不動産一括査定サイトを使うメリット・デメリット | 鯨鑑定士の不動産売却

不動産一括査定サイトを使うメリット・デメリット

2020.6.1

43 views

    SHARE :

マンション・一戸建て・土地など、「自分の不動産を売りたいな」と考え始めたとき、必ずやるべきことは、不動産会社に査定をしてもらうことです。

最近主流となのは、インターネット上で複数の会社に査定依頼ができる「不動産一括査定サイト」を利用する方法です。これなら、1件1件の会社に足を運ぶ必要がありません。Webで簡単に物件の査定ができる優れもの

この記事では、不動産一括査定サイトを使うメリット・デメリットや、おすすめの一括査定サイトなどを解説していきます。

不動産一括査定サイトとは

不動産一括査定サイトとは、あなたが売りたい不動産の価格を、ネットで簡単に一括比較できるサービスのことです。

不動産一括査定サイトとは

不動産情報や個人情報を入力するだけで、複数の不動産会社の査定額を得ることができます。一番高く売れそうな会社はどこか、ということを簡単に把握できます。

こざかな生徒
こざかな生徒

わざわざ不動産会社に出向いたり、電話をかけたりしなくてもいいのはとても便利ですよね。

インターネット上で完結できますからね。利用料金もかかりません。

クジラ先生
クジラ先生

不動産一括査定には2種類の方法がある

不動産一括査定のなかでも、大きく分けて「机上査定」と「訪問査定」の2つの査定方法があります。

不動産一括査定サイトを利用するときに間違ったほうを選択しないように、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

1. 机上査定

机上査定とは、実際の売りたい物件を不動産会社に見せることなく、査定価格を出すことができる方法です。

査定価格は、過去の売り出し事例・不動産の物件種別・地域エリア・築年数・面積などの情報をもとに、取引事例比較法を用いて計算されます。

数時間程度で査定価格を算出できるため、「手軽に申し込むことができる」というメリットがある反面、実際の物件を見ていないので、「実際の査定額と価格が大きく異なってしまう」というデメリットもあります。

2. 訪問査定

訪問査定とは、実際の売りたい物件を不動産会社の人に見てもらい、正確な査定価格を出してもらう査定方法です。

より詳しくいうと、訪問査定は机上査定で算出した価格をもとに、実際の物件状況を見て売却価格を出します。

クジラ先生
クジラ先生

机上査定と比べると、訪問査定は「より正確な物件価格を知ることができる」というメリットがあります。

しかし訪問査定は、査定依頼をする際に、「登記済権利書」や「測量図」などの書類を用意する必要があったり、訪問日に立ち会う必要があったり、「時間的制約がある」というデメリットがあります。

どっちの査定をするべき?

机上査定と訪問査定のメリット・デメリットをお伝えしましたが、一体どちらの査定方法を選ぶべきなのでしょうか?

簡単にお伝えすると、まだ売却の検討をしているだけの人は「机上査定」、売却を真剣に検討中の人は「訪問査定」を利用すると良いでしょう。

査定方法のメリット・デメリットを以下の表にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

査定方法メリットデメリット
机上査定簡単に査定価格がわかる実際の査定額と大きく異なる場合がある
訪問査定正確な査定価格がわかる手間と時間がかかってしまう
こざかな生徒
こざかな生徒

机上査定だと、あまり高く売るには向かない・・・?

