不動産査定サイトのリビンマッチ(旧スマイスター)リアル評価や特徴 | 鯨鑑定士の不動産売却

不動産査定サイトのリビンマッチ(旧スマイスター)リアル評価や特徴

2020.8.11

11 views

    SHARE :

リビンマッチは圧倒的な実績と知名度を誇る、不動産サイトです。
メインは不動産の売却及び買取の一括査定ですが、他にもさまざまなコンテンツが用意されており、不動産関連の幅広いお悩みに対処できます。

とはいえ実際に利用したことのある人以外は、詳細なサービスやサイト内容にピンとこないかもしれませんね。
また不動産系のサイトについて、利用前に評価や口コミを確認しておきたいところでしょう。

そこで不動産査定サイトのリビンマッチの特徴や評価を、具体的にご紹介します。
この記事を読み、リビンマッチの活用に役立てて下さい。

リビンマッチとは?特徴を知ろう!

まずはリビンマッチとはどのようなサイトなのか、特徴を把握しましょう。
ここでは運営会社の情報や、リビンマッチを使ってできることを解説します。
またメリットとデメリットに関しても見ていきましょう。

運営会社の基本情報

不動産査定サイトリビンマッチの運営元は、リビン・テクノロジーズ株式会社です。
2018年11月に株式会社シースタイルから社名変更をおこなったことをきっかけに、サイトもリニューアルしています。

旧サイトは、スマイスターという名称で運営されていました。
設立2004年の比較的若い会社にはなりますが、旧スマイスターの時から合わせるとサイトの運営期間は10年以上です。

不動産査定サイトの中では老舗の部類に入るでしょう。
リビン・テクノロジーズ株式会社は本社を東京都中央区に構える他、国内には5か所ほどオフィスを有しています。

詳しい会社概要に関しては、以下の一覧表に記載します。

商号リビン・テクノロジーズ株式会社
設立2004年1月
本社〒103‐0012 東京都中央区日本橋堀留町1‐8‐12さくら堀留ビル8階
資本金192,516,000円(2019年6月時点)
代表取締役社長川合大無
従業員数70名

リビン・テクノロジーズ株式会社は東証マザーズ市場に上場している企業です。
投資家からの注目が高く、今後さらなる成長が期待されています。

元々はインターネット広告代理店としてスタートし、IT関連の事業をおこなってきた会社です。
その後ITと不動産の融合を図ったコンテンツの製作により、飛躍しました。

現在はリビンマッチ以外にも複数の不動産関連サイトを運営しています。

不動産関連コンテンツにおいて、確固たる基盤を築き上げた会社と言ってよいでしょう。

リビンマッチが出来る事

運営期間10年以上の老舗サイト

リビンマッチは運営期間の長い老舗サイトです。
旧スマイスターの時から合わせると、10年以上の運営歴があります。
不動産査定サイトには新興勢力も多い中で、10年以上という歴史は圧倒的です。

運営歴が長いため、その分利用者数も多いです。
年間利用者数は440万人にものぼります。

おそらく、不動産売却を考えている方の場合、一度は目にする機会のあるサイトでしょう。
これまで数多くの人が利用してきた、信頼のおけるサイトと考えて間違いないはずです。

提携会社数は業界トップレベルの1400社

リビンマッチが提携している不動産会社は1400社以上で、これは不動産査定サイトの中でもトップ水準です。

単純に提携している会社数が多いほど、利用者としては選択肢の幅が広がります。

誰もが知っている大手の不動産会社とも、もちろん提携しています。
ほんの一例ですが、以下の会社は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

  • センチュリー21
  • ハウスドゥ!
  • みずほ不動産
  • 大東建託

またリビンマッチの特徴として、全国展開しているような大手の不動産会社だけではなく、地方の不動産会社ともパイプがあります。

このよう地域密着型の地方の不動産会社は、ネットでもなかなか情報を得るのが難しいです。
有名加盟店だけではなく、地方の不動産会社の情報も多く抱えているため、全国各地に対応したサイトです。

こざかな生徒
こざかな生徒

提携会社数が多いと、なぜ良いのですか?

