不動産一括査定サイトは無料?口コミから探るメリット・デメリット | 鯨鑑定士の不動産売却

不動産一括査定サイトは無料?口コミから探るメリット・デメリット

2020.6.30

109 views

竹内 英二

所持資格:不動産鑑定士、中小企業診断士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士、不動産キャリアパーソン 紹介:不動産鑑定士事務所兼宅地建物取引業者である株式会社グロープロフィットの代表取締役を務めている。大手ディベロッパーにて不動産開発や不動産鑑定を経験し不動産分野に精通している事を生かし、不動産関連サイトのコンテンツ制作やライター業も営む。

    SHARE :

マンションや戸建て等の個人が保有している不動産の売却では、不動産一括査定サイトを利用することが一般的になってきました。

不動産一括査定サイトを使えば、査定の依頼も楽ですし、高く売却してくれる不動産会社を簡単に見つけることができます。
もはや不動産売却で不動産一括査定サイトを使わない手はありません

一方で、不動産一括査定サイトの中には残念ながら悪い評判のサイトも一部にあります。悪い評判のサイトを使ってしまうと、逆に不動産一括査定サイトは使わなかったほうが良かったという結果となってしまいます。

不動産一括査定サイトを利用するのであれば、評判の良いサービスを利用すべきです。この記事は、「不動産一括査定」について解説します。

この記事を読むことで不動産一括査定が無料の理由やメリットとデメリット、口コミや評判、ランキングについて知ることができます。
最後までお読みいただき、売却に役立てていただけると幸いです。

不動産一括査定サイトとは

不動産一括査定サイトとは

不動産一括査定サイトとは、売主が複数の不動産会社に一括で査定の依頼をできるインターネットサービスのことです。

売主は、インターネット環境さえあれば一括査定サイトを通じて、24時間いつでもどこでも簡単な入力操作のみで査定を依頼することができます

売主が複数の不動産会社に一括で査定の依頼をできる

不動産一括査定サイトには、通常、不動産一括査定サイトを運営しているサイト運営会社が存在します。

このサイト運営会社は不動産会社というわけではなく、IT企業であることが一般的です。
不動産一括査定サイトでは、サイト運営会社が自社のサイトに実際の運営会社を査定参画企業として登録させます。

売主から査定依頼を受け付けると、登録されている不動産会社に査定依頼情報が流れます。
不動産会社はサイト運営会社から査定依頼情報を受け付けると、売主に直接連絡を取り、訪問査定のためのアポイントメントを取ります。

サイト運営会社は表に出てきませんが、査定する不動産会社への取り次ぎ役を果たしています。

従来、売主が不動産を売却しようとした場合、自ら不動産会社に出向いて査定を依頼していました。

査定価格は、3ヶ月程度で売れる売却予想価格のことです。
売却を確約する価格ではなく、あくまでも不動産会社の一つの意見となります。

査定価格は意見に過ぎず、不動産会社を変えると査定価格は変わります。
売主としては、少しでも高く査定してくれる不動産会社を見つけたいという希望があるため、従来から売主が複数の不動産会社に査定を依頼することはよくありました。

しかしながら、複数の不動産会社に出向いて査定を依頼することは非常に手間がかかります。

この査定依頼の手間を大幅に圧縮できるようになったのが不動産一括査定サイトです。

従来は、複数の不動産会社に査定依頼をすることは面倒だったので、査定価格を比較検討したくてもできない人が多くいました。

不動産一括査定サイトは、「簡単に査定価格の比較ができる」という画期的なサービスです。従来よりも不動産の売却の手間が格段に楽になりましたので、利用する人が増えています。

尚、一括査定サイトでは、あくまでも一括査定サイトに登録している不動産会社が査定を行います。

例えば、自分の家の前の不動産会社が不動産一括査定サイトに登録しているとは限りません。
不動産一括査定サイトを利用したら、近所の不動産会社が査定に来るというわけではなく、知らない会社が来ることも多いです。

そのため、元々、売却で依頼したい不動産会社が決まっている人にとっては使いにくいサービスといえます。
逆に、不動産会社を全く知らず、お店に入って不動産会社に依頼するのが少し怖いといったような人にとっては、不動産一括査定サイトは便利なサービスです。

