東京の不動産買取センターでおすすめの再販の業者に失敗しない選び方とは? | 鯨鑑定士の不動産売却

東京の不動産買取センターでおすすめの再販の業者に失敗しない選び方とは?

2020.8.30

3 views

    SHARE :

東京で不動産売却を考えているのであれば、不動産買取センター業者を利用するのも一つの選択肢に入れましょう。

不動産買取センターを利用することで、迅速に高い価格で不動産を売却できる可能性もあるのです。
しかし問題なのは業者の選び方で、実際に東京の不動産買取センターを調べてみると複数の業者が見つかると思います。

どこの業者を選んだら良いか分からないと感じるかもしれません。
そんな不動産買取センターについて、今回は自分の不動産にぴったり合った業者を選ぶにはどうしたら良いか説明していきます。

東京で不動産買取センターを初めて利用する方のために買取手順についても紹介します。

こざかな生徒
こざかな生徒

全国展開している大手不動産会社より、東京の不動産買取センター業者を選んだ方が良いのはなぜですか

どうして東京にある不動産買取センターを選ぶべきなのか考えてみましょう

クジラ先生
クジラ先生

東京の不動産買取センター業者を選ぶべき理由 

全国区の大手不動産会社や他の地域にある不動産買取センターではなく、どうして東京の不動産買取センター業者を選んだ方が良いのでしょうか。

大手業者が出来ないこと 

全国区の大手不動産業者では親身になったサービスを受けにくいからです。
大手不動産業者は大勢の顧客を抱えているので、1人1人のニーズに合ったサービスを提供しづらいのです。

不動産を売りたい事情は人それぞれです。
すぐにでも現金化したいときもあれば、誰にも知られずに不動産を売ってしまいたいときもあります。

地元の不動産買取センターなら顧客の要望通りに買取をしてくれますが、大手業者になるとそうもいきません。

担当している顧客が多いため、他の人が優先されて自分が後回しにされることもあります。

また、全国区の大手不動産業者は東京の地域特性や再開発計画を知らないために、買い取り価格が安く見積もられてしまうことがあります。

特に都心から離れた郊外は、地元の不動産買取センターでないとローカルな情報を得ることが出来ません。

東京の不動産買取センター業者のメリット

地元東京の不動産買取センター業者のメリットは、ローカル情報に通じていることです。
地域に密着して営業をしてきたため、地元の人しか知らないような再開発情報を持っています。

地元の資産家や企業と取引をしているので独自の情報を知っていることがあります。
郊外は不動産取引にローカルルールが存在することがありますが、東京の不動産買取センター業者なら地元特有のルールにも精通しているので安心です。

大手不動産業者のように大量の顧客を抱えている訳ではないので、依頼人の全面的な味方になって親身なサービスをしてくれます。

不動産売却の際に担当者との信頼関係を作りやすいメリットがあります。

東京で選べる不動産買取センターの紹介

東京ではどんな不動産買取センター業者を選べるのか紹介します。

エドワン不動産買取センター 

最初に紹介するのがエドワン不動産買取センターです。
東京23区に特化した不動産買取事業を行っています。

エドワン不動産買取センターを運営している株式会社エドワンの会社概要を紹介します。

会社名株式会社エドワン
所在地〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2丁目1-14 長塚第2ビル 5F
資本金1,000万円
設立2015年4月
事業内容不動産売買、仲介、賃貸仲介、賃貸管理

エドワン不動産買取センターは、相談から売却まで無料で対応してくれます。
地域密着型の不動産業者なので売却希望の家やマンションの周りの事情に通じています。

売りたい物件のプラス査定なるような地元情報をよく知っているため、高額査定がでやすい業者です。

日本不動産買取センター

日本不動産買取センターは、マンションやビルなどの買取を行っている業者です。
WEBから簡単に査定を申し込むことが出来、最短60秒で概算の査定額を知ることが可能です。

日本不動産買取センターの会社情報を下記の表からご覧ください。

会社名株式会社日本不動産買取センター
所在地〒101-0036東京都千代田区神田北乗物町10-2
資本金1000万円
設立2018年9月
事業内容不動産買取、不動産コンサルティング

