マンション売却・買取が得意な不動産業者のランキング | 鯨鑑定士の不動産売却・投資

マンション売却・買取が得意な不動産業者のランキング

2020.11.11

2020.11.11

10 views

    SHARE :

マンションの売却・買取では不動産業者を頼ることになります。
仲介してもらうにしろ、買取をしてもらうにしろ、不動産業者にお願いして話を進めていきます。
自身が所有するマンションを希望通りの条件で売却したり、買取してもらうためには、不動産業者選びが重要ということです。

では不動産業者はどうやって選べば良いのでしょうか?
ここでは気になる不動産業者の選び方について解説します。
マンションの売却・買取が得意な不動産業者を見つけることができれば、スムーズに取引を進められます。

人気上位にランクインするような不動産業者はどういった特徴を持っているのかを知れば、選ぶべき不動産業者が自然と見えてきます。

売却と買取の違いについて

不動産業者の選び方を見ていく前に、基本的なこととして売却と買取の違いを押えておきましょう。
どちらも同じ意味だと考えてしまいがちですが、実際には大きく異なります。

いったい何が違うのかというと、誰が不動産、今回で言うとマンションを買うのかという点です。

まず売却の場合、売り主は不動産業者に仲介してもらい、主に個人の買い主を見つけ、マンションを売却します。
この時、不動産業者は売り主と買い主を繋ぐ役割を果たし、まさに仲介をするのが業務となります。
不動産業者が仲介業務を行う場合、広告を出すなどして物件情報を多くの人に知らせます。
そうして買い主を探し、買い主が見つかったら条件などの交渉を行い、最終的に売却を行います。

一方で買取はなにかというと、不動産業者が直接マンションなどの不動産を買います
たとえば私達がマンションを売却に出すとします。
このマンションを不動産業者が買取し、リフォームするなどして改めて販売をします。
買取では不動産業者は仲介の役割を果たすのではなく、自身が買い主となる形です。

売却(仲介)と買取の違い

マンションを売却する側からすると、売却での不動産業者は仲介役、買取での不動産業者は買い主というわけです。

売却と買取ではこのような違いがあり、実際にマンションを売却する際にはどちらの方法で売却するかも検討しなければなりません。

この他、いくつかの違いがありますので、その違いを表にもまとめておきます。

買い主取引完了までの時間価格
売却売却売却
個人長い相場に近い価格
買取買取買取
不動産業者短い相場よりも安い価格

売却と買取では主にこのような違いが挙げられます。
こうした違いがあることで、売却と買取ではそれぞれメリットとデメリットが生まれるのですが、その点については後ほど詳しく解説します。

まずは上の表のような違いがあり、売却と買取どちらを選ぶかで結果も変わるという認識を持っておきましょう。

こざかな生徒
こざかな生徒

マンションの売却と買取は違うものなんですね

個人に売るか、不動産業者に売るかが大きな違いで、まず売却と買取のどちらにするかを決めましょう

クジラ先生
クジラ先生

売却と買取ならどちらが良いのか?

では売却と買取、いったいどちらを選ぶのが良いのでしょうか?
どちらにも特徴やメリット・デメリットがあるため一概にこちらが良いとは言えません。
それぞれの違いを把握したうえで、自分にとって良いと思われる方を選ばなければなりません。

また、同じマンションであっても売却にするか買取にするかで結果が大きく変わる可能性があります。
満足できる結果になることもあれば、不満の残る結果になることもあるでしょう。
それだけ売却か買取かの判断は重要なものです。

失敗しないためにも売却と買取の特徴の違いを把握し、適切な方を選べるようになる必要があります。

売却のメリットとデメリット

売却、つまり不動産業者に仲介に入ってもらう場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

まずメリットですが、以下のようなことが考えられます。

  • 相場通り、もしくは自分の希望通りの価格で売れることが多い
  • たくさんの購入希望者が見つかり、それぞれと条件面で交渉できることがある

以上2点がメリットと言えるでしょう。

売却の場合、不動産業者が仲介に入って買い主を探してくれます。
この時、いくらで売るか、つまり売り出し価格は自分で決められます
一般的には不動産業者がアドバイスしてくれる相場に近い価格で売りに出しますが、最終的な価格は自分で決めてしまってかまいません。