不動産一括査定サイトは、簡単に査定価格を比較検討できるようになった画期的なサービスである。

不動産一括査定サイトが必ず無料の理由

不動産一括査定サイトは、どのサイトを使っても必ず無料です。

不動産一括査定サイトが必ず無料なのには、以下の2つの理由があります。

  • 不動産会社が得られる仲介手数料は成功報酬と決まっているため
  • サイト運営会社は不動産会社から査定参加料を得ているため

1つ目の理由 不動産会社が得られる仲介手数料は成功報酬と決まっている

仲介手数料とは、仲介を行って不動産会社が得る報酬を指します。

仲介手数料は、宅地建物取引業法によってその扱いが厳しく定められています。

仲介手数料の規制の一つに、「仲介手数料は成功報酬である」というルールがあります。

成功報酬ですので、売主から依頼された不動産会社は、買主を見つけて売買契約を締結させない限り、仲介手数料をもらえないことになっています。

仮に、買主を見つけることができなかったら、それまでに発生した費用は原則として請求することができないということです。
買主を決めるまでに要する費用の中には、査定費用なども含まれます。

査定には、営業マンの一定の人件費がかかっていますので、不動産会社にはある程度の費用が生じています。
しかしながら、査定は仲介を行うための営業行為の一つに過ぎないため、不動産会社は査定費用を売主に請求することができません。

不動産会社が報酬を請求できるのは、あくまでも仲介が決まったときの仲介手数料のみであり、査定費用等の今までかかった費用は全て仲介手数料の中に盛り込まれているということになります。

そのため、店舗で査定依頼しようが、不動産一括査定サイトで査定依頼しようが、不動産会社は売主に査定費用を請求することができないため、査定は必ず無料なのです。

2つ目の理由 サイト運営会社は不動産会社から査定参加料を得ている

不動産会社が売主に査定料を請求できないことはあったとしても、気になるのはサイト運営会社がどのようにして収益を上げているのかという点です。

サイト運営会社がどのようにして収益を上げているのか?

結論からいうと、サイト運営会社は不動産会社から査定参加料として手数料を受け取っているため、売主に対する請求がないという仕組みになっています。

サイト運営会社は売主から査定依頼を受け付けると、不動産会社に対して査定依頼があったことを通知します。
通知を受けた不動産会社は、査定をしてみたいと思えば、サイト運営会社に1万円程度の査定参加料を支払います

例えば、不動産会社が6社査定に参加したいと名乗り出れば、サイト運営会社は6万円の収入を得ることになります。

不動産会社にとっては、1万円で売主情報を買っているような形となっています。不動産会社は特に営業をせずに顧客情報を得ることができるため、1万円を支払う価値があるのです。

サイト運営会社にとっては不動産会社が直接お金をもらうお客様になっていますので、売主には一切請求されない仕組みとなっています。

不動産一括査定サイトは、以下の2つの理由により必ず無料である。
1.不動産会社が得られる仲介手数料は成功報酬と決まっているため
2.サイト運営会社は不動産会社から査定参加料を得ているため

不動産一括査定サイトのメリット

この章では不動産一括査定サイトのメリットについて解説します。

高く売ってくれる不動産会社を探すことができる

不動産一括査定サイトの一番のメリットは、高く売ってくれる不動産会社を探すことができるという点です。

多くの不動産一括査定サイトは、概ね最大6社に査定を依頼することができます
自力で不動産会社を6社も回って査定依頼することはかなり大変ですので、6社から査定を受領すれば高く売ってくれる不動産会社が見つかる可能性は十分にあります。

査定価格に十分に納得感を得た上で、売却活動を始めることができるため、不動産一括査定サイトを使った売却は満足度も高いです。

依頼の手間が大幅に楽になる

不動産一括査定サイトを使うと、依頼の手間が大幅に楽になるというメリットがあります。

従来から、売主が複数の不動産会社に査定依頼をすることは良くありましたが、複数社に査定依頼するのは大変な手間がかかりました。

不動産会社を自分で探す必要もありますし、同じことを何度も説明する必要があります。
また、選んだ不動産会社か売却が得意な不動産会社とは限りませんので、依頼しても断られてしまうようなこともありました。

不動産一括査定サイトを使えば、これらの手間や無駄を全て省くことができます。査定依頼の手間を大幅に削減してくれますので、スムーズに売却をスタートさせることが可能です。