利用者にとって選択肢が広がるのはもちろんですが、それだけ多くの不動産会社から信頼されている証にもなります

クジラ先生
クジラ先生

リビンマッチを使ってできること

ここからは、リビンマッチを使えばどんなことができるのか解説します。
リビンマッチは不動産査定サイトですが、出来る事は査定のみならず多岐に渡ります。
上手に活用することで、不動産における多種多様なニーズに応えることができます。

不動産会社への査定依頼

複数の不動産会社へ、一括で査定依頼の申し込みができるサービスです。
必要事項を入力してプラットフォームより申し込むと、一度で最大6社の査定を受けられます。

利用者は査定内容を見比べて不動産会社選びができるため、さまざまな不動産会社に直接問い合わせをする必要がなく便利です。

このような一括査定を取り扱っているサイトは非常に多いですが、リビンマッチの場合は不動産の売却と買取、どちらにも対応することができます。

任意売却の相談機関探し

任意売却とは、住宅ローンの支払いが難しくなった場合に、債権者の許可を受けて売却をおこなうことです。

ローンの支払いが滞ると、債権者は物件を差し押さえ競売に出すことができます。
競売は住宅ローンの支払者にとっては非常に不利な状況になります。

その前の段階で競売を回避できる方法が任意売却にあたりますが、なかなか任意売却相談ができるサイトは少ないです。
リビンマッチであれば、任意売却を検討している際にも利用できます

土地活用プランの検討

リビンマッチを活用することで、さまざまな土地活用プランを検討することができます。
一般的な土地活用法として思いつくのは、住居用の物件を建てることでしょう。

しかしながら、ただ住居を建てる以外にも例えば下記のような使い道があります。

  • 駐車場経営
  • コインランドリー経営
  • アパート経営
  • マンション経営
  • 高齢者用物件の経営

いろんな土地活用法の中から、どんな土地活用が最適か知ることができます。
複数の土地活用会社のプランを見比べることができるため、土地活用法を考えたい人にもおすすめできるサイトです。

賃貸管理会社の比較検討

賃貸経営をおこなう際には、賃貸管理会社に運営業務を委託するのが一般的です。
自分自身で運営することもできますが、賃貸管理のための業務は多岐にわたり多くの労力を費やす必要があります。

管理業務における仕事内容として、たとえば下記の内容があげられます。

  • 入居者の募集
  • 建物の清掃及びメンテナンス
  • 賃料の集金
  • 防犯対策

このような業務を全て自分自身でおこなうのは大変ですが、管理会社に担ってもらうことも可能です。
そこで大事なのが管理会社選びになります。

リビンマッチを使うことで、さまざまな管理会社のプランを一度に比較検討でき、希望にマッチした管理会社を見つけるのに役立ちます。

リノベーション会社探し

リノベーションとは古くなった住居を改修し、新築のように蘇らせることです。
建て替えほど大規模な工事ではないため、費用を押さえつつ、住居を修繕することができます。

リノベーションを希望する際には、リノベーション会社に依頼するのが一般的ですが、実にさまざまな会社が存在します。

自分の希望を満たすリノベーション会社を見つけ出すのは大変です。
リビンマッチでは、希望条件を入力することでリノベーション会社を絞り込むことができます。

また条件の合う会社に一括で問い合わせをおこなえるため、リノベーション会社選びがスムーズです。

注文住宅の依頼先探し

購入した土地や相続により譲り受けた土地などに、自分の希望する家を建築するのが注文住宅です。
一方で既に住宅が完成し、土地とセット販売になっているものを建売住宅と呼びます。

注文住宅の場合には、これから住宅を建設する必要があるため、施工を請け負ってくれる会社探しをしなければなりません。

注文住宅における依頼先は、次の3か所です。

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 建築事務所

どのタイプの会社にもそれぞれ良し悪しがあります。
リビンマッチでは全国各地の注文住宅会社のプランを比較検討でき、気に入った会社があればそのままお問合せをおこなえます。

リビンマッチのメリットは?