物件の査定をした後に商談が成立しなくても、手数料や査定料などの費用が請求されないので気軽に相談ができます。

住宅ローンが残っている物件でも買い取ってくれます

REPC不動産買取センター 

続いて紹介するのは株式会社リアルタイムクリエーションが運営するREPC不動産買取センターです。
REPC不動産買取センターは、査定から最短3日以内に引き渡しや代金決済が可能な不動産買取業者です。

できるだけ早く不動産を売って現金を手に入れたい人におすすめの業者です。

会社概要を下記からご覧ください。

会社名株式会社リアルタイムクリエーション
所在地〒130-0004 東京都墨田区本所2-5-1
資本金1億円
設立2005年4月
事業内容建売住宅の分譲販売、デザイン性に優れた収益不動産の開発・保有、リノベーション済中古住宅の分譲販売

REPC不動産買取センターは不動産買取に加えて、長年空き家になっている家や老朽化しているマンションをリノベーションして分譲販売する再販事業も積極的に行っています。

セキスイハイム不動産買取センター 

セキスイハイム不動産買取センターは、セキスイハイム不動産株式会社が運営しています。
東京23区だけではなく、西東京市や多摩市などの郊外にも精通している業者です。

セキスイハイム不動産株式会社の会社情報は下記の通りです。

会社名セキスイハイム不動産株式会社
所在地〒110-0005東京都台東区上野7-12-14 住友不動産上野ビル4号館3階
資本金2億円
設立1986年10月
事業内容不動産の売買と交換、賃貸及びその仲介、不動産の維持管理の受託及びコンサルタント業務

買取のための仲介手数料が無料になっていたり、引っ越し時期の相談に応じてくれたりと顧客に手厚いサービスをしてくれます。

遊休地や賃貸物件の買取も積極的に行っています。
買い取った戸建てやアパートをリフォームして、売却する再販事業に力を入れている業者です。

東京の不動産買取センターがしている再販事業について知っておこう

東京の不動産買取センター業者が行っている再販事業とは一体どんな事業なのでしょうか。
再販事業とは、自社で買い取った物件をリノベーションやリフォームして再度販売することです。

古い物件に手を入れ、市場のニーズに合わせた形で販売していく事業です。
買い取った家の間取りを変更することや、畳をフローリングに変えるリフォームをします。

築年数の古いマンションに省エネルギー化設備を導入することや、バリアフリー化して付加価値を付けることもします。

1981年より前に立てられたマンションなら耐震補強工事なども行っていきます。

再販事業はただ単に古い家をリフォームして売るだけでは利益が出ません。
なぜなら中古物件は高値で売れないですし、リフォームやリノベーションには多額の費用がかかるからです。

そこで大切なのが市場のニーズを読み取ることです。
成功している不動産買取センター業者は、物件をリノベーションすることによって市場が魅力的に思う物件へと生まれ変わらせることが上手です。