適正価格を知ることができる

不動産一括査定サイトを使うと、適正価格を知ることができるというメリットがあります。

不動産の売却では、売り出し価格が高過ぎると売れませんし、安過ぎると損をすることになります。
そのため、適正価格で売ることがとても重要です。

高過ぎる、または、安過ぎる査定価格を見抜くには、複数の査定結果を横並びにして比較することが最も簡単な方法となります。

例えば、A社が6,000万円、B社が5,000万円、C社が5,100万円、D社が5,900万円という査定結果となった場合、A社の6,000万円が高いことがすぐにわかります。

不動産一括査定サイトを使うことで、不自然に高い、または安い価格を排除することが可能です。

適正な価格を知れば、損をせず確実に売ることができるようになります。
一社だけの査定価格だと高いのか安いにか分からないため、複数の不動産会社の査定価格を比較検討することは、大変意味のあることなのです。

一般媒介の依頼がしやすい

不動産一括査定サイトは、一般媒介の依頼がしやすいというメリットがあります。

媒介契約とは、不動産会社に依頼する仲介・あっせんの契約のことです。
媒介契約には、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3種類があります。

契約形式依頼者の制約
専属専任媒介契約他の不動産会社に重ねて依頼できず、かつ自己発見取引も認められない。
専任媒介契約他の不動産会社に重ねて依頼できない。自己発見取引は可能。
一般媒介契約他の不動産会社に重ねて依頼できる。自己発見取引は可能。

自己発見取引とは、売主自らが買主を直接見つけてくることです。

3つの媒介契約

専属専任媒介契約と専任媒介契約(以下、「専任媒介等」と略)は、1社だけにしか仲介を依頼できない契約です。

それに対して、一般媒介契約は何社にも同時に仲介を依頼できる契約となります。

仲介手数料は成功報酬であるため、一般媒介契約によって複数社に依頼すると、不動産会社は各社に競合関係が生じます。

不動産会社が仲介手数料を得るには、どの会社よりもできるだけ早く、条件の良い買主を見つけてくる必要が出てきます。
そのため、売主は一般媒介で複数の不動産会社に売却依頼をすると、早く高く売ることができるメリットがあるのです。

しかしながら、不動産一括査定サイトを利用せずに一般媒介で依頼するのはとても面倒になります。
自分で何社かの不動産会社を探し、一社ずつに声をかけなければいけないため、大変な労力が必要です。

不動産一括査定サイトを使えば、査定をしてくれた不動産会社にそのまま一般媒介で依頼することもできます。
不動産一括査定サイトと一般媒介はとても相性が良く、一般媒介を目的に利用すれば不動産一括査定サイトは売主に大変大きな便益をもたらします。

一般媒介で依頼したい人は、ぜひ不動産一括査定サイトを利用することをおススメします。

自分の知らなかった良い不動産会社に出会える

不動産一括査定サイトを利用すると、自分の知らなかった良い不動産会社に出会えるというメリットもあります。

不動産の売却は、一生に一度か二度程度しか経験しないため、良い不動産会社を知っている人は多くないと思います。

知名度に頼って大手の不動産会社に依頼しがちですが、大手の不動産会社が必ずしも良い不動産会社とも限りません。

地元の中小の不動産会社でも、大手より能力の高い不動産会社はたくさん存在します。
不動産一括査定サイトには、地元のやる気のある不動産会社も多く登録されていますので、思わぬ良い会社に巡り合える可能性も高いです。

そもそも、不動産一括査定サイトのような新しいサービスを積極的に取り入れている不動産会社は、社長も若く、考え方も柔軟性があり、やる気のある会社が多いです。

不動産会社探しのツールとしても高い機能を持っていますので、不動産一括査定サイトを利用する人は年々増えています。

不動産一括査定サイトには以下のメリットがある。
1.高く売ってくれる不動産会社を探すことができる
2.依頼の手間が大幅に楽になる
3.適正価格を知ることができる
4.一般媒介の依頼がしやすい
5.自分の知らなかった良い不動産会社に出会える