そうですね。不動産を高値で売却しようと考えているなら、訪問査定は必須です。

クジラ先生
クジラ先生

不動産一括査定サイトはこんな人にオススメ

不動産一括査定サイトをおすすめできる人は、以下のような人です。

  • どこに相談すればいいか分からない人
  • 物件の売却価格の相場が分からない人
  • 不動産会社に相談したけど査定額に納得いかない人

不動産売却は大きな金額が動くため、売却で失敗しないためにも、まずは気軽に物件の査定依頼をしてみましょう。

そうはいっても、不動産一括査定サイトは怪しくない?本当に大丈夫?と疑っている人もいるかもしれません。

ここからは、不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを紹介していきます。

不動産一括査定サイトの3つのメリット

不動産一括査定サイトの3つのメリットについてお伝えしていきます。

  1. 複数の不動産会社に一括で査定依頼ができる
  2. 会社同士が競争して一生懸命になってくれる
  3. 不動産会社を比較しやすい

順番に解説していきます。

1. 複数の不動産会社に一括で査定依頼ができる

不動産一括査定サイトを利用する一番のメリットは、複数の会社に対して同時に査定依頼ができる、という点です。

本来であれば、不動産会社を回ったり不動産会社一つひとつに対して問い合わせをしたりして、自分で一から探さなければなりません。これには大変な手間と労力がかかってしまいます。

不動産一括査定を使えば、家にいながら査定が完了します。

ネット上で情報を一度入力するだけで、自動で不動産会社をマッチングしてくれるのです。所要時間としては3分足らずで済みます。
これなら忙しい方でも、あっという間に複数の不動産会社からの査定価格を手に入れることができます。

しかも、一括査定サイトの場合、たとえ契約をしなくても、メールか電話で簡単にお断りの連絡を入れることができます。

わざわざ不動産会社に訪れて面と向かって断るとしたら、抵抗感がありますよね。一括査定サイトの場合は、査定時点で不動産会社の人と会うことがないため、気楽に査定を依頼することができますよ。

もちろんメールなどで断りの連絡をいれたところで、強引に引き止めれることもありません。

こざかな生徒
こざかな生徒

利便性と簡便性が、一括査定サイトの魅力なんですね。

スマホで簡単に査定依頼ができますからね。今の時代ではこれがスタンダードです。

クジラ先生
クジラ先生

2. 会社同士が競争して一生懸命になってくれる

不動産一括査定サイトでは複数の会社に同時に査定依頼ができます。

これは不動産会社からしてみると、他にもライバルが複数いるということなので、ライバルの不動産会社に売買契約を取られてしまう可能性が出てきてしまいます。

もちろん不動産会社には、売買の契約を結ぶまでお金は1円も入ってきません。何が何でも契約を勝ち取りたいわけです。

そのため、不動産会社同士が競争してくれるため、契約をとるために少しでも高い査定額を出そうとしてくれる、ということです。

こざかな生徒
こざかな生徒

たしかに、競争がなかったら適当に安い査定額を出されそうですよね・・・。

コンペのようなものですから、各社、競争に勝つために必死になるんです。

クジラ先生
クジラ先生

補足:媒介契約について

少し先になりますが、不動産会社と契約するときも、他社同士で競争させるといい方向に運びやすいため、契約の方法を考える必要があります。

  • 一般媒介
  • 専任媒介
  • 専属専任媒介

一般媒介は、複数の不動産会社に仲介を依頼することができますが、「専任媒介」「専属専任媒介」は1社しか仲介依頼することができません。

なるべく早く物件の買主を見つけるためには、「一般媒介契約」を複数の不動産会社と結び、一気に販売活動を進めることがポイントです。

3. 強みに合わせた不動産会社が見つかる

「賃貸の仲介が得意」「マンションの売却が得意」など、不動産会社にはそれぞれ強みが異なります。

「マンション」「土地」「戸建て」などの種類だけでなく、特定の地域に特化した不動産会社もあります。このような様々な特徴をもつ不動産会社のなかから、自分に合ったところを探す必要があります。