買い取った物件に付加価値を付け、市場が多少高くても買いたいと思わせるようにします。

こざかな生徒
こざかな生徒

東京のどの不動産買取センター業者へ依頼したら良いか迷っています

どうやって自分の事情にあった業者を探せるか教えますね

クジラ先生
クジラ先生

失敗しない不動産買取センター業者の選び方を徹底分析 

東京には上記で紹介した不動産買取センター業者以外にも、いくつかの不動産買取センターがあります。

数ある不動産買取センター業者の中からどのように賢く依頼する会社を選べるのでしょうか。
失敗しない業者の選び方を徹底分析します。

意外と大切な業者選び

まず業者選びが不動産売却においてなぜ大切かを説明していきます。

業者選びを失敗すると損をします。
不動産の買い取り価格は不動産買取センター業者によって違ってくるからです。

業者は依頼主の物件を再販するためにどれくらいの費用がかかるかを見積もり、物件本来の価値から再販費用を差し引いて買い取り価格を決めます。

この再販費用がいくらになるかが業者によって違ってくるのです。
再販費用を安くするコツを知っている業者は提示する査定額が高値になります。

他にも換金スピードや買取時の特典が業者によって違ってくるため、複数社を比較することが重要です。

不動産買取センター業者の選び方

では不動産買取センター業者の選び方について見てみましょう。
依頼する業者を選ぶときには4つの点を考えてください。

  • 査定額を比較
  • 得意な物件を見分ける
  • 正直な業者かチェック
  • 査定根拠があるか

上記の4つの点について詳しく説明していきます。

査定額を比較

当然のことですが業者の査定額を比較するようにしてください。
複数の東京の不動産買取センター業者へ査定を依頼し、見積もりを比較するのです。

不動産買い取りの査定価格は、自分が手にする利益と同じ価格なので分かりやすいです。
買取ではなく仲介売却の場合、不動産の査定価格は最終的に自分が手にする価格ではありません。

業者が仲介して売主と交渉をする際に手続き費用が差し引かれるので、当初の査定額より低い利益しか手に入らないことがあります。

しかし、不動産買取の場合は、利益の金額が査定額のままなので他社との見積もりが比較しやすくなっています。

得意な物件を見分ける

不動産買取センター業者が得意な物件を見分けることも重要です。
業者によっては買取物件がほぼマンションということがあります。
マンションの再販事業に力を入れているため、戸建ての買取はほとんど行っていないのです。

もしこの業者へ戸建ての買い取り依頼をしてしまうと高額査定は期待できません。
戸建ての買取実績が少ないので低い価格を付けられてしまいます。

反対にマンションの買取を依頼すれば高値が付く可能性があります。
なぜならマンションの買取実績が多く、いくらで物件を売れるかすぐに計算できるからです。

業者によってはマンションでも、ワンルームマンションが得意なところがあります。
まずは業者の買取実績を確認し、戸建てやマンションなどどんなタイプの物件を多く扱っているのか調べましょう。

東京の不動産買取センター業者は、それぞれ得意なエリアを持っています。
23区での買取が得意な業者もあれば、郊外が得意なこともあります。
自分が売りたい不動産エリアの買取実績が多い業者を選ぶようにしてください。

正直な業者かチェック

正直な業者かどうかもチェックしてください。
時々、買取の相談に行くと、あなたの物件は優良案件なのですぐに売らなきゃもったいない、と言われることがあります。

急がないと高値で売れないと言い、契約を急がされることがあるのです。
物件を褒めて契約をせかす業者は嘘を言っている確率が高いです。

むしろ、物件の良いところを認めつつ、短所もきちんと説明してくれる正直な業者の方が信頼できます。

例えば、売りたいと思っているマンションは設備が故障しているから相場よりは安くなってしまうと説明してくれたり、築年数が新しいので仲介売却の方が、利益が出ると言ってくれたりするなら信頼できる業者です。

客観的に物件を判断してくれる正直な不動産買取センター業者を見つけましょう。

査定根拠があるか

見積もりを依頼したとき、査定価格に根拠があるかどうかを確認してください。
やたら低い価格を提示してきた場合、きちんとした根拠があるのかどうか質問すると良いです。

初めて不動産を売る人は相場や適正価格を知らないので、業者の言い値で売却契約をしてしまうことがあります。

それでは相手の思うつぼですから、きちんと査定根拠を示すようにお願いしてください。
信頼できる不動産買取センター業者は、尋ねたときに査定の理由と根拠を丁寧に説明してくれます

不動産買取業者の選び方

東京の不動産買取センターを選ぶ際の注意点って何? 

東京の不動産買取センター業者を選ぶ際に覚えておきたい注意点について解説します。

査定価格が高すぎる

不動産買取センター業者が提示してくれる査定価格が高いと嬉しくなります。
しかし、相場よりも異常に高い価格を提示されたときには気をつけてください。

なぜなら後から手続き費用や手数料と言った理由で価格を下げてくるからです。

高額提示してくる業者は、競合している業者ではなくて自分の会社と契約をして欲しいので、とりあえず高い査定額を提示してくるのです。

高額査定かどうかを見分けるには、相場を前もってチェックしておく必要があります。
通常は相場の10パーセント前後しか価格を上乗せできません

他社の悪口を言う

やたら他の不動産買取センター業者の悪口を言う会社に気をつけてください。
見積もりを比較するために他社の見積書を見せたら、その業者の悪口を言うところは信頼できません。