不動産一括査定サイトのデメリット

この章では不動産一括査定サイトのデメリットについて解説します。

高過ぎる査定価格が出やすい

不動産一括査定サイトは高過ぎる査定価格が出やすいという点がデメリットです。

一般的に、不動産一括査定サイトの利用の有無に限らず、査定価格は実際に売れる価格よりも高くなりやすいという傾向があります。
理由としては、不動産会社にとっては高く査定した方が仕事を取りやすいからです。

査定を依頼する人は、できるだけ高く売ってくれる不動産会社を探すことが主な目的となっています。
不動産会社も依頼者の目的をわかっていますので、多少のハッタリをかませて高く査定を行うことが多いです。

査定価格は売却を保証するものではないため、不動産会社にとってみると高く査定をすることは痛くもかゆくもありません。

売主にも気分良く契約してもらえるのであれば、多少の嘘でも高く査定した方がメリットはあるのです。そのため、不動産会社の査定は昔から高いというのが常識となっています。

しかしながら、不動産一括査定サイトになると、さらに高い査定価格の傾向が強くなります。
その理由としては、不動産一括査定サイトでは、不動産会社が他社との競合を強く意識してしまうからです。

不動産会社からすると、不動産一括査定サイトで契約を取るには他社を出し抜いて高い価格を出す必要があります。
しかも、不動産一括査定サイトでは不動産会社が査定に参加するためにわざわざ1万円を払っています。査定参加料の1万円を取り戻すためには、なんとか契約を勝ち取ることが必要です。

一方で、来店によって売主に直接査定を依頼される場合には、査定参加料を支払う必要がありません。来店による依頼であれば、不動産会社は1万円を払って査定するようなことはないので、気持ちの焦りもなく、比較的、正直な価格を査定します。

そのため、査定価格は普通に依頼するよりも不動産一括査定サイトで依頼した方が高くなる傾向があります。

若干高い程度なら良いですが、場合によっては高過ぎる価格が出てくることもあります。高過ぎる査定価格を信じて、その不動産会社と専任媒介等で契約してしまうと、その後、なかなか売れないといった問題が生じます。

結局は、不動産会社に売り出し価格の大幅な値引きを要求され、飼い犬に手を噛まれる状態となってしまうのです。

よって、不動産一括査定サイトを利用する場合には、逆に高過ぎる売り出し価格は排除するくらいの気持ちで使うことをおススメします。

不動産一括査定サイトのメリットの中には、「適正価格を知ることができる」というのがありました。
不動産一括査定サイトでは、高過ぎる査定価格が出てくることを十分に意識して、適正価格を知るために利用するようにしてください。

適正価格を知ることができる

営業電話がしつこい場合がある

不動産一括査定サイトには、営業電話がしつこい場合があるという点がデメリットとなります。

不動産一括査定サイトでは、概ね最大6社程度に査定を依頼できるサービスが多いです。

よって、不動産一括査定サイトを利用すると、4~6社程度から訪問査定の日程調整のための電話があります。人によっては、このアポイントのための電話でも、4~6社続くとしつこいと感じる人がいるようです。

確かに、同じ予定を4~6社から要求される経験はないので、少ししつこいと感じるかもしれません。
ただし、アポイントの電話は最低限必要な電話ですので、そこはあまり気にしないようにしてください。

一方で、売却を断ったにも関わらず営業電話をしてくる場合は、「しつこい」といえます。

しつこい営業電話をしてくるのは、不動産一括査定サイトの問題と言うよりは、不動産会社の資質の問題です。
ただし、しつこい営業電話をかけてくる不動産会社を放置していることは不動産一括査定サイトの問題といえます。

不動産一括査定サイトとしては、やはり問題が生じたときにすぐに対処できるようなサポート体制を充実すべきといえます。

不動産一括査定サイトは、見方を変えれば売主に不動産会社を紹介するマッチングサイトです。
紹介した不動産会社が悪ければ、紹介者である不動産一括査定サイトが責任を取ることが当然といえます。

売主と不動産会社との間にトラブルが発生しても、不動産一括査定サイト側が知らん顔するというのは、あまりにも無責任です。
そのため、不動産一括査定サイトは電話で相談できる体制が整っているサービスを選ぶのが重要となります。

