ネット査定が人気?不動産査定オススメサイトとネットで行うメリット | 鯨鑑定士の不動産売却・投資

ネット査定が人気?不動産査定オススメサイトとネットで行うメリット

2020.11.16

2020.11.16

5 views

    SHARE :

インターネット上で不動産の査定をしてもらえる不動産一括査定サイト。
不動産をネットで査定してもらえると聞いたけど本当?無料でできるなんて怪しくない?と疑問を持つ方も多くいらっしゃることでしょう。

不動産一括査定サイトは、今や不動産を売却する上で欠かせないツールの一つとなりました。
なぜなら、不動産をより高く早く売却するためには、複数の不動産会社の査定を受けることが重要だからです。
また、不動産の成功を左右する不動産会社選びにおいても、一括査定サイトの利用がカギとなります。

そこで今回は、ネット査定の仕組みやメリットについて詳しくご紹介していきます。
より良い条件での売却を目指すうえで知っておきたい、査定サイトの賢い使い方と数ある不動産査定サイトの中から厳選した7つのサイトをご紹介します。

不動産の売却をご検討されている方、査定サイト選びにお悩みの方は是非参考にして下さい。

こざかな生徒
こざかな生徒

不動産一括査定サイトは便利だと聞きますが、仕組みが分からないので不安があります。

無料で便利と聞くと、何か裏があるのでは?と考えるのもわかります。
仕組みが分かれば、きっと安全なサービスだとお分かりいただけると思います。

クジラ先生
クジラ先生

ネットで簡単手軽!不動産査定の仕組みとは?

ネット上で簡単に不動産査定の申し込みをできる、不動産一括査定サイト。
このサイトは、一度の申し込みで全国の不動産会社に査定を依頼できる画期的なサービスです。
戸建てやマンションなどの不動産を売却したい利用者がサイトで対象物件の情報を入力すると、査定対応できる不動産会社が自動的にピックアップされ、査定結果が届きます。

サイトには下記のような物件情報を入力します。

  • 物件種別(マンション、戸建て、土地、農地等)
  • 不動産の所在地(都道府県や市町村)
  • 間取り
  • 築年数

このような簡単な情報を入力すると、サイト側から登録する不動産会社に情報が流れ、その情報を基に査定を行います。

一括査定サービスができる以前は、売主自身が売却してくれる不動産会社を探さなければなりませんでした。
一社ずつ回り、対応できる会社を見つけ、その中から良い条件で売却してくれる所を見つけるのは大変だったでしょう。

しかし、一括査定サイトができたことにより、一度の申し込みで複数社に査定依頼をすることができ、またそれぞれを比較することも可能になりました。
その結果、不動産の売却がより便利になり、好条件での売却ができるようになりました。
一括査定サイトを利用することで次のようなメリットも得られます。

誰でも無料で利用出来る

不動産一括査定サイトが支持される理由は、全てのユーザーが無料で利用出来るためです。
便利なのに無料なの?無料でできるなんて怪しくない?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配いりません。

無料で利用出来る不動産一括査定サイト

日常生活における多くのサービスがスマホ一つで完結するようになった現代、飲食店やヘアサロンの予約を専用予約サイトで行うことが当たり前となりました。

ユーザーにとって手間なく手軽に利用できる予約サイトが無料で利用できるのは、サイトの運営会社が提携する飲食店や美容室から収益を得ているからです。

不動産一括査定サイトが無料で利用できるのも同じ仕組みとなっており、運営サイトに登録している不動産会社が登録料や掲載料を支払うことでサイト運営がなされているのです。

不動産会社にとっては顧客を獲得するチャンスであり、自社の実績やサービスを広く知ってもらうきっかけにもなります。

売却する売主が不動産会社に費用を払うのは、仲介を依頼して売買契約が結ばれたときの仲介手数料のみ。
査定を依頼する際も、売却の仲介を依頼する場合も、それだけでは料金を支払う必要がありません。

相場を把握できる

不動産は唯一無二の固定資産であり、二つとして同じものはありません。
定価というものが存在しないため、不動産会社によって査定額は異なります

例えば、マンションに特化している不動産会社であれば、これまでの売却実績や培ったノウハウによって、エリアや物件状況に応じた正確性の高い査定額を算出できるでしょう。
しかし、マンションの多くない地方エリアで、戸建てを専門的に扱っているところですと、相場からかけ離れた査定額になってしまうかもしれません。