しかし、不動産会社は全国に11万件以上存在しているため、それらを1社ずつ確認することは不可能です。

だからこそ、不動産一括査定サイトの存在意義があるわけです。あなたが売ろうとしている不動産と相性のいい不動産会社が、すぐに見つかる可能性が高くなります。

また、あなたと相性の良い担当者さんに会える可能性も高くなります。

具体的には、

  • 査定価格の根拠を説明できるか
  • メールや電話の対応はどうか
  • 訪問査定の際の対応はどうか
  • 不動産知識は豊富かどうか

このように、さまざまなポイントがありますが、こちらの些細な質問にも誠意を持って的確に対応してくれるかが、一番大きなポイントだと思います。

相性のいい担当者かどうかを見極めつつ、不動産会社の選定を進めましょう。

不動産一括査定サイトの3つのデメリット

不動産一括査定サイトの3つのデメリット

不動産売却する人にとって、とても便利な不動産一括査定サイト。利用するメリットはたくさんありますが、一方で、デメリットも存在します。

不動産一括査定サイトのデメリットは以下の通りです。

  1. どの不動産業者にするかの判断が難しい
  2. 地方物件が対象外になる可能性がある
  3. 営業電話・メールが多くなる

それぞれのデメリットを順番に解説していきます。

1. どの不動産業者にするかの判断が難しい

初めて査定をした人は、不動産会社から高額な見積もり査定額を提示されると、嬉しくてすぐに契約しそうになるかもれません。

しかし、簡単に判断してはいけません。

不動産会社によって、査定額には多少のバラつきがありますが、契約をとるために市場相場より高めの査定価格を提示してくる不動産会社もいるからです。

ちなみに、査定価格とは不動産会社が「この物件ならだいたいこの価格で売却できるだろう」という予想価格なだけで、実際にその金額で売却を約束してくれるわけではありません。

一度に複数の不動産会社からバラバラの価格査定もらってしまうと、どの会社を信じていいのか分からなくなる、というデメリットも出てきてしまいます。

重要なことは、査定価格が高いからという理由だけで選ぶのではなく、不動産会社がその提示された査定価格の根拠を明確に説明してくれるかどうかです。

こざかな生徒
こざかな生徒

たしかに、高い査定額でも、根拠が曖昧だと怪しいですもんね・・・。

このデメリットの対処法は「高い査定額に安易に飛びつかない」ということですね。

クジラ先生
クジラ先生

2. 都市以外は査定対象外となる可能性がある

不動産一括査定サイトは、全国すべての場所に対応しているわけではありません。地方にある物件の場合、査定対象外となってしまう可能性があります。

小さな査定サイトは、田舎や地方の不動産会社は参加していない可能性が高いので、不動産一括査定サイトを利用しても見つからないこともあるでしょう。

もし、売却予定の物件が対象エリア外であった場合は、別の不動産一括査定サイトでも検索してみましょう。

3. 営業メール・営業電話が多くなる

不動産一括査定サイトは、無料ということもあり、気軽に使っている人も多いですが、しつこい営業電話やメールに悩まされることが希にあります。

査定を依頼すると、複数の不動産会社から訪問査定を促すための営業が始まるので、多少しつこく感じる可能性がある、ということです。

営業電話の対処方法をご紹介

不動産会社からの営業電話がこないようにする対処法を2点、ご紹介します。

  1. 相場価格だけを見たい場合「机上査定」を利用する
  2. 電話のサポート体制があるサイトを利用する

順番にお伝えします。

相場価格だけを見たい場合「机上査定」を利用する

まず、信頼できる一括査定サイトの場合は「机上査定」と「訪問査定」が選べるようになっています。そのなかでも、「机上査定」にチェックをつけると、不動産会社のひとに「この人は簡易的な査定額が知りたいだけだな」と理解してもらえます。