リビンマッチにはさまざまなメリットがあります。
他のサイトにはない強みも多く、利用価値の高いサイトと言えるのではないでしょうか。
リビンマッチにおける具体的なメリットをご紹介します。

さまざまなコンテンツが使える

リビンマッチのメリットは、コンテンツ内容が豊富なところです。
不動産査定サイトですから一括査定の申し込みができるのはもちろんのこと、それ以外にもさまざまな機能が用意されています。

例えばサイト内には、リビンマガジンBizという情報コンテンツがあります。
こちらを活用することで最新の不動産情報関連のニュースが取得可能です。

専門家が執筆したコラムも無料で読めるため、不動産関連の知識を自然と増やしていけます。
また他にも以下のコンテンツが準備されているため、幅広いニーズに応えてくれるサイトでしょう。

  • 不動産譲渡における税金シミュレーター
  • 住宅ローン返済のシミュレーター
  • 相続税額早見表
  • 路線価
  • 不動産用語集

不動産査定サイトの中でも、このようなお役立ちコンテンツにまで力を入れているところは少ないです。

さまざまな情報を、複数のサイトから取得するのは非常に大変ですし時間がかかります。
リビンマッチを使えば、リビンマッチのサイト内のみで全てを完結できるため、これは大きな強みではないでしょうか。

取り扱っている不動産の種類が豊富

リビンマッチは取り扱っている不動産の種類が非常に多く、多種多様な物件の査定が可能です。
査定できる種類は以下のとおりです。

  • 一戸建て
  • 分譲マンション
  • 土地
  • 投資用物件(アパート・マンション)
  • 区分マンション
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地

一つのサイトのみで、これだけ幅広くの物件をカバーできるサイトは他にありません。
特に農地に関して取り扱いのあるサイトは非常に珍しいです。

さまざまな物件の査定ができるため、個人での利用はもちろんのこと、法人の利用にも対応できます。

また相続によって事業向けの土地を引き継いだ際などは、土地の扱いに困ることが多いです。
事業用の土地に関する知識がない人であっても、有効的な利活用を見いだせるサイト仕様となっています。

プライバシーマークを取得している

不動産関連のサイトを利用するとなると、気になるのは個人情報の取り扱いではないでしょうか?
人に知られたくないプライベートな情報ですから、企業に情報を渡すのに抵抗があるのも当然かもしれません。

リビンマッチはプライバシーマークを取得しているため、安全性の高さも魅力の一つです。
プライバシーマークは、個人情報の保護や管理に対して、一定の条件を満たした団体のみに与えられる制度になります。

よってプライバシーマークを取得しているということは、客観的にみて信頼のおける企業であることを意味します。

不動産査定サイトを運営している企業の中には、プライバシーマークの認定を受けていない企業も多いです。
大手のサイトであっても、プライバシーマーク未取得のところもあります。

プライバシーマークを取得しているということは、利用者の視点に立ってくれている証とも言えるでしょう。
リビンマッチは、安心してサイトを利用できるため、大前提をきちんと満たしています。

仲介と買取、両方の査定ができる

不動産を売却する方法として、仲介買取の2種類があります。
仲介では不動産会社に間に入ってもらい、第三者への売却をおこないます。
一方の買取では、不動産会社自体に物件を直接買い取って貰うことになります。

仲介と買取の違い

両者の具体的な違いに関しては、以下の一覧表にまとめましたのでご参照下さい。

仲介買取
買主第三者不動産会社
特徴不動産会社は買主探しの手伝いをする不動産会社が自ら買い取る
売却価格高い安い
引き渡しまでのスピード買主が見つからなければ時間がかかる速い

多くの一括査定サイトは、仲介での売却がメインになります。
買取に関してはあまり扱っておらず、利用者としては仲介と買取の両方を一度に比較検討できないため不便です。

また、急ぎで不動産を売却したい人にとって、不動産会社の買取というのは有力な選択肢になりえます。

よって不動産買取の一括査定にも対応しているのは、リビンマッチを利用する大きなメリットでしょう。

リビンマッチのデメリットは?