極端な例ではありますが、物件が同じでも査定する業者が違うだけで数百万円の差が出ることもあるのです。

一括査定サイトは一度で複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスですので、業者を比較して不動産の適正価格を把握できます。
相場を把握すること、それは不動産売却成功のための大変重要な要素の一つです。

査定額は、このくらいの金額で売れるだろうという売却予想価格であり、必ずしもその価格で売れる確証があるわけではありません。

しかし、その後の販売活動における全てのベースとなる価格であり、売却のスケジュールや売却価格に大きな影響を与えるものです。

下記の表は、不動産を売り出す時の価格設定による影響をまとめたものです。

売り出し価格スケジュールへの影響価格への影響
低すぎる早く売れやすい相場よりも安く売れるから損をする
高すぎる家が売れ残りやすい期限内に売り切るために大幅値下げせざるを得ない
適正売却期間内に売れる最も高値で売れる可能性

売り出し価格が相場よりも低ければ、買い手はすぐに見つかるかもしれませんが、安値で売却したことで売主は損をしてしまうでしょう。
高すぎる売り出し価格であれば買い手は付きづらいため売れ残りやすくなります。
不動産会社に売却を依頼できる期間は決まっていますから、その期限内に売り切るために大幅値下げする必要が出てくるかもしれません。

スケジュールと価格、どちらも最もよい条件での売却ができるのは、相場に近い売り出し価格となるのです。

相場に近い、適正価格を知ることの重要性をお分かりいただけたでしょう。
査定サイトなら複数社の査定額に大きな差が出ていても、中央値や各社の査定根拠を見ることでおおよその相場を把握することができます。
一社一社を回って依頼する必要もないため、手軽に相場を把握できるでしょう。

不動産の適正価格を知るためにも一括査定サイトは有効な手段

信頼できる不動産会社を見つけられる

不動産売却をする上で最も重要なのは不動産会社選びです。

不動産会社によって売却の成功可否が決まるといっても過言ではありません。
買い手を見つけるための売却活動や内覧準備、価格交渉、契約書の作成や引き渡しの調整など、売却する上で行う作業は複雑且つ専門的なものばかり。
ノウハウはもちろんのこと、スピード感や精度が大変重要となるでしょう。

仲介を依頼してから物件を引き渡すまでの約半年間にわたり、活動を共にするパートナーでもあります。
サポート体制の充実度や担当者の人柄を見極めて業者選びをすることが大切です。

一括査定サイトを利用すると各社と直接連絡をとることができるため、その際は次のような質問をしてみると良いでしょう。

  • これまでの売却実績の中で多く扱った不動産種別は?
  • 査定額算出の際はどのようなデータを参考にしたか?
  • 宅地建物取引士の資格を保有しているか?

このような質問をしたとき、丁寧に答えてくれる会社を選ぶことが大切です。

はぐらかしたり、強引に媒介契約を結ぼうとするところは、売却活動中にも売主の要望を聞いてくれない可能性があります。

不動産査定サイトの賢い使い方

査定サイトは年々増え続け、今や何十、何百という数があります。
そして数が増える毎に、サイト毎の特色も強くなってきました。
例えば、マンション売却に強い不動産会社が多く提携しているところ、農地や山林など幅広い不動産種別に対応しているところ、匿名で査定申し込みができるところ。
このような特徴や強みを前面に打ち出し、他サイトとの差別化を図っているところも少なくありません。

つまり、自身が売却する不動産を最も良い条件で売却してくれる不動産会社を選ぶためには、どの査定サイトを利用するかが重要となるのです。

不動産売却を成功させるための不動産一括査定サイト選びにおいて、重要となるポイントは下記の通りです。

  1. 大手から中小までバランスよく提携しているところ
  2. 対象物件の不動産種別に特化したところや強みをもつところを利用する
  3. 1と2で査定を依頼した業者の中から3~5社を厳選する
  4. 3で厳選した業者に訪問査定を依頼する

