疑問や悩みを全て無料で相談できるサービスです。
相談方法も対面相談とメール相談から選べるので、自分の好きな方を選べるメリットもあります。

またお断り代行サービスとは、不動産会社の営業や勧誘がしつこく、自分では断りづらいというケースに対応するサービスです。
イエイがその不動産会社に対して、代行で断ってくれるサービスです。

また査定申し込みの後に、イエイから電話が来ます。
そして売主の不利益にならないようにアドバイスをしてくれる査定後のフォローがあります。

査定が初めてで右も左も分からないといった人に役立つサービスと言えるでしょう。

イエイの弱みとは

不動産一括査定サイトの運営会社としては老舗で大手のイエイですが、弱みもあります。

それは先述の口コミの部分でも解説しましたが、登録業者が多いためにマナーの悪さが目立つ業者が一部存在する、という部分です。

一括査定サイトの認知度を上げるために、ある程度の登録業者が必要なため、あまり吟味せずに参加業者を集めていた、という背景もあるかもしれません。

ただし今ではイエローカード制度を設け、悪徳業者に対する排除の対策もとれています。
査定を行った中にはマナーの悪い業者がいる可能性もありますが、ほとんどは安心して利用できるでしょう。

イエイを利用するメリット・デメリットと向いている人

特徴や強みが分かったところで、イエイを利用するメリットやデメリットについて解説します。

こざかな生徒
こざかな生徒

イエイを利用したら、どんな良い部分があるのかを知りたいです。

特徴から考えられるメリットとデメリットを見てみましょう。またどんな人に向いているかを紹介します。

クジラ先生
クジラ先生

イエイを利用するメリット

イエイの様々な特徴から、イエイを利用するメリットを以下にまとめました。

  • 多くの業者に相見積もりをかけられる
  • 売りにくい不動産を売ることができる
  • 自分が選んだ業者訪問ができ不要な業者訪問を避けることが可能
  • 売却を急いでいる時に便利
  • サポートが手厚く安心
  • 祝い金がもらえてお得

イエイの最大のメリットは、1700社以上の不動産会社の中から選べるため選択の幅が広がり、希望通りの売却に繋がりやすいという点です。
少ない中から不動産を選ぶよりも、より自分の希望にあった不動産が見つかりやすいでしょう。

また不動産会社は会社によって不動産の種類に得意、不得意があります。
登録業者が少ないと、得意な業者が見つからず有利な売却ができない可能性もあります。

さらに不動産はすぐに売れる物件の他にも、相続などで畑や農地など自分では活用が難しい不動産を引き継いでしまうことも少なくありません。

そのような不動産でも、イエイなら対応してくれるので、売りにくい不動産が売れる可能性も高まります

他にもイエイは査定方法を選べるため、相場を知ってから不動産を判断したい場合に不要な個別訪問を避けられるメリットがあります。

訪問を避けたい業者は机上査定に、しっかり査定してほしい業者は訪問査定にするなど、自由度が高い査定ができます。

逆に売却を急いでいる場合は直接買い取りの相談も可能なので、手元に早くお金が欲しい人にも役立つサイトです。

サポートが手厚いので初心者も安心で、おまけとして祝い金がもらえるのも嬉しいメリットでしょう。

イエイを利用するデメリット

一方でイエイを利用するデメリットについても知っておきましょう。

  • 質の悪い業者がいる可能性がある
  • 業者の選定が進まない
  • 匿名査定ができない

イエイでは登録業者が多いため、中にはマナーの悪い業者につかまってしまう可能性があります。
営業マンに課せられたノルマがある企業だとどうしても勧誘が増えてしまうでしょう。

慣れるためにもメールや電話などでそちらには依頼しません、とはっきり断る練習ができると思えば、自分にも利点があります。

それでも食い下がってくる場合はイエローカード制度が利用できます

また登録業者が多いということはそれだけ迷いが生じることでもあります。
物件の売却をスムーズにしたくても、多くの業者から選ばなければならないため、選定の段階で迷いが出てくるのがデメリットとしてあります。