そのため、買い主さえ見つかれば相場を超える価格で売れる可能性もあり、そうでなくても相場に近い価格で売れることがほとんどです。

金額的に納得できることが多いわけです。

また、不動産業者が広く物件を周知してくれるので、たくさんの購入希望者が集まることもあります。
そうなればそれぞれと交渉し、この人に買ってもらおうと納得したうえで売却できます。
たくさんの選択肢が生まれるのが売却と言うこともできるでしょう。

次に売却のデメリットです。

  • 取引完了まで時間がかかる
  • 仲介手数料が必要

デメリットとしてはこの2つが挙げられます。

まず、売却の場合は不動産業者が物件を宣伝し、買い主を探します。
買い主がすぐに見つかるとは限らず、売却が完了するまでに時間がかかることも珍しくありません。
できるだけ早く売却してしまいたいという場合、これは大きなデメリットになるでしょう。

もう1つのデメリットとして、仲介手数料の存在があります。
不動産業者に仲介してもらうということで、仲介手数料を支払うことになります。
仕方のない出費ではありますが、決して安い金額でもないためデメリットとしました。

売却ではこうしたメリットとデメリットがあるということを覚えておきましょう。

マンション売却のメリットとデメリット

買取のメリットとデメリット

次に買取のメリットとデメリットです。

メリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • 取引完了までの時間が短い
  • 仲介手数料がいらない
  • 内覧などの手間がない
  • 売りに出したことを周囲の人に知られにくい

買取ではこのようなメリットが生まれます。
買取の場合、個人の買い主を探すのではなく、不動産業者がそのまま物件を買取してくれます。
そのため取引が完了するまでの時間が短く、仲介してもらうわけではないので仲介手数料もかかりません。

また、購入希望者に対して内覧する必要もなく、時間も費用も手間もかからないのが買取の大きな特徴となっています。

不動産業者が直接買い取ってくれるため、取引がスムーズに進みます。

最後のメリットである周囲の人に知られにくいという点ですが、これは意外にもメリットと感じる人が多いようです。
というのも、マンションを売りに出す理由は人それぞれで、なかには近所の人に知られたくないという人もいるのです。

特に多いのは、ローンの支払いが難しくなったなどの経済的な理由から売りに出すケースです。

こうした場合、やはり周囲の人には知られたくないのもので、広告などを出して広く売りに出していることを宣伝する方法に抵抗を感じる人も少なくありません。
そのため不動産業者による買取を望む人もいるわけです。

ではデメリットはどうでしょうか。

買取のデメリットは以下の通りです。

  • 価格が下がってしまう

買取のデメリットは価格が下がるという1つのみですが、売る側からすればとても大きなデメリットとも言えるでしょう。
買取の場合、不動産業者がマンションを買取し、リフォームするなどしてから別な人へと販売します。
いわゆる転売をしているようなもので、不動産業者は買取時と売却時の差額で利益を得ます

たとえば1,000万円で買い取ったマンションを3,000万円で売却すれば2,000万円の利益が出ます。
販売価格を高くしすぎると買い手が見つからなくなるため、多くの利益を出すためには買取の金額をできるだけ安くしたいというのが不動産業者の本音です。

一般的に買取価格は相場価格よりも3割ほど安くなると言われています。

マンション買取のメリット

短期間で取引が完了し、手間もかかりませんが、肝心の価格が下がるという大きなデメリットも持っている点には十分に注意しましょう。
手間や時間がかかってもとにかく高く売りたいと考える場合、買取は適していないということになります。

こざかな生徒
こざかな生徒

売却と買取のメリット・デメリットを知ることが大切ですね

違いを把握したうえで、自分にとってベストと言える方法を選ぶようにしましょう

クジラ先生
クジラ先生

マンション売却・買取が得意な不動産業者を探すには?