先述した通り、不動産一括査定サイトによって特色や強みが異なります。
それはつまり、提携する不動産会社も違うということです。
複数の一括査定サイトに登録している不動産会社もありますが、自社で対応できるエリアや種別の顧客を獲得できるサイトにしか登録していないところもあります。
一つのサイト利用で複数社へ査定を申し込むことはできますが、提携していない会社と出会うことはできません

自身の売却する物件にピッタリ合う不動産会社に出会うためには、特色や強みの異なる複数のサイトを利用することがポイントとなるのです。

とはいえ、複数の査定サイトで複数の不動産会社に査定を依頼していては、対応に時間がかかってしまいますし、どのサイトを選べばいいの?という疑問も生じるでしょう。

そこでおすすめなのが、特徴の異なる二つのサイトを利用する方法です。
二つのサイトでそれぞれ複数の業者に机上査定を申し込む→その中から厳選した数社に訪問査定を依頼するといった方法で査定を行うと、対象不動産に合った不動産会社を見つけやすくなります。

大手から中小までバランスよく提携しているところ

利用するサイトのうち一つ目のサイトは、大手不動産会社から地域密着型の中小不動産会社までバランスよく提携しているところを選ぶと良いでしょう。

具体的には、提携数が多い大手査定サイトが最適です。
提携数が多いということは全国様々なエリアの業者が登録している可能性が高いということです。
査定サイトによっては地方エリアに対応していなかったり、1社か2社しか査定に対応できないところも少なくありません。

しかし、大手サイトであれば不動産会社の規模に関わらず多くの業者が登録している可能性がありますので、エリアに関係なく複数社に査定を依頼できるでしょう。
大手サイトは一度に査定を申し込める同時査定依頼可能数が多いのも特徴的です。

この段階では机上査定で問題ありませんので、気になる不動産会社があれば是非査定を申し込んでみましょう。
その際は、最低でも3社以上に査定を依頼することが大切です。

対象物件の不動産種別に特化したところや強みをもつところを利用する

提携数が多い大手査定サイトに登録したら、二つ目のサイトは特色や強みで選んでみましょう。

選ぶポイントは、自身が売却する対象不動産と同じ不動産種別に特化しているところやサービスやサポート体制に特徴があるところ。
売却する不動産がマンションならマンションに特化しているところを、郊外戸建てなら郊外の物件に強いところを、農地や山林の売却ならそれらの種別に対応しているところ選んでみましょう。

特定の不動産種別に特化している不動産会社は、過去の売買実績が豊富です。
どのような条件だと高く売れるのか、買い手が付きやすいのかなどを熟知しているため、蓄積されたノウハウで正確性の高い査定を行ってくれますし、大手不動産会社よりも高い査定額を出してくれる可能性があります。

サイトによっては、匿名で利用できるところ、担当者ではなくAIが査定してくれるところがありますので、自身の要望に合った方法で査定してくれるサイトを選ぶのも良いでしょう。
こちらの場合も、査定に対応してくれる業者へ机上査定を依頼してみましょう。

1と2で査定を依頼した業者の中から3~5社を厳選する

1と2で3~5社に机上査定をした結果、対象不動産のおおよその相場や各不動産会社の対応や特色が見えてくるでしょう。
ここからはいよいよ、売却の仲介を依頼する不動産会社を選ぶステップへと進みます。
3~5社ずつ依頼したとすると、6~10社からの査定額を知ることができたでしょう。
ここからさらに3~5社へと厳選し、次の訪問査定を依頼する会社を選びます

厳選する際のポイントとなるのは、査定額が相場に近いかどうかです。

売主によっては査定額が高い方が良いとばかり考えてしまいますが、高いだけで不動産会社を選ぶのは危険です。
なぜなら、何としても契約を結ぼうと、実際の査定額に上乗せした価格を提示してくる業者も存在するからです。

一括査定サイトは不動産会社によって顧客を獲得するチャンス。
自社で売却活動を行い、売買契約が成立すれば、売却代金の3%近い手数料を手に入れることができます。
その利益を得るために、査定額をわざと高くして売主を取り込もうとするのです。