またイエイでは、簡易査定であっても匿名での査定はできません
相場を簡単に知りたいだけであっても、個人情報の登録は避けられないので注意してください。

イエイを利用するメリットとデメリット

イエイが向いている人

初めて物件を売却するにあたって、比較できる不動産の数が多いのは安心できます。
そのため初心者の人にイエイは向いているでしょう。

その他にも査定できる不動産の種類が多く、倉庫やビルなども対応しているため、法人についてもイエイが向いています。

その他にもイエイを利用したい時は、以下のような状況の際に利用すると良いでしょう。

  • 不動産を相続した時
  • 子供が自立して夫婦のみになった
  • 転勤や出張
  • ローンの支払いが苦しい
  • 売却したい物件が中々売れない

両親の不動産を引き継いだが、兄弟全員が家を所有しており家を売ることになるような状況は珍しくありません。
相続や税金について詳しい不動産会社をイエイで比較することができます。

また子供が自立して夫婦2人で住むには広すぎるので、家を売りたいという状況も多いです。

他にもローンの支払いが苦しいという理由もあるでしょう。
これら住み替えを行うために不動産を売る場合は、今後住む新居の費用をできるだけ高く捻出したいと考えます。

そのため複数の不動産会社に査定を依頼することが高く売るコツになります。

中々買い手がつかず自宅が売れないケースも珍しくないため、多くの不動産会社を検討できるイエイで査定を行うメリットは大きいでしょう。

多くの不動産会社で査定を行えば、中には悪徳業者や断りづらい業者にあたってしまう可能性があります。

ただしイエイでは顧客に不利益を与えるような業者への対応も手厚いため、安心して利用できるでしょう。

イエイで不動産一括査定を行う手順

イエイで不動産一括査定を行うのは難しくありません。
ただいくつか手順があるので細かく手順を紹介します。

イエイではサイトで60秒スピード査定ができるので、それを利用すれば簡単に条件の合う不動産会社が見つかります。

気になった不動産会社が見つかれば、そこから査定を依頼するという手順になります。

物件情報を選択する

まずは自分の売りたい物件情報を入力しましょう。

  • 分譲マンションや戸建てなど物件の種類を選ぶ
  • 売りたい家の県とエリア・市町村を選ぶ

上記を選択したら次へをクリックしましょう。

物件の建物情報や所在地を入力

次に詳細の所在地を聞かれますが、これは正確な査定結果を自動算出するために必要な部分になります。

イエイの不動産会社の査定は匿名ではできませんので、個人情報は入力が必要です。
物件の所在地を入れたら、後は以下の物件情報を入力しましょう。

  • 建物(専有)の面積
  • 土地の面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 査定物件との関係

物件のスペックを入れますが、築年数など正確な年数が分からないという場合はおおよそでも構いません

ただしより正確な数値を入れた方が、査定額と実際の価格に誤差が生じにくくなります。
査定物件との関係については、自分が名義人なのかどうかを選ぶ項目になります。

アンケートにこたえる

物件の情報や名義人と物件の状況を知るためにも、アンケートに協力した方が良いでしょう。
例えば不動産で相談したい内容がある場合や、売却したい不動産に今現在住んでいる、といった状況の場合です。

アンケートでは以下の状況を詳しく入力することで、スムーズな売却が行えるでしょう。

  • 物件の現状
  • 査定の理由
  • 希望する相談内容
  • 傾向
  • 査定方法

今住んでいる家で、査定の理由は住み替えや相続など様々な選択肢から選びます。
また税金について相談したい、法律について相談したいなど様々な相談内容を選ぶことができます。