売却と買取の違いを把握したところで、次にそれぞれが得意な不動産業者を探す方法について考えてみます。

売却や買取でも、良い不動産業者を見つけないと満足のいく結果にはなりません。

大切な資産を売るわけですから、失敗はできませんし不動産業者選びは慎重に行う必要があります。
そこで具体的にどうやって不動産業者を探し、選べば良いのかを解説していきます。

人気上位にランクインするような不動産業者は、やはり独自の特徴や武器を持っています。
その特徴や武器がなんなのかを知ることで、不動産業者選びを成功させやすくなります。

次の項目からは、理想の不動産業者を見つけるためにチェックしておきたいポイントを1つずつ紹介します。

過去の実績

過去の実績、つまりこれまでどういう物件を扱い、販売してきたかという点です。
今では多くの不動産業者がホームページを開設していて、そこに過去の実績を載せているケースも珍しくありません。
これまでどういう物件を販売してきたか知ることができれば、不動産業者選びの基準になります。

今回はマンションの売却・買取がテーマですので、実績もマンションに絞るのが良いでしょう。

マンションの売却・買取が目的ですから一戸建ての実績はそれほど重要ではなく、いかにマンションを販売してきたかがポイントです。
不動産業者にも得意・不得意があり、一戸建てが得意だったり、マンションが得意だったりと違いが出ます。
マンションが得意な不動産業者を過去の実績から見つけられれば、より有利に売却・買取を進められるでしょう。

シンプルに実績が豊富なほど信頼できると考えてもかまいません。

実績が豊富ということはそれだけ多くの人が利用しているということで、多くの人が利用するには信頼できたり、サービスが充実しているといった理由があるからです。

逆に実績がほとんどないような不動産業者は、ノウハウなども確立されてない可能性が高く、仲介を頼むにしろ買取してもらうにしろ不安が残ります。
実際、人気ランキングなどで上位にくる不動産業者というのは、過去の実績も抜群なところが目立ちます。
それだけ多くの人が実績で判断してると言えるでしょう。

大手か中小か?

不動産業者は大手と中小の2つに分けることができます。
一般的には知名度も高く、人気も高いことが多い大手を選べば良いと思われていますが、中小にも良い部分はあります。

単純な企業規模で選ぶのではなく、どちらが自分に向いているかをしっかり検討しなければいけません。

大手と中小の違いを表で見てみましょう。

対応エリアスタッフ対応抱えている顧客の数
大手大手大手
全国的に展開機械的非常に多い
中小中小中小
特定地域に限定し地域密着型親身少ないが独自の顧客を抱えていることもある

主にこのような違いが見られます。

大手は全国展開していて幅広く営業していますが、中小は特定地域に密着しています。
全国展開している大手の方が優れているように思えますが、地域密着ということは大手でも知らないような情報や顧客を持っている可能性があるということです。

また、中小のスタッフは規模が小さい分、1人1人の顧客に親身に対応してくれる傾向があります。
最後まで親切に、一緒になって取引を進めてくれるでしょう。

一方で大手はマニュアル通りの、機械的な対応となることも多く、親近感という点では中小の方が親しみやすく頼り甲斐があると感じられることも少なくありません。

一長一短がありますので、大手か中小かは自分が不動産業者に望むことも考えながら、じっくりと決めましょう。

専門性の高い不動産業者か?