不動産業界とは、お互いがライバルですが、相互に協力したり情報交換したりしながら業務を行っていく特殊な業界です。

この不動産業界では他社の悪口を言うのは御法度なのです。
別の会社を悪く言う業者は、業界の中で他社と連携が取れておらず、業績も低い会社だと判断してください。

有資格者がいない

信頼できる不動産買取センター業者には宅建士などの有資格者がいます。
買取を担当してくれる営業マンが宅建士という場合もあります。

宅建士は不動産取引のプロで、買取に関する法的な知識を持っています。
担当者の名刺に宅建士と書かれているか確認することや、業者が宅地建物取引業免許を持っているかどうかをチェックしてください。

宅建士がいない会社や宅地建物取引業免許がない会社は、法的な買取ができない可能性があるので注意が必要です。

曖昧な説明

査定額の根拠や手続き費用の価格について質問した際、曖昧な説明しか出来ない業者はやめた方が良いです。

提示した査定額について「これが相場なのです」とだけ説明する会社や、手続き費用に関する質問をしたら「これが業界の常識なのです」としか言わない会社は信用できません。

曖昧な説明をする業者は、依頼人のことを何も知らない初心者として見下しています。
自分たちは業界の専門家なのだと優越感を持って説明責任を果たそうとしていません。

顧客目線を持っていない業者は何かトラブルがあったときの対応も誠実ではないので気をつけてください。

こざかな生徒
こざかな生徒

東京の不動産買取センター業者へ依頼したら、どんな手順で買い取ってもらえるのですか

次に買取手順について説明していきましょう

クジラ先生
クジラ先生

東京の不動産買取センターがする買取手順を解説 

東京の不動産買取センター業者の主な買取手順です。

  1. 売却相談
  2. 価格査定
  3. 売買契約
  4. 決算と引き渡し

通常は売却相談の時に物件のスピード査定が行われます。
スピード査定とは、売却不動産の書類情報に基づいた概算価格を提示することです。

面積や築年数などの一般的な情報を元に、大体いくらで売れるかを教えてくれます。

売却相談の時に買取に関する質問や悩みを相談するようにしてください。
相談内容に誠実に答えてくれるなら信頼できる業者だと判断できます。

続いて詳細な価格査定が行われます。
担当者が現地調査を行い、室内や周辺環境が細かくチェックしていきます。
さらに、役所調査も行って最終的な査定価格を決めます。

最終的な査定価格を提示する際、買取に必要な手続き費用の説明もあります。
不動産買取センター業者によっては、手続き費用に含まれる仲介手数料が無料のところもあります。

他の不動産買取センター業者との査定価格を比較し、納得できる値段であれば売買契約を締結します。
契約の際に手付金が支払われ、契約書に売却価格に応じた収入印紙が貼られます。

決算の段階で、残りの買取代金や固定資産税を清算した後の代金が支払われます。
同じ日に、売り主から買い主への所有権移転登記が完了します。

必要な書類などは担当者が揃えてくれるので不安に思う必要はありません。
初めての買取であっても、不動産買取センター業者が何をすべきか指示してくれるので安心です。

東京では仲介売却より不動産買取が良いって本当? 

東京では仲介売却よりも不動産買取センター業者を利用した方が良いのでしょうか。

実は不動産買取には下記の8つのメリットがあります。

  • 仲介手数料不要
  • 譲渡所得税が発生しづらい
  • 瑕疵担保責任が付かない
  • 内覧の準備が必要なし
  • 結果を心配しなくて良い
  • 売却理由を隠せる
  • 成約がスピーディ
  • 資金計画が立てられる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

不動産買取のメリット

仲介手数料不要

不動産買取では仲介手数料がかからないことがメリットです。
仲介売却の場合、下記のような手数料が必要になります。

不動産取引価格仲介手数料
200万円以下売却額×5パーセント
200万円~400万円以下売却額×4パーセント+2万円
400万円~売却額×3パーセント+6万円

不動産買取より仲介売却の方が査定額は高くなります。
しかし、表にあるように仲介売却では手数料が必要です。
仮に500万円で家が売れたとすると、21万円の手数料を支払わなければなりません。