メリットの次は、リビンマッチのデメリットをご紹介します。
リビンマッチを使う上で、特別大きなデメリットはないです。
基本的に安心して使えるサイトですが、リビンマッチには1つだけ弱みがあります。

サポート体制が弱い

リビンマッチはサポート体制が弱く、公式サイトにお問合せフォームが存在しません。
加盟している企業向けのお問合せフォームはありますが、一般利用客向けの窓口はないようです。

そのため何かトラブルが発生した際に、メールを送ることはできません。
電話番号なら記載されているため、何かあった際にはそちらにかけましょう。

メールを送れないとなると、心配なのは査定キャンセルが可能かどうかではないでしょうか?
リビンマッチでは、査定依頼のキャンセル自体は可能です。

ただし、どの段階でキャンセルするかによって、キャンセル先が変わります。
キャンセル先としては、次の通りです。

  • 査定前のキャンセルは、リビンマッチに電話する
  • 査定後のキャンセルは、不動産会社個別に連絡をおこなう

このように、査定前であればリビンマッチに電話をかけなければキャンセルできません。

また、査定後は不動産会社に個別にキャンセル依頼をしなければなりませんが、複数の会社への連絡が必要になります。
少々キャンセルが面倒なため、査定依頼を気軽に申し込みにくいです。

こざかな生徒
こざかな生徒

査定後に、不動産会社との間で問題が生じたらどうすればよいでしょうか?

まずは不動産会社に直接かけあって、問題解決を図る必要があります。それでも困った際には、リビンマッチに電話をかけてみましょう

クジラ先生
クジラ先生

リビンマッチの評価&口コミを徹底検証!

リビンマッチを利用する上で気になるのが評判です。
特に実際に利用した方の意見は、非常に参考になります。
ここではリビンマッチのリアル評価や、気になる口コミを見ていきましょう。

リビンマッチの良い口コミと悪い口コミ

リビンマッチの評価の中でよくある内容は?

まずはリビンマッチが世間にどのように評価されているか、ご紹介します。
リビンマッチの評価の中でも多い意見は3つほどです。
どのように評価されているのか、それぞれ具体的に解説します。

【評価①】顧客満足度が高い

リビンマッチは顧客満足度が高いことで、一定の評価を受けています。
その証拠として、2017年に楽天リサーチが実施したアンケートにて1位を獲得しているほどです。

内部調査ではなく、第三者である外部調査による結果ですから、信憑性の高い結果ではないでしょうか。

ランキング対象となっている企業数も多いため、その中での1位は実力がないと取れません。

利用者から厚く支持されているサイトと考えて間違いないでしょう。

また楽天のランキングだけでなく、自社アンケートでも顧客満足度は96%と高水準です。
これを公表できるのも、顧客満足度に自信があるからに他なりません。

不動産の売却をおこなう際には、利用客も神経をとがらせているケースが多く、真剣に会社探しをおこないます。

急ぎで売却をしたい人ですと、余裕がないケースも珍しくありません。
そのような状態の人からも、一定の支持を受けている訳ですから、顧客満足度の高さに関しては大いに評価できる部分でしょう。

【評価②】査定より高く売れる

リビンマッチは査定で出た金額よりも、実際には高値で売却できると評判です。
もちろんケースバイケースにはなるでしょうが、このような口コミが多く存在しました。

不動産会社の中には、契約を結ぶために、査定金額をわざと高く見せかけるような会社もあります。
そのような会社を利用してしまうと、当然ですが思ったほど高く売却できません。

リビンマッチは提携する業者を厳選しているため、質が良いです。
査定に関しても、安かったとしてもきちんと本当の値段を提示してくれる会社がほとんどです。

高額査定を出すポイント

そのため、安く売却されてしまったという事例が発生しにくいのではないでしょうか。

とはいえ不動産会社によって、得意とする物件タイプは異なります。

また過去の事例のデータにも違いがあるため、提示される査定金額は同一ではありません。
不動産会社によって査定額にばらつきが生じることを、押さえておきましょう。

【評価③】悪質な勧誘電話がない

このような一括査定サイトを利用する場合、査定した後契約を結ぶまで勧誘電話がかかってくることがあります。
利用客としては、しつこい営業電話は迷惑でしょう。

リビンマッチは、提携する不動産会社をきちんと審査しています。
またその審査基準が厳しいことでも有名です。

よって取り扱っている不動産会社は、どこもきちんとした会社で、悪質な業者は存在しません。

もちろんしつこい営業電話がかかってくる可能性はゼロではないですが、不安は少ないサイトです。

こざかな生徒
こざかな生徒

悪質な勧誘電話の対策として、何か出来ることはありますか?