しかし査定額が高いからといってその値段で売れる可能性は少なく、売却期間中に売れなかったり、大幅値下げせざるを得なくなる可能性があります。
大切なのは、適正価格であるか、相場に近い価格であるかどうかです。

高すぎる査定額を提示してきた業者にはその根拠を聞き、売主が納得できない答えであれば避けた方が良いでしょう。

3で厳選した業者に訪問査定を依頼する

1と2で申し込んだ机上査定は、売主が入力した不動産情報だけを基に算出したデータとなりますので、あくまでも目安でしかありません。

机上査定と訪問査定では、査定の根拠となるデータが異なるため、査定額が大きく変わる場合があります。

より適正な査定額を知るためには、不動産の現況や周辺環境を基に算出する訪問査定を行う必要があるのです。
そのため、3で厳選した各業者にそれぞれ訪問査定を依頼しましょう。

訪問査定は売主立会いの下で行われますので、その際は是非、各社の担当者の対応等にも着目してみましょう。
担当者のこれまでの実績や自社の広告活動の内容、サポート体制やサービスについても質問しておくと、比較材料が増え、より信頼できる不動産会社を選ぶのに役立ちます

不動産一括査定サイトを賢く効率的に活用する方法
こざかな生徒
こざかな生徒

なるほど、査定サイト自体を複数利用するのですね。

ここでは二つのサイトを利用する方法をおすすめしましたが、それ以外にも気になるサイトがあったら利用してみましょう。
いくつ利用しても、何社に査定を依頼しても費用は一切発生しませんので、売主さんは信頼できる不動産会社が見つかるまでご利用いただけます。

クジラ先生
クジラ先生

不動産査定オススメサイト7選

ここからは、不動産査定を申し込めるオススメサイトをご紹介してまいります。
前項でお伝えした査定サイトの賢い利用方法を踏まえ、大手から中小までバランスよく提携しているサイトと、特色や強みを持つサイトをいくつかご紹介します。

大手から中小までバランスよく提携している査定サイト

サイト名提携会社数運営会社同時査定依頼可能数
すまいvalue6社合同6社最大6社
HOME4U1300社以上NTTデータ・スマートソーシング最大6社
LIFULL HOME’S2200社以上株式会社LIFULL最大10社

特色や強みを持つサイト

サイト名特色・強み
How Ma人工知能がビッグデータを基に査定額を算出してくれる
マンションナビマンションに特化している
リガイド物件種別が豊富 収益物件も査定可能
不動産買取ドットコム早期売却が期待できる買取査定が可能

では、7つのサイトについてより詳しくご紹介していきます。

業界トップクラスの会社に査定依頼ができるすまいvalue

上記の表をご覧になり、すまいvalueだけ提携数が少ないと感じた方も多いでしょう。
実はこのサイトは他サイトとは違って6社が共同で運営を行っているサービスとなります。

共同運営を行う6社は下記の会社です。

  • 三井不動産リアルティ
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 野村不動産アーバンネット

不動産業界トップクラスに君臨する大手不動産会社ばかり。

不動産の仲介実績トップ3も揃っており、それらの査定額を一度に比較できるのは大変魅力です。

一般的な不動産査定サイトは、申し込んだ情報を提携する不動産会社に共有するだけなのですが、すまいvalueなら6社が直接査定を行ってくれます。
6社合計で全国に840もの店舗も構えているため、査定結果で分からないことがあったり、その後訪問査定を依頼するときにもスムーズな対応が期待できるでしょう。

自社運営のため取引上のトラブルが少なく、安心して売却ができたという口コミが多いのも特徴的です。

初めて査定を申し込む方にはこちらのサイトがおすすめです。

全国の幅広い不動産種別に対応するHOME4U

NTTデータが運営している安心の不動産サイト、HOME4U。
2001年にサービスを開始した老舗で、悪徳業者と呼ばれる質の悪い業者が登録されていない、業界からの信頼も厚い査定サイトとなっています。

このサイトは、プライバシーマーク(プライバシー保護基準を満たした団体のみに与えられる商標)の認定を受けている数少ないサイトでもあります。
不動産の査定では売主の連絡先や不動産の所在地を入力するため、個人情報の取り扱いがきちんとされているかが気になるところ。