評判の悪い不動産一括査定サイトは、往々にして電話によるサポート体制が整っていません。メールやチャットしか相談対応ができないため、とても使いにくいです。

相談窓口がメールやチャットしかないサービスは、利用者が泣き寝入りしてしまう可能性がありますので、利用しないことをおススメします。

不動産一括査定サイトは電話で相談できる体制が整っているサービスを選ぶのが重要

悪徳業者が紛れていることがある

不動産一括査定サイトでは、悪徳業者が紛れていることがある点もデメリットとなります。

悪徳業者も、前節で紹介した「営業電話がしつこい不動産会社」の問題と基本的に構造が同じです。

悪徳業者を紹介している時点で、マッチングサイトとしてかなり問題です。
悪徳というと、具体的に何が悪徳なのかという問題がありますが、「高過ぎる査定価格を出す会社」や「しつこい営業電話をしてくる会社」等は悪徳業者の懸念があります。

不動産一括査定サイトでは、各運営会社は不動産会社を厳選していると謳っています。しかしながら、厳選といっても何をどこまで厳選しているのか実際のところわかりません。

よって、やはり利用者としてはサポート体制に注目して不動産一括査定サイトを選ぶことが適切です。

例えば、電話サポートサービスを設けているサイトであれば、悪徳業者は含まれていないことの自信の証だといえます。

メールやチャットしか相談できないサイトでは、逆にしょっちゅうクレームがあるからメールやチャットでしか相談を受け付けないのかもしれません。

電話サポートサービスを設置しているサイトは、利用者が怒鳴り散らすような電話が少ないことから電話サポートサービスを継続できるという見方もできます。

実際、不動産一括査定サイトで人気のサイトには、しっかりと電話サポートサービスがあります。
逆に評判の悪い不動産一括査定サイトは、電話サポートサービスがありません。

電話サポートサービスの有無は、結構、重要なポイントですので不動産一括査定サイトを選ぶ重要な指標とするようにしてください。

不動産一括査定サイトには以下のデメリットがある。
1.高過ぎる査定価格が出やすい
2.営業電話がしつこい場合がある
3.悪徳業者が紛れていることがある

不動産一括査定サイトの口コミ・評判

インターネット上の口コミや評判となると、どうも出所がハッキリしないため、ご紹介しにくいものが多いです。
そもそも、公式サイトでもないのに、どうやってその口コミを集めたのだろう?? と思う情報ばかりが存在しています。

誰かが意図的に捏造した口コミを紹介しても仕方がないので、ここでは「Yahoo!知恵袋」に実際に書き込まれている評判を紹介します。

不動産一括査定サイトは、しつこい営業電話があるというデメリットがありますが、そのデメリットを一躍有名にしている悪い評判が以下の口コミです。

「Yahoo!知恵袋」でよく見かける口コミ

不動産査定会社のイエウールとかイエイとかスマイスターで査定頼んだから、知らない不動産会社100社くらいに個人情報バラ撒かれて電話かかりまくってくるんですけど、これやばくないですか?
不動産会社の知り合いに聞いたら、イエイとかスマイスターって入力された個人情報を1万円で不動産会社に売り飛ばしてるみたいですけど、査定画面にそんなこと書かれてないですよね?
無料査定とかで個人情報入力させて、その個人情報1万円で勝手に不動産会社に売り飛ばすとか、ありえないですよね?不動産査定会社のイエウールとかイエイとかスマイスターで査定頼んだ人、個人情報勝手に売り飛ばされてますよ。
本当怖いですよね。個人情報バラ撒かれて不安です。大丈夫なんですかね?これ。

引用元 Yahoo!知恵袋

この内容が本当に事実だとしたら、怖いです。仮に100社にもばら撒かれたら、営業電話が本当にしつこいのだと思われます。

この口コミも、事実なのかどうかは定かではありません。
しかしながら、この手の口コミで名前が挙がってくるのが、決まって「イエウール」、「イエイ」、「リビンマッチ(旧スマイスター)」の3つです。

その他の不動産一括査定サイトには、あまりこのような評判は見られないのですが、この3つのサイトだけは悪い評判が絶えないという謎があります。
火のないところに煙は立たないので、とりあえずこれら3つの不動産一括査定サイトの利用は避けるのが無難です。