リビンマッチには、査定依頼をする際に、不動産会社に対してメッセージを送ることができます。そこに電話ではなくメール対応希望の旨を明記するとよいでしょう

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

メールの方が時間に縛られることもないですし、対応の負担も少ないですね

リビンマッチの気になる口コミをご紹介!

リビンマッチにどのような口コミが寄せられているか、利用者としては気になるポイントでしょう。
良い口コミと悪い口コミの両方をご紹介します。
実際に利用した人のリアルな意見ですから、参考になる部分が多くあります。

良い口コミ

子供の成長に伴い、これまで住んでいたマンションから戸建てに引っ越すことにしました。
不動産査定サイトを調べていた際に、たまたまリビンマッチが目についたため利用してみました。
大手の企業だけではなく、地元密着型の小規模な不動産会社の取り扱いもあったため、そちらにも査定依頼をしました。
結果としてこちらの地元密着型の会社の対応が良く、期日内にスピーディーに売却でき良かったです。(40代男性)

子供の独立後、一戸建ての部屋を持て余していたため、マンションへ移り住むことにしました。
リビンマッチは本格的に依頼する前提ではなく、査定金額を知るためにとりあえず利用したにすぎません。
しかし思っていた以上に連絡が早く対応もよかったため、そのまま売却をお願いすることになりました。
特徴的な間取りのため買主を見つけるのに時間がかかると言われていましたが、かなり早く購入希望者が現われてよかったです。(40代女性)

賃貸にする土地活用と、売却のどちらも検討でき便利です。
結局のところ賃貸にするリスクや管理の難しさを考えて、売却を選ぶことにしました。
リビンマッチから紹介してもらった不動産会社の人がとても親切だったため、かなり満足度が高いです。(40代男性)

他社からは売却が難しいと言われていた物件ですが、リビングマッチを利用したところ複数社から声がかかりました。
自分自身で不動産会社を一軒一軒尋ねるのは非常に大変なため、こちらの一括査定サイトを利用してよかったです。(50代男性)

悪い口コミ

リビンマッチなら最大6社の査定が受けられるとのことですが、自分の場合は4社しか対応してもらえませんでした。
どうやらこの地域に対応している不動産会社が、4社しかないみたいです。
地方は加盟店が少ないため、利用したくても思うように不動産会社が見つからない可能性があります。
他の査定サイトも利用して、沢山の不動産会社情報を収集した方がいいです。(30代女性)

リビンマッチで査定をお願いした営業マンの対応が良くなかったです。
契約を断った後、何度か営業電話がかかってきたのも嫌でした。
リビンマッチに相談してみたところ、業者との提携を解消してくれるという返事をいただきました。
その後は営業電話がなくなりましたので、営業マンの対応のみマイナスポイントです。(40代女性)

口コミ情報から分かること

口コミ情報をまとめると、良い意見としては次の内容が多いです。

  • 不動産会社の対応が早く、スピーディー
  • リビンマッチで紹介してもらった不動産会社の担当の人柄が良い
  • さまざまな土地活用法を検討でき、使いやすい
  • 思った以上に高く売却できた

特に不動産会社の人の親切さに関しては、一定の評価を得ています。
加盟店には厳しい審査を設けているため、自然と悪質業者が排除され、優良な企業のみ取り扱っている証でしょう。

一方の悪い意見としては、このような意見がありました。

  • 6社の査定を受けられると思ったが、もっと少なかった
  • しつこい営業電話がかかってきた

リビンマッチの査定は、1回につき最大で6社受けられますが、地域により偏りがあります。

特に地方ですと不動産会社の数自体が少ないため、思うように査定依頼できないかもしれません。

また中には、勧誘電話がしつこい不動産会社も少なからず存在します。
そのような会社を見つけたら、リビンマッチに相談してみるとよいでしょう。

リビンマッチをもっと活用しよう!押さえておきたいポイント3つ

リビンマッチは優良なサイトですが、ポイントを知っておくと、さらに有効活用できます。
不動産売却や土地活用を成功させるためにも、リビンマッチを100%活用する方法を把握しましょう。