傾向というのは仲介を選ぶのか直接買い取りを選ぶのか、物件売却をどう売るのかの考えを示します。

さらに重要なポイントですが、イエイでは査定方法を机上査定か、訪問査定の2種類を選ぶことが可能です。

机上査定とは、物件の情報などを書類で見て査定を行う方法の事です。
一方訪問査定とは、実際に不動産会社が家を訪れて査定を行う方法です。

イエイでは80%以上の人が訪問査定を選んでおり、物件を売却することが決まっている場合は訪問査定を選んだ方が良いでしょう。

もし物件を売るか売らないかで迷っている段階の場合は、机上査定でおおまかな値段を知ることもできます。

個人情報の入力をする

名前や年齢、電話番号など個人情報の必須項目は入力しなければなりません。
情報は一般に公開されることはありませんが、不動産会社が個別で営業のメールや電話をしてくることはあります。

ただ忙しくて電話に出られない場合は、メールのみを選ぶことができます

またメールアドレスがなくても査定自体は可能ですが、メールを入力した方が査定書などを確認しやすいメリットがあります。
メールアドレスはフリーメールなどでも構わないので、入力しておいた方が良いでしょう。

不動産会社を選ぶ

ここまで入力を行うと、査定できる不動産会社が一覧になって表示されます。
依頼できる不動産会社の確認ができると共に、表示された不動産会社で気になる会社があれば、その会社に査定を依頼するかどうかを選択することができます。

例えば複数の会社が出てきて絞りたい場合も、気になる不動産会社のみを選んで査定することができます。

イエイで不動産一括査定する流れ

売りたい不動産を売ることができる不動産会社が見つかり、その上で比較したい不動産会社を自分で選べるという特徴があります。

不動産一括サイトの選び方や注意点

不動産を売る時は、一社だけの見積もりを取るのはおすすめできません。
素人では不動産の相場価格を知ることができないため、一社のみの査定額で決めると損をする可能性があるからです。

ただ単に大手だから、よく見るお店だからという理由だけでは高く売れる根拠はないのです。
そのために便利なツールとして不動産一括サイトがあります。

机上査定や訪問査定という言葉が先ほども出てきましたが、そもそも不動産一括査定サイトの仕組みが良く分からないという人も多いでしょう。
そんな人に向けて特徴やメリット、またデメリットを解説します。

不動産一括サイトの特徴

売りたい不動産会社があっても一軒一軒不動産のお店を訪ねて見積もりを取っていては、非常に時間と手間がかかります。
そのためまとめて査定依頼を行うことができるのが、不動産一括査定サイトのサービスです。

査定依頼は完全に無料で行えますが、これは参加する不動産会社が査定サイトに利用費用を支払っているからです。

簡単に言えば広告費の一環で、美容院や飲食店の予約サイトと同じような仕組みといえば分かりやすいでしょう。

ですから無料だから逆に怪しい、ということは全くありません。
イエイの査定方法の所でもお伝えしましたが、査定方法には以下の2つがあります。

  • 机上査定
  • 訪問査定

机上査定は簡易的な査定のことで、書類や市場データをもとに査定額を算出します。
一方訪問査定は実際に家を見て、シロアリの有無や間取りの日当たりなど、実際に見ないと分からない部分を見て、査定額を算出します。

訪問査定を行う場合は、連絡がきた後の段階で不動産会社と日程のやり取りをして来てもらいましょう。

不動産一括査定サイトを利用するメリットとデメリットを簡単にまとめると以下があります。

不動産一括サイトを利用するメリット不動産一括サイトを利用するデメリット
ネット上で完全無料契約してほしいため高い査定を行う業者もいる
時間や手間が省ける都市部以外の地方は査定対象外となる可能性がある
査定額を比較でき適正な価格を知れる査定ができるのは査定サイトに登録している不動産会社だけ