「机上査定」を選べば、まずは簡易的な査定を受けることができます

はじめから「訪問査定」を選択すると、営業電話がたくさん来てしまうので注意しましょう。

また、査定サイトに備考欄がある場合には、「メール連絡を希望します」と記載すれば、メールでの連絡に変更してくれる可能性もあります。

電話のサポート体制があるサイトを利用する
悪徳業者に遭遇してしまうと、何度断っても、営業電話がしつこくかかってくることがあります。

万が一のことを想定して、一括査定サイトは電話サポート体制のあるサイトを利用することをおすすめします。

こざかな生徒
こざかな生徒

相談できる場所があるだけでも、安心して利用できますね。

「電話サポートサービスがあるかどうか」という点は、一括査定サイトを利用するひとつの判断材料にしましょう。

クジラ先生
クジラ先生

不動産一括査定サイトの使い方と流れ

ここからは、不動産一括査定サイトの使い方と流れについて解説していきます。

不動産一括査定サイトの使い方と流れ

流れとしては以下の通りです。たった3ステップで完了します。

  1. 基本情報を入力
  2. 不動産会社を選択・査定依頼
  3. 査定申し込み完了

順番に説明していきます。

1. 基本情報を入力する

まずは、不動産一括査定サイトで売却予定の物件情報個人情報を入力します。

主な入力内容は、以下の通りです。

  • 物件種別(土地かマンションか一軒家か)
  • 所在地
  • 面積
  • 築年数
  • 物件と依頼者の関係(物件の名義人・名義人の家族か・共有名義か)
  • 依頼者の基本情報(氏名・年齢・住所・電話番号・メールアドレス等)
  • 査定方法(机上査定か訪問査定か)
  • 要望欄

3分程度で入力完了します。

2. 不動産会社を選択・査定依頼

次に、売却予定の不動産の査定依頼ができる不動産会社が表示されます。

表示された不動産会社の特徴がひとつずつ記入されているので、そのなかから、良さそうな不動産会社を選びます。

基本的な不動産一括査定サイトでは、最大6社ほどの不動産会社を選ぶことができます。

もし、たくさんの会社からの電話連絡を避けたい場合は、備考欄に「査定の結果はメールでお願いします」と記載しておきましょう。

3. 査定依頼をして申し込み完了

不動産会社選択の下の部分に、先ほど入力したすべての情報が表示されるので、記入した内容に間違いがなければ、「査定を依頼する」ボタンを押して申し込み完了です。

その後、不動産一括査定サイトで依頼した複数の不動産会社から、数日中には机上査定の結果の返答が届きます。

売買契約書重要事項説明書などの書類を不動産会社から指定される場合があるので、指定があればそれらの書類も用意しましょう。

不動産一括査定サイトは、基本的にネットが繋がっているスマホやPCさえあれば、24時間いつでも申し込みが可能です。

クジラ先生
クジラ先生

不動産一括査定サイトの選び方とコツ

不動産一括査定サイトのシステム自体は、ある程度の知識があれば簡単に作成することができます。大小さまざまなIT企業が一括査定サービスを提供しはじめていますが、その多くは、不動産知識が全くない素人が運営しています。

こざかな生徒
こざかな生徒

え・・・素人でも不動産一括査定サイトを運営できるんですか・・・?

あくまで不動産会社と利用者を仲介するだけですからね。不動産のプロでなくても、サービスは提供できてしまいます。

クジラ先生
クジラ先生
不動産一括査定サイトの選び方とコツ

質のいいサイトを選ぶためにも、以下のポイントをしっかりジャッジしましょう。

  1. 運営サイトの信頼性
  2. 査定できる不動産会社の多さ
  3. 同時に依頼できる会社の数

順番に解説していきます。

1. 運営サイトの信頼性

不動産一括査定サイトでは、物件情報や個人情報を預けることになるため、しっかりと運営している信頼できる会社にお願いするべきです。

クレームが多い不動産会社は契約解除していたり、電話営業がひどい会社には対応の改善を求めていたりする良心的なサイトも多く存在します。

改善の余地が見られない会社は契約を解除するような運営をしているため、安心して査定・売却を任せられる会社とだけ、出会うことができます。

査定サービスの質だけでなく、電話問い合わせサービスやチャットなどが充実しているところを選ぶのがオススメです。

2. 査定できる不動産会社の多さ

不動産一括査定サイトに加盟している不動産会社の数が多ければ多いほど、売りたいと思っている物件と「相性の良い不動産会社に出会える確率」が高くなります。

たとえば、ひとくくりに「マンション」と言っても、「居住用の分譲マンション」なのか、「投資用のまるまる一棟のマンション」なのかによって、査定額は大きく異なります。

不動産会社の数が少ないということは、サイト運営を始めたばかりか、あるいはサイト運営者が不動産に詳しくないというケースもあるため、利用することはオススメできません。