逆に言えば他の不動産一括査定サイトにはこのような悪評は見られませんので、不動産一括査定サイトはしっかりと選んで利用することをおススメします。

評判の悪い不動産一括査定サイトも一部に存在する。

不動産一括査定サイトのランキング

不動産一括査定サイトのランキングについて解説します。

ランキング不動産一括査定サイト概要
1位HOME4U運営会社がNTTデータグループであり、国内で最も古くからあるサイトです。全国対応しており、大手にも地元中小にもバランス良く査定を依頼することができます。電話によるサポート体制もあるため安心して利用できます。
2位すまいValue大手6社に査定依頼できるサイトです。査定企業位は信頼できますが、各社の営業店が少なく実質的には東京と神奈川以外ではあまりメリットがありません。電話サポート体制はあります。
3位リガイド運用歴の長い堅実なサイトです。不動産業界の中では評判が高く、しっかりした不動産会社が査定に参加していますので、おススメです。
4位オウチーノ市街化調整区域の物件等、特殊な不動産の査定も可能です。田舎の不動産を売却したい場合にはオウチーノがおススメとなります。
5位イエカレ従来から買取の査定では圧倒的な強さを誇るサイトです。通常の仲介の査定も行っています。サービスメニューが充実していますので、仲介以外の選択肢を検討したい人におススメです。
6位HowMaサイト上で一瞬に価格が出る優れたシミュレーターを備えています。匿名査定サイトとしては、最も良いサイトです。もちろん通常の査定も依頼できます。特にシミュレーターは一度利用してみることをおススメします。
7位リビンマッチ売却だけでなく、買取や任意売却などの査定もできるメリットがあります。借金の返済に困っている方はおススメのサイトです。
8位LIFULL HOME’SHOME’Sが運営している一括査定です。査定を依頼する不動産会社を選べるのが特徴です。電話対応もありますので、安心して利用することができます。
9位イエイ運営実績は比較的長く、実績はあるサイトです。東京の赤羽に1日3組限定で無料相談できるサービスを行っています。
10位イエウール利用者だけでなく、不動産会社やサイト運営会社の間でも評判は悪いです。おススメできる理由は一つもありません。

不動産一括査定サイトには様々なものがありますが、実際には「HOME4U」と「すまいValue」の2つが圧倒的2強となっています。

多くの人が「HOME4U」もしくは「すまいValue」を使っているという実態がありますので、どれを使うべきか迷っているのであれば「HOME4U」と「すまいValue」の2択から選ぶのが無難です。

「HOME4U」と「すまいValue」には、ともに電話サポート体制がしっかりとあり、安心して利用することができます。

ただし、「すまいValue」は大手6社にしか査定依頼ができず、営業店の配置からすると実質的にメリットを発揮するのは東京と神奈川のみです。
東京と神奈川以外で利用すると、三井のリハウスと住友不動産の2社だけに査定しているのとほぼ同じような状況となってしまいます。

東京と神奈川以外であれば、やはり「HOME4U」の方がおススメです。

その他、市街化調整区域の物件なら「オウチーノ」、買取なら「イエカレ」、任意売却なら「リビンマッチ」等、各サイトには強みもあります。
シミュレーションなら「HowMa」が圧倒的に便利です。

住んでいるエリアや目的に応じて、不動産一括査定サイトを選ぶようにしてください。

・不動産一括査定サイトは「HOME4U」と「すまいValue」が不動の人気サイト
・市街化調整区域の物件なら「オウチーノ」がおススメ
・買取なら「イエカレ」がおススメ
・シミュレーターなら「HowMa」がおススメ
・任意売却なら「リビンマッチ」がおススメ

まとめ

以上、不動産一括査定サイトについて解説してきました。
不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社に一括で不動産査定を依頼できるインターネットサービスのことです。
不動産一括査定サイトは、必ず無料ですので安心してご利用ください。

不動産一括査定サイトには、「高く売ってくれる不動産会社を探すことができる」、「依頼の手間が大幅に楽になる」、「適正価格を知ることができる」、「一般媒介の依頼がしやすい」、「自分の知らなかった良い不動産会社に出会える」といったメリットがあります。

一方で、不動産一括査定サイトは「高過ぎる査定価格が出やすい」、「営業電話がしつこい場合がある」、「悪徳業者が紛れていることがある」といった点がデメリットです。

不動産一括査定サイトを利用するには、住んでいるエリアや目的に応じて最適なサービスを選択するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事