個人情報を共有するなら安全なサイトを利用したいとお考えの方も安心して利用できるでしょう。

また、こちらのサイトは農地や田畑、山林など、幅広い不動産種別に対応しているのも特徴の一つです。
特別な許可が必要になるこれらの売買は専門性が高く、査定や仲介に対応していないところも少なくありません。
HOME4Uならこれらの種別に対応できる地方の不動産会社も提携していますので、実績豊富な会社に仲介を依頼できる可能性が高いでしょう。

HOME4UはNTTグループの不動産一括査定サイト

個人情報流出の心配なし!匿名で利用できるLIFULL HOME’S

一般的な査定サイトでは査定申し込み時に売主の電話番号や住所等を入力し、査定結果が電話や書面で送付される形となります。
強引に営業してくる業者に引っかかってしまうと、何度も電話がかかってくるなど、トラブルに発展することもあります。

しかしLIFULL HOME’Sなら、売主個人に直接査定結果を報告するのではなく、専用ページで査定価格とその詳細について確認する仕組みとなっています。

物件の所在地は大まかなエリアを入力するのみで、他に一切の個人情報を入力することなく査定を申し込めます。

離婚やローン滞納が理由で売却する場合など、売却することを誰にも知られたくない方にとってベストな査定サイトといえるでしょう。
匿名で申し込んだ査定結果に納得したら、個人情報を開示し、所在地などより細かな情報を反映させた査定をしてもらうことも可能です。

LIFULL HOME'Sは提携不動産会社が多数

AIが自動シミュレーションしてくれるHowMa

不動産の査定サービスでは近年、人工知能が搭載されたタイプも登場しています。
その一つが、AIによる自動計算ソフトが搭載されたHow Ma(ハウマ)です。

こちらのサイトは、一括査定サイト唯一のデメリットである煩わしい営業電話を回避することをきっかけにつくられたこともあり、匿名での査定が可能です。

HowMaがもつ不動産のビッグデータをもとに査定額を算出するため、不動産会社と直接やり取りする必要がありません。
売却することを誰かに知られたくない人はもちろん、売却するか分からないがとりあえず物件価格を知りたいという方におすすめのサイトとなります。

HowMaの査定は、コンシェルジュと呼ばれるスタッフが必要事項をオンライン上でヒアリングするのみ。
その後、HowMaを通して不動産会社と媒介契約を結ぶ場合にも直接会う必要がなく、また最大6社まで契約を結ぶことが出来るため早期高値売却が目指せる仕組みとなっています。

簡単でフェアな不動産取引ができる画期的な査定サイトといえるでしょう。

まずはAI査定で相場を知ってから不動産会社を探すという手もある
こざかな生徒
こざかな生徒

匿名で利用できるサイトなら、より気軽に利用できますね!

査定に対応できる不動産会社が1、2社しかないという場合、不動産の適正な相場を把握するのは難しいでしょう。
しかし、HowMaのような自動計算ソフトを利用した査定サイトを併せて利用すると、より正確性の高い相場を知ることができます。

クジラ先生
クジラ先生

売却と賃貸を同時査定できるマンションナビ

不動産種別によって査定の方法は異なりますので、マンションの売却ならマンションに特化した査定サイトを利用するのもおすすめです。

マンションナビは住所や築年数などの詳細情報を入力しなくても、マンション名を入力するだけで査定画面へと進みます。
一般的に査定サイトの入力には3~5分程度を要しますが、マンションナビなら約45秒で手続きが完了。

全国2500店舗以上もの提携先が登録しているため、地方エリアにあるマンション売却にもおすすめです。
マンション名を入力するだけで相場が分かるサービスも提供していますので、物件価格を知りたい方にもおすすめのサイトとなります。

こちらの査定サイトの特徴は、一度の申し込みで売却6社+賃貸3社に査定依頼ができる点です。

査定額の結果やライフプランによっては、売却によって一時的に大きな金額を手に入れるよりも、賃貸に出して長期的な収入を得たいと考える方もいらっしゃるでしょう。
マンションナビなら合わせて9社に同時依頼できるため、最も効率の良く収益ができる方法が見つかるでしょう。