できるだけたくさんの不動産会社と提携しているかどうか、という点で判断することが、サイトを使いこなすためのコツと言えます。

3. 同時に依頼できる会社の数

「同時にたくさんの会社に依頼できる=良いサイト」というわけではありませんが、6社以上に複数依頼できるかどうかという点は、チェックしておくと良いでしょう。
査定額を比較できる数が多いほど、何かと便利だからです。

また、「机上査定か訪問査定のどちらかを選ぶことができるサイト」もオススメできます。

簡易的な机上査定ができることで、気軽に査定金額を知ることができます。備考欄があり、「メールでの査定額提示を希望」を記載することができると、とても良いサイトと言えます。

不動産一括査定サイトでのよくある質問

ここでは、不動産一括査定サイトを利用する際によくある質問に対して、回答してきます。

不動産一括査定サイトが無料の理由は?

先ほどお伝えしたように、不動産一括査定サイトは、「完全無料」で利用することができます。査定時点では費用を請求されることはなく、売買契約が成立した時点でしか費用は発生しません。

完全無料と聞くと、「なぜ無料なのだろう。なんか怪しい・・・」と疑問に思う人がいるかもしれませんね。

無料で運営できる理由は、不動産一括査定サイトは、提携している不動産会社から紹介料を得ることで成り立っているからです。

一方で、査定サイトに登録している不動産会社は、不動産売却を考えている数多くの人に、インターネット上で自分たちの会社を見つけてもらいやすいというメリットがあります。

お互いにとってwin-winということですね。

クジラ先生
クジラ先生

入力した個人情報はどうなる?

不動産一括査定サイトに入力した情報は、基本的に査定サイトの運営元が管理し、査定依頼する不動産会社のみに提供され、それ以外に情報が出回ってしまうことはありません。

個人情報の取り扱いは、査定サイトの運営元によって異なります。より詳しく知りたい方は、サービスのプライバシーポリシーと書いてある部分を見ると良いでしょう。

匿名でも査定依頼はできる?

基本的に、多くの不動産一括査定サイトでは、匿名で査定依頼をすることはできません。

また、正しい個人情報や物件情報を入力しないと、相手にしてもらえません。

例えば、名前の入力欄に「あいうえお」と記載したり、電話番号を「1111-1111-1111」のように適当に記載したりしてしまうと、「イタズラ」とみなされて査定してもらえなくなります。

どうしても匿名で査定依頼をしなければならない場合は、不動産査定のシミュレーションサイトなどの利用も検討してみてください。

一括査定後にキャンセルはできる?

不動産一括査定は、申し込み後でも途中キャンセルすることができます

途中でキャンセルをしたいときは、査定サイトの運営元お問い合わせフォームに、キャンセルしたい旨を連絡するだけなので、とても簡単です。

もし、依頼した不動産会社から査定結果が届いてしまっているなら、その不動産会社に直接キャンセルの連絡をしましょう。

不動産一括査定サイトを利用した人の口コミ

せっかく不動産一括査定サイトを利用するなら、すでに査定サイトを利用したことのある人の意見を聞いてみたいですよね。

今回は、「Yahoo知恵袋」に掲載されている口コミをピックアップしました。

実際に不動産一括査定サイトを利用した人の声だけを集めましたので、ぜひ参考にしてみてください。

良い口コミ

・結果的には相場も知れたし、最初の金額より高く売れたのでとても良かったです

・不動産一括査定を利用したら一発で見つかりました

・複数の不動産会社を見比べることで、信頼できる不動産会社を見つけることができました

・大手不動産業者は今ではメールで査定してくれるので、しつこい電話とかは少なくなっています

悪い口コミ

・申し込みをした瞬間に一斉に不動産会社から電話があり対応が大変でした(査定依頼をすれば電話なりメールなり連絡が来るのは当たり前ではある)

・最初の売り出し価格を決める際の、参考程度のものだと思います

・契約してから~という感じで、専任媒介だけを迫られました

物件を売りたいと思った人は、不動産一括査定サイトを利用している人が多いですが、まずは参考程度で査定を依頼してみた人が多いようです。

また、複数の不動産会社の査定を利用しなかった人は、「複数社に声をかけず一社の見積もりにした結果、サービス無し、手数料も満額支払いとなり後悔・・・」といった内容を記載されていました。