メリットとデメリットについて詳細を見てみましょう。

不動産一括サイトを利用するメリット

不動産一括査定サイトを利用する最大のメリットは、家にいながら査定する複数の不動産会社が見つかることです。

また利用は無料で行えるので、自分が何か負担を強いられる、ということがありません。
忙しい人にとって時間と手間が省けるのは魅力的でしょう。

また不動産一括査定サイトの最大の特徴である、複数の査定額の相場を知れることで、物件の適正価格を知ることができます。

物件は築年数や間取り、周辺エリアから大体の相場が決まっていますが、定価というものはありません。
そのため不動産会社によって多ければ100万円以上の差がつくこともあるようです。

大手だからという理由だけで一社だけに見積もりを取ると、物件の適正な価格が分からないので避けておいた方が良いでしょう。

ただ高い査定額が良いとは限らず、適正価格よりも高い価格で売れば中々売れずに売れ残ってしまう状況にもなります。

不動産一括サイトを利用するデメリット

一方で不動産一括査定サイトを利用する上で、デメリットもあるので注意したい所です。
デメリットは、自分の会社で契約してほしいからわざと査定の段階で高めの査定を行う業者がいることです。

先ほども言いましたが、不動産は高すぎても売れません。
契約を行ってから、現在の販売価格では売れないので値下げが必要と、言ってくる業者もいます。

これを防ぐためには、一括査定サイトで他社と飛びぬけて高い理由にどんな根拠があるかを確認することが大事です。

不動産の査定額はあくまでも妥当な価格で売れるかが重要なポイントになります。

また他のデメリットとして、全国の不動産に対応しているわけではないという部分です。
地方の郊外にある不動産会社は、査定対象外になる可能性もあります。

できるだけ登録数の多いイエイのようなサイトを選ぶか、結果を見て他の査定サイトを利用することも検討しましょう。

さらに不動産一括サイトでは、全ての不動産会社が登録しているわけではありません。
地元の不動産会社にも依頼しつつ、適正価格の中で高く売れる不動産会社を選びましょう。

不動産一括査定サイトの選び方

不動産一括査定サイトは多くの企業が運営しており、どんなサイトを選んでよいか分からない場合もあるでしょう。
不動産一括サイトを選ぶ上で重要なポイントを知っておきましょう。

  • 対象エリアが広い
  • 提携する不動産業者の数
  • 同時に依頼できる不動産業者の数
不動産一括査定サイトの選考ポイント

不動産一括査定サイトで広いエリアの査定ができる、ということはそれだけ不動産の数も多いということになります。

提携している数が多ければ多いほど、自分の希望する価格で売ってくれる不動産会社も見つかりやすくなります。

また査定できる不動産会社に対して複数の見積もり依頼をできますが、同時に依頼できる数はサイトによって異なり、上限があります。

同時に依頼できる会社の数が少ないと、あまり参考にならない場合もあります。
査定サイトでは平均で6社程度依頼が可能なので、6社程度あるかどうかをチェックして査定サイトを利用すると良いでしょう。

こざかな生徒
こざかな生徒

不動産一括査定サイトにも色々な業者がいるんですね。

上記のポイントを踏まえつつ査定サイトを選ぶと良いでしょう。

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

不動産一括査定サイトのイエイについて、特徴や強みを紹介しました。
イエイには多くが良い評判ばかりで、会社自体の悪い口コミはあまり見当たりませんでした。

ただイエイは登録業者数が多く、中には自分とは合わない業者や営業がしつこい業者の割合も増えてしまいます。
ただしそれに対するイエローカード制度や、お断り代行業務を行っているので、査定サイトを利用するのが不安な人にも安心感があります。

また専門の専任スタッフが常駐しており、不動産売却における疑問を相談することができます。

イエイは総じて初心者から法人の不動産においても便利な査定サイトと言えるでしょう。

不動産一括査定サイトが何か分からない、という場合は特徴やメリット、デメリットを知ることから始めましょう。
様々な査定サイトを比較して、自分に合ったサイトを選んでください

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事