マンションに特化した一括査定サイトマンションナビ

収益物件の売却ならリガイド

リガイドの特徴は、下記のような収益物件を扱っている点です。

  • マンション一棟
  • 事務所・店舗ビル一棟
  • 事務所・店舗ビル一室

一般消費者が保有するマンションや戸建て住宅の取り扱いはもちろん、個人投資家などが投資対象とする上記のような収益物件も扱っています。

収益物件というと、大手不動産会社だけしか対応できないとか法人企業しか顧客対象としてくれないとお考えの方も多いでしょう。
確かに、他の査定サイトでは居住用物件よりも少しハードルが高い取引となります。

でもリガイドなら、一般消費者からプロの個人投資家まで幅広い顧客を対象としているので、収益物件の売却を検討している人なら誰でも気軽に査定を申し込むことができます。

リガイドでは収益物件の賃料の査定も行っているため、個人投資家で物件の空室にお悩みの方も利用する価値があります。
賃貸物件を管理する不動産会社で空室を埋められない場合、リガイドで賃料査定を行い、新たな不動産会社にテナント探しをしてもらうことも可能です。

収益物件の収益が伸び悩んでいる方、売却をお考えの方は、一度リガイドに査定を申し込んでみてはいかがでしょうか。

リガイドは実績10年以上の老舗サイト

高値買取を目指すなら不動産買取ドットコム

最後にご紹介する不動産買取ドットコムは、買取業者の買取価格を知ることができるサイトです。

これまでお伝えしてきたサイトは不動産会社を通じて売買契約を成立させる仲介のためのサイトであり、査定額は売却予想価格という位置付けでした。
不動産買取ドットコムは買取一括査定サイトと呼ばれるもので、買取業者が直接買い取ってくれる価格を複数の業者から手に入れることが出来るサイトとなります。

買取というと相場よりも大幅に安く買い叩かれるというイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、買取一括査定サイトが登場したことによって、買取でも高値売却が目指せるようになっているのです。

買取一括査定サイトは、不動産のオークションのようなもの。
複数社に入札を競わせることができるため、欲しいと思う業者が多いほど価格はつりあがっていき、相場の9割程度で買取が決まることも珍しくありません。

仲介のように売却活動に時間をかける必要がないため、買取が決まったら最短3日で売却代金を手に入れることができるうえ、仲介手数料等の売却必要を支払う必要もありません。

仲介ではなく買取であればデメリットもあるがすぐに買取してくれる

短期で売却したい、すぐに現金化したいという方は、不動産一括査定サイトと同時に不動産買取ドットコムのような買取一括査定を利用し、希望の条件で売却ができるところを探してみましょう。

こざかな生徒
こざかな生徒

今では買取でも高値売却が目指せるのですね!

相場よりも高くなる事はありませんが、上手くいけば8~9割程度の価格で買い取ってもらえるでしょう。
売却をご検討されている方は買取も視野に入れみてください。

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

ここまで、不動産査定オススメサイトとネットで査定を行うメリットについてお伝えしてまいりました。

ネット上で手軽に利用出来る不動産一括査定サイトは、一度の申し込みで全国の不動産会社に査定を依頼できる画期的なサービスです。

簡単な物件情報を入力するだけで査定に対応できる不動産会社が自動的にピックアップされ、その中から自身が選んだところに査定を依頼することができます。

何社に頼んでも、何度利用しても無料且つ、誰でも安心して利用することができます。
一括査定サイトを利用することで不動産の相場を把握でき、信頼できる会社を見つけることができるでしょう。

近年増え続ける査定サイト、それぞれ特色や強みを打ち出して他サイトの差別化を図る狙いもみられます。
一括査定サイトのメリットを最大限引き出せるよう、賢い使い方をしましょう。
提携数の多いサイト、対象不動産の種別に特化しているサイト、売主の要望に見合ったサービスを受けられるサイトなど、いくつかのサイトを利用することをおすすめします。
サイトを複数使いすることで、最も良い条件で売却できる可能性が高まるでしょう。

おすすめ査定サイトでは提携数の多いベーシックなサイトと、特色や強みを持ったサイトをご紹介しました。
ご自身の不動産に合った売却方法を提案してくれる不動産会社選びにお役立てください。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事