ただ全体的に、そこまで悪い評価は見つけられませんでしたし、むしろいい口コミの方が多かったような印象です。

こざかな生徒
こざかな生徒

悪い口コミを見ると、やはり強引な営業に不快感を覚えているようですね。

口コミサイトを見て、そういう悪評があるサイトは避けたほうがいいですね。

クジラ先生
クジラ先生

おすすめの不動産一括査定サイト

 ここまでは、不動産一括査定について詳しくお伝えしてきました。不動産一括査定サイトは数多くあり、どの査定サイトを使うのかについては、とても重要なポイントです。

今回は、数ある査定サイトのなかから、とくにオススメできる不動産一括査定サイトをピックアップしました。

おすすめの不動産一括査定サイトは以下の通りです。

  1. すまいValue
  2. HOME4U
  3. イエウール

厳選したこの「3つの査定サイトの特徴」を簡単に紹介していきます。

こざかな生徒
こざかな生徒

どれも有名な一括査定サイトですよね。

初めての方は、この3つのなかから選べば、まず外れることはありませんよ。

クジラ先生
クジラ先生

1. すまいValue

マンションに特化したものや、都市部に特化したものなど、不動産一括査定サイトの特徴は様々ですが、どんな方にもおすすめできるのが業界最大手の「すまいValue」です。

すまいValueの特徴としては、大手不動産会社としか提携していないため、販売力・集客力のある会社だけに査定依頼ができる、という点です。

とくに、超大手不動産会社3社に唯一依頼できます。以下の会社が、不動産業界トップ3の会社となります。

  1. 三井不動産リアルティ株式会社
  2. 住友不動産販売株式会社
  3. 東急リバブル株式会社

この不動産業界トップ3の会社以外にも、小田急不動産・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネットという国内最大手の全6社に一括見積もりをすることが可能です。

大手ならではの売却力と信頼を重視する人は、「すまいValue」がおすすめです。

すまいValue公式サイトはこちら

2. HOME4U

HOME4Uの特徴としては以下の通りです。

  1. 業界最長運営の「老舗サイト」
  2. NTTグループ会社が運営している
  3. 提携している不動産会社の採用基準が難しい

HOME4Uは、国内で一番歴史がある不動産一括査定サイトです。2001年から運営を開始しています。NTTグループが運営しているという点も安心材料です。

老舗サイトということもあり、累計査定の数は20万件以上、年間利用者は400万人以上という経験と実績を持っています。

実績のある不動産会社だけを厳選しているので、悪徳業者が存在していないという点も、安心して利用できるポイントです。

HOME4U公式サイトはこちら

3. イエウール

イエウールの特徴としては以下の通りです。

  1. 提携している不動産会社数がNo.1
  2. 田舎でも不動産会社を見つけられやすい

イエウールは提携先不動産会社数が業界No.1です。全国の不動産会社の中から条件に合う会社とマッチングすることが可能です。

ほかにも、イエウールのオススメな点として、営業クレームなどが多い不動産会社は契約解除するという運営方針です。

また、メールでのやり取りではなくチャット形式でも申し込みが可能なため、気軽に査定をすることができます。

ほかにも一括査定サイトを比較したい場合は、「不動産査定業者比較・ランキング」をチェックしてください。

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

不動産一括査定サイトは、インターネット環境さえあれば、簡単に使うことができます。複数の不動産会社の査定価格を一度に比較できるので、不動産を高値で売るなら、利用は必須です。

もしどの一括査定サイトを使うか迷ったら、以下の3つをまずは検討してみてください。

  1. すまいValue
  2. HOME4U
  3. イエウール

この3つは業界でも大手で実績も豊富。まず間違いありません。そのほかのサイトも比較したい場合は、以下の記事をチェックしてください。こちらに、主要なサイトを一覧でまとめています。

    SHARE :

関連記事

人気記事