不動産買取では手数料がかからない分、手に入る利益も多くなります。
東京は立地によって売却価格が高額になるため手数料も高額になる傾向があります。

不動産売却の利益を計算する上で、手数料が発生するかどうかは大切なポイントです。

譲渡所得税が発生しづらい

不動産買取では譲渡所得税が発生しづらいです。
譲渡所得税は、不動産を売る価格が物件を購入した費用を超えるときに発生する税金です。

不動産買取では売却価格が低くなることが多いので譲渡所得税が発生しにくいです。

瑕疵担保責任が付かない

不動産買取では瑕疵担保責任が付きません。
仲介売却の場合、引き渡し後の一定期間内に雨漏りやシロアリ被害が発覚すると、売主は賠償責任を負う必要があります。

買い主が不動産購入後に、売主へ賠償請求できる制度が瑕疵担保責任なのです。
瑕疵担保責任が原因で不動産売却後にトラブルになることがあります。

しかし、業者が買い取る不動産買取ならその心配がありません。

内覧の準備が必要なし

仲介売却では次のような内覧の準備が必要となります。

  • 掃除
  • リフォーム

買い主が物件に関心を持ってくれるように掃除やリフォームをしなければなりません。
特に東京は競合物件が多いので、買い主を見つけるために時間とコストをかけて掃除やリフォームをする必要があります。

しかし、不動産買取であれば査定をするのは不動産のプロなので掃除やリフォームの必要はありません。
不動産買取の査定は部屋のきれいさではなく、家の構造や周辺環境が重要視されるからです。

結果を心配しなくて良い

仲介売却では、掃除やリフォームをしたのに結局買い主が見つからないという事態が起き得ます。
買い主が見つかっても契約時にキャンセルされることもあります。

不動産買取は相手が会社なのでドタキャンを心配しなくなくても良いのがメリットです。

売却理由を隠せる

不動産を手放す理由は人それぞれです。
離婚や破産が原因と言うことがあります。

誰かに知られたくない理由で売却をするときに、不動産買取センターなら全て内密で手続きをしてくれます。

仲介売却は買い主を見つけるために物件を広告に出すため、売却の事実が他の人に知られてしまいます。
不動産の周辺地域に物件売り出しのチラシを配ることもあります。

周りの人に知られずに売却したいときには不動産買取の方が便利です。

成約がスピーディ

仲介売却は買い主が出てくるまで待たなければなりません。
待つ期間はケースバイケースですが、平均で4ヶ月前後の時間が必要です。

不動産買取なら最短で10日から14日ほどで買取が成立します。
長くかかっても1ヶ月以内には買い取ってもらえるため、急いでいる人は助かるでしょう。

資金計画が立てられる

不動産買取は短期間で最終的な売却価格が分かるため資金計画が立てやすいです。
手に入る金額がはっきりしていますから、売却利益をどのように使うか計画を立てられます。

仲介売却になると買い主から値下げの要求があったり、買い主が見つからないために少しずつ売却価格を下げていったりしなければなりません。
最終的にいくらで売れるかが分からず、資金計画が立てにくいです。

どんな人が東京の不動産買取センター業者を利用すべき? 

東京の不動産買取センターを利用するのがおすすめな人は、下記の物件を売りたい人です。

  • 築年数が古い物件
  • リフォームが必要な物件
  • トラブルがあった物件
  • 急いでいる物件
  • 仲介で売れなかった物件
不動産買取センターオススメの人

築年数が古くなるほど市場価値は下がって売りづらくなります。
自分でリフォームやリノベーションをして売ることも出来ますが、専門的な知識がなければ成功しません。

仮に売れたとしても、古い物件は後から瑕疵担保責任を追求されるリスクがあります。
築20年や30年を超える物件は不動産買取センター業者へ買い取ってもらった方が良いです。