一言で不動産業者と言っても、具体的な業務は企業ごとにさまざまです。
マンションを顧客に貸し出す賃貸業を専門にしているところもあれば、不動産の管理を専門にしているところ、不動産の売却と買取を専門にしているところもあります。
このように、不動産業者はそれぞれ得意な分野が決まっていて、専門性の高いところ、今回のテーマで言うとマンションの売却や買取を専門にしている業者が良い業者となります。

マンションの売却がしたいのに、賃貸を専門にしている業者にお願いしても良い結果は出にくいでしょう。
業者としても不得意な分野だとノウハウがなく、どう対応すれば良いのかわかりません。

売却や買取にしろ、マンションを手放すことを決めたら、売却と買取に強い不動産業者を探すところから始めましょう。

どういった分野に強いのかは各不動産業者のホームページを見るなどすれば調べることが可能です。

宅地建物取引業の免許をチェック

不動産業者のホームページには企業情報などをまとめたページがあります。
その中には宅地建物取引業の免許についても記載されており、この部分もチェックすると人気の高い業者、信頼できる業者を見つけやすくなります。

宅地建物取引業の免許というのは、不動産の売買を行うのに必要な免許で、不動産業者なら必ず取得しています。
逆に言うと、この免許を持っていない不動産業者は無許可、つまり違法な業者となります。

とはいえ免許を取得していない悪質な業者は決して多くなく、知らないうちに違法業者を利用するようなことはまずないでしょう。

宅地建物取引業の免許をチェックするというのは、免許の有無を確かめるのが大きな目的ではありません。
ここで見たいのは免許の更新回数です。

宅地建物取引業の免許は、ホームページなどで見ると国土交通大臣(2)第000号といった表記になっています。
注目したいのは()の中の数字です。

今回は例として(2)としましたが、これは免許の更新回数を表しています。
宅地建物取引業の免許は5年に1度更新する必要があり、(2)の場合は既に1度更新している、つまり初めて免許を取得してから少なくとも5年は経過していることがわかります。

この数字を見ることで各不動産業者の歴史の長さがわかるわけです。
単純に数字が大きいほど歴史が長い不動産業者ということになり、歴史が長いということはそれだけ人気を維持してきたという証明にもなります。
業者の良し悪しを判断する材料の1つになるのです。

不動産業者の更新回数で歴史が分かる

もちろん免許の更新回数だけで決めるのはよくありませんが、他のチェックポイントと合わせて総合的に判断するには良い基準の1つになります。

担当者は自分に合っているか?

売却や買取の申込や相談をすれば、担当者が相談に乗ってくれます。
この時、担当者が自分に合っているか、親身になってくれる信頼できる人物かもチェックしておきましょう。
どんなに企業としての評判が良く、人気が高いとしても担当者が悪いと嫌な気持ちになりますし、売買も上手くいかないかもしれません。

担当者とは取引が完了するまでの長い付き合いになりますから、合うか合わないはとても重要です。

まずは担当者と話ができる状況を作り、どんな人なのかを見てから最終的にお願いするかを決めましょう。
もし合わないだとか、対応に納得できないというなら、担当者を変えてもらったり、別な不動産業者を探し直すといったことも必要になってきます。

大きな金額が動く取引になりますから、自分が本当に信頼できる担当者に任せるのが理想です。
不安を感じたまま、不信感があるまま取引を進めるのはよくありません。

ランキングに入るような人気の不動産業者だと、担当者も親切でしっかりとサポートしてくれます。

逆に考えると、担当者があまり親切でない、こちらの話を聞いてくれないような場合、その不動産業者は人気のない業者とも言えます。
マンションを売るという目的を達成する意味でも、こうした人気のない業者を選ぶのはよくありません。

スタッフの対応もしっかりとチェックすることが大切です。

こざかな生徒
こざかな生徒

人気の高い理想の不動産業者を探すには、さまざまなポイントをチェックしないといけないんですね

複数のチェックポイントから、総合的に優れた不動産業者を判断することが大切なんです

クジラ先生
クジラ先生

マンション売却の場合、媒介契約にも注目

買取ではなくマンションを売却する場合、つまり不動産業者に仲介してもらい買い手を見つける時は、不動産業者と媒介契約を結びます。
売り手と買い手を繋ぐため、不動産業者に仲介役をしてもらうための契約なのですが、この媒介契約の方法にも注目しましょう。

実は媒介契約には3つの種類があり、それぞれで内容が変わってきます。
その3つの種類というのがこちらです。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