リビンマッチを利用するポイント

他のサイトと併用すべし

このような一括査定サイトは、サイトによって提携している不動産会社が異なります。
リビンマッチは業界の中では提携している不動産会社数が多いサイトではありますが、世の中にある全ての不動産会社と提携している訳ではありません。

リビンマッチにはなくて他のサイトとは提携している会社もありますし、その逆もまた然りです。
そのため沢山の不動産会社を比較したいのであれば、いくつかのサイトと併用する必要があります。

また不動産査定サイトによって、提携している会社の特色が異なります。
大手の企業に強いサイトもあれば、地元密着型の小規模な不動産会社を多く取り扱っているところまでさまざまです。

リビンマッチは比較的バランスがよく、大手の不動産会社も小規模な不動産会社とも提携しています。

とはいえそれは広く浅いということでもあるでしょう。
特にエリアによっては不動産会社数に偏りがあり、選択肢が少ないです。

特定の地方の不動産情報を深く知りたいのであれば、他のサイトと併用しましょう。

様々な査定を試してみよう

リビンマッチの最大の強みは、不動産売却に限らずさまざまな査定ができるところです。
買取査定もできますし、賃貸に出した場合の査定にも対応しています。

そのため目的の方法以外の査定も、とりあえず試してみるとよいでしょう。
思わぬ土地活用法を知るきっかけになるかもしれません。

またリビンマッチはコンテンツの充実度も、不動産査定サイトの中では群を抜いています。
有料級のコンテンツが沢山ありますが、これらは全て無料で使えます。

よって有効活用するためには、気になったコンテンツをとにかく試してみるのがおすすめです。

お役立ちツールが多いですから、上手に活用できればスムーズに不動産売却をするのに役立ちます。

机上査定希望の際は明記しよう

不動産売却時の査定方法には、机上査定と訪問査定があります。
机上査定は、利用者が入力したデータを基に、売却におけるおおよその概算値を見積もりとして提示する方法です。

訪問査定は実際に調査員が現地まで赴き、状態を確認したうえで買取価格を出します。
きちんと現物を見る分、訪問査定の方が正確性はアップしますが、まだ検討中の段階だと頼みにくいといった問題があるでしょう。

リビンマッチは一括査定を依頼する際に、机上査定と訪問査定を選ぶことができません。

そのため不動産会社によっては、いきなり訪問査定をおこなう前提で話を進めてくる場合もあります。

これを防ぐためには、一括査定依頼時の企業にメッセージが送れる項目を活用しましょう。
このプラットフォームに、机上査定希望の旨をしっかりと明記しておくことが大切です。

他にも何か希望があれば、査定依頼の段階で伝えておくとよいですよ。企業の良し悪しを判断する材料にもなります

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

どうしてですか?

優良な企業であれば、きちんと希望に添えるよう配慮してくれます。その様子が見られない企業には売却をお願いしない方がよいですね

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

リビンマッチは年間利用者数440万人以上、運営期間10年越えの老舗サイトです。
プライバシーマーク取得済みの東証マザーズ上場会社が運営しているため、信頼性において優れています。

不動産売却時の一括査定がメインコンテンツですが、他にも注文住宅の依頼先探しやリノベーション会社探しなど、さまざまなニーズに対応しています。

仲介での売却と買取での売却、両方を一度に検討できるのも、リビンマッチならではの特徴です。
また任意売却の相談まで活用できる珍しいサイトでもあります。

取り扱っている土地の種類も多く、事業用の土地や農地などの情報も入手可能です。
多種多様な活用ができることと、優良な不動産会社を多く取り扱っている点において評価が高いです。

顧客満足度の高さにも定評があるため、安心して使えること間違いなしでしょう。
ぜひリビンマッチを活用し、不動産におけるお悩み解消に役立てましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事