築年数はそこまで古くなくても室内の状態が悪く、リフォームが必要な物件も不動産買取を利用した方が良いでしょう。

不動産買取センター業者は再販事業を行っているため、リフォームやリノベーションをする前提で物件を査定します。
内装のコンディションが悪くても買い取ってくれます。

過去のトラブルがあった物件を売りたい人は不動産買取センター業者を利用すべきです。
売りたい物件や近くの部屋で事件や事故があると、仲介売却では売りづらくなります。

仲介売却では、過去に自殺などのトラブルがあったかどうか買い主に前もって告知しなければなりません。
買い主がトラブルのことを知ったら買ってくれないことがありますし、大幅な値引きを求めてくることがあります。

東京の不動産買取センター業者は、急いで売りたい物件を持っている人にもおすすめです。
転勤があるので早く家を売ってしまいたい人や、すぐに現金が必要な人には特におすすめと言えます。

東京は不動産売買が盛んに行われているので、東京の不動産買取センター業者は常に売れる物件を探しています
他の地方よりも東京の不動産買取センター業者は意欲的に買取をしてくれます。

仲介売却で売ろうとしたのに買い手が付かなかった物件を持っているのであれば、不動産買取センター業者を活用すると良いでしょう。

6ヶ月前後売れない物件を持っているなら不動産買取をした方が良いです。

物件は時間が経つほど価値が下がり、価格を下げないと売れなくなります。
早めに買取をしてもらうことで利益を大きくすることが出来ます。

なぜ東京の不動産買取センターを今利用すべき? 

家やマンションの売却を考えているのであれば、今のうちに東京の不動産買取センター業者を使って売ってしまった方が良いでしょう。

なぜなら次の4つの理由ゆえに早めに不動産を売らないと損をするからです。

  • 少子高齢化
  • 東京オリンピック
  • 住宅ローン金利
  • 2022年問題

日本の少子高齢化は年を追うごとに進んでいき、出生率の急激な回復は見込めない状況です。
子供がいる家庭が減ってくることで戸建住宅の需要が減少します。

ファミリー向けのマンションも徐々に売れなくなっていくことでしょう。
需要が減ることにより、買取相場価格も下がっていきますから、今のうちに売っておいた方が良いのです。

日本で国際的なイベントが開かれるときに不動産価格は上昇する傾向があります。
東京オリンピック前や直後は不動産市場が大いに活性化することでしょう。

しかし、東京オリンピックが終了するか、再延期や中止になったなら住宅の売却相場は低下していくと予想されます。

国内の住宅ローン金利は以前よりも下がってきています。
コロナショックの影響で大手銀行は長期固定金利を軒並み下げています。

金利が低くなるときに不動産投資家たちは積極的に物件を買い付けていきます。
しかし、住宅ローンの金利がいつまで低いままかは誰にも分かりません

アメリカの住宅ローン金利は上昇傾向にあるので、日本もそれに同調する可能性があります。
現に変動金利は徐々に上がりつつありますし、長期固定金利も銀行によっては引き上げを実施しています。

金利が上がって不動産市場が停滞する前に物件を売ってしまうのは賢い方法です。

こざかな生徒
こざかな生徒

もし売却したい物件があったら早めに買い取ってもらった方が良さそうですね

焦る必要はありませんが、今のうちに不動産買取センター業者へ相談して売却の準備を始めておくことはできるでしょう

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

東京には複数の不動産買取センター業者があります。
賢く業者を選ぶためには、まず査定額を比較してください。

不動産買取の場合、提示される査定額は最終的に手元に入る金額に近いので比較がしやすいです。

各不動産買取センター業者の得意な物件タイプやエリアを考えることも大切です。
業者の買取実績を見ることで得意な分野を知ることができます。

正直な業者かどうかを見分けることも選ぶときに重要になります。
売りたい不動産の長所と短所を客観的に分析し、売却価格を提示してくれるような業者を選んでください。

査定価格の根拠を丁寧に説明してくれるかどうかも、信頼できる業者を見分けるポイントになります。

どの業者を選ぶかによって利益がいくら出るかが変わってきますし、現金化までのスピードも違ってきます。

紹介した選び方を参考にして上手に東京の不動産買取センター業者を探していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事