どれも媒介契約ではありますが、さまざまな部分で違いが出てきます。

マンション売却で不動産業者の媒介契約を結ぶ場合にどの契約形態が良いのかを考えるためにも、その違いを理解しておきましょう。

わかりやすくするため、主な違いを表でまとめます。

契約期間自己発見取引の可否依頼者への報告レインズへの登録
一般媒介契約一般媒介契約一般媒介契約一般媒介契約
原則無制限可能特に必要なし登録の必要なし
専任媒介契約専任媒介契約専任媒介契約専任媒介契約
3ヶ月以内不可2週間に1回は報告しなければならない契約から7日以内に登録
専属専任媒介契約専属専任媒介契約専属専任媒介契約専属専任媒介契約
3ヶ月以内不可1週間に1回は報告しなければならない契約から5日以内に登録

以上が主な違いとなります。

契約期間について、専任媒介契約と専属専任媒介契約は3ヶ月以内となっています。
これは契約から3ヶ月以内に売却を完了させる、つまり買い手を見つける必要があるということです。

もし3ヶ月以内に売却できなかった場合、不動産業者で買取をするという対応をしているところもあります。

また、自己発見取引とはなんなのかですが、これは私達売り主が直接買い手を探すことです。
つまり不動産業者とは別に、自分で独自に買い手を探すことができるかどうかです。
一般媒介契約でのみ自己発見取引が可能で、独自に買い手を探して交渉をしても問題ありません。

次にレインズですが、物件情報を集めてネットワークシステムの名称です。
レインズに物件を登録することで、多くの人がその物件の情報を閲覧できるようになります。
より広く宣伝が可能になり、専任媒介契約と専属専任媒介契約ではレインズへの登録が必須です。

このようにさまざまな違いが見られます。

不動産売買における媒介契約の種類

マンション売却では不動産業者との契約をどうするかも慎重に検討しましょう。

マンション売却・買取が得意な不動産業者を見つけるために一括査定も活用しよう

マンションをはじめ、不動産の売却・買取では不動産業者に査定をしてもらうことになります。
専門家が建物や土地を査定し、どのくらいの価格になるかを調べるわけです。
査定をしてもらうことで自身が所有する不動産がいくらで売れるのか、買い取ってもらえるのか知ることができるのですが、査定結果は不動産業者によってバラバラという点が問題になります。

同じ不動産であっても、どのくらいの価値があるかの判断は不動産業者によって変わってくるのです。
1,000万円と査定する不動産業者もいれば、2,000万円と査定する不動産業者もいて、より高く売るためには複数の不動産業者に査定をしてもらい、査定結果を比較するのが理想的です。

そこで出てくるのが一括査定というサービスです。
一括査定は文字通り一括で査定をしてもらえるサービスのことで、複数の不動産業者がいっせいに同じ物件を査定してくれます。

私達は各不動産業者が提示してきた査定結果を比較し、より高く売れる業者を選べば良いのです。

一括査定は無料で利用できるサービスのため、便利でありながら費用もかかりません。
今では一括査定を活用しながら売却・買取を進めるのが当たり前になりつつあります。
それだけ優れたサービスということなので、積極的に活用して理想の業者を見つけ出しましょう

人気上位にランクインするような不動産業者も多く登録されていて、マンション売却・買取が得意な不動産業者や、今人気の不動産業者を見つけるのにも適しています。

一括査定を利用する時の流れ

では実際に一括査定を利用する場合、どのような流れになるのかを見ていきましょう。
一括査定はインターネット上のサービスなので、まずは一括査定サイトにアクセスします。

たくさんのサイトがありますが、基本的な流れは共通しています。
まず査定してもらう不動産の情報を入力していきます。
物件のある住所や、物件の間取り、築年数などです。
さらに申込をした人の連絡先や名前などの個人情報も入力します。

画面にもどのような情報を入力すればよいのか書かれていますので、初めての方でも特に困るようなことはないでしょう。

必要事項をそれぞれ入力したら、査定してくれる不動産業者が複数ピックアップされます
最終的に査定の申込をすれば、ピックアップされた不動産業者がそれぞれ該当する不動産の査定を行ってくれる形です。

査定結果が出ると、メールや電話などで各不動産業者から査定結果が伝えられます
私達はその査定結果を比較し、どの不動産業者に売却・買取を依頼するのがベストかを考えることができます。

一括査定は使い方も簡単なので気軽に利用可能です。

一括査定は相場を知るのにも便利

一括査定を利用することで、複数の不動産業者から査定結果が届きます。
たとえば10社に査定を依頼した場合、10通りの結果が見られるわけです。
これは単純に高く売れる不動産業者を見つけられるだけでなく、不動産の相場を知るのにも役立ちます

売却でも買取でも、適正な金額で取引を進めるには相場を知ることがとても重要です。
5,000万円が相場のマンションを持っているとして、2,000万円で売れば安すぎますし、9,000万円で売るのは高すぎて買い手が見つからないでしょう。

最大限の利益を出しつつ、短期間で買い手を見つけるためには相場に近い価格で売ることが重要になります。

そこで一括査定は相場を把握するのに利用するのです。
各不動産業者が出してきた査定結果を見比べると、おおよその相場も見えてきます。
査定額の平均が相場に近いと考えれば良いでしょう。
もし平均額が6,000万円なら、相場も6,000万円と想定して売り出し価格などを決めることができます。

不動産業者によって査定結果が変わると言っても、プロが査定する点は共通で、金額的にはそれほど大きな開きは出ません。
相場に近い額となりますので、査定額をチェックするために一括査定を有効活用してみましょう。

一括査定のデメリットはないの?

複数の不動産業者にまとめて査定依頼ができるということで、非常に便利なサービスと言えますが、デメリットはないのでしょうか?

結論から言うと、一括査定にはデメリットもあります。
良い部分だけに注目するのではなく、デメリットも確認しておきましょう。

一括査定のデメリットとしては、各不動産業者からしつこい営業・勧誘をされる可能性があるという点が挙げられます。

一括査定をするということは、不動産業者からすれば1人の顧客を奪い合う状況です。
当然どの不動産業者も自分のところと契約してほしいと考えますから、ライバル社に顧客を奪われる前になんとかしようと考えます。

結果、査定依頼後にしつこく営業電話がかかってきたり、断ってもなかなか諦めてくれず面倒な思いをしたなんてことが出てきます。

こうした業者ばかりではありませんが、このような事態も想定しておきましょう。

一括査定を利用することのメリットも多いので、メリットとデメリットをしっかりと把握したうえで自分にとって利用すべきものかどうかを判断しましょう。
上手に活用すればマンション売却・買取で役立ってくれるのは間違いありません。

こざかな生徒
こざかな生徒

一括査定を活用すれば不動産業者選びが楽になりそうですね

人気の高い、マンション売却・買取が得意な業者を見つけやすくなるのが一括査定の強みですね

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

マンション売却・買取を成功させるにはマンション売買が得意な不動産業者を見つけることが大切です。
ランキング上位に入るような理想の不動産業者を見つけるには、各不動産業者の特徴や強みなどをチェックし、比較しましょう。
優れたサービスを提供している、親身になって相談に乗ってくれる、そんな不動産業者なら売却・買取が成功する可能性も高まります。

全国にたくさんある不動産業者から1つを選ぶのは大変ですが、一括査定も活用しながら進めていきましょう。
一括査定なら無料で使え、かつ複数の不動産業者にまとめて査定依頼ができて便利です。
査定を通して各不動産業者の質もチェックすることができ、今や欠かせないサービスになりつつあります。

各不動産業者のホームページで実績などをチェックするのはもちろん、一括査定で実際に査定もしてもらいながらどの不動産業者がベストかを判断してください。
そうすれば不動産業者選びで失敗することが減り、理想の金額で売却・買取を済ませることもできるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事