不動産投資会社のランドネットの特徴とランドネットがオススメな人を解説 | 鯨鑑定士の不動産売却

不動産投資会社のランドネットの特徴とランドネットがオススメな人を解説

2020.8.2

6 views

    SHARE :

投資物件の購入や売却を考えている時、失敗したくないのでどこの会社で投資をしようか頭を悩ませながら検討する方も少なくありません。
そんな中、不動産投資に特化しているランドネットは、覚えておきたい企業です。
利用する方も増えていて名前も聞くようになりました。

ランドネットは不動産投資業界でどのような特徴があるのか、注目すべきどんな事業を行っているのかについて調査してみました。
またランドネットを活用した投資に向いている人も解説していきます。

こざかな生徒
こざかな生徒

ネットで不動産投資のことを調べると、ランドネットって名前をよく目にします

でもどんな会社かは意外と知らなかったりしますよね

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

そうですね。興味があるので教えてください

ランドネットってどんな会社なの?

ランドネットはマンションやワンルームなどの投資用物件を幅広く販売している不動産投資会社です。
会社の基本情報を確認しておきましょう。

社名株式会社ランドネット
設立平成11年9月29日
本社〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋 7階
資本金1億円
代表者榮 章博

ランドネットは投資用マンションの売却分野では、業界一の実績を誇ると言われています。
国内だけではなく国際市場にも目を向け、グローバル展開にも力を入れている注目の企業です。

海外投資家たちに積極的にアピールするため、台湾や香港へ進出しています。
東京オリンピックの開催で日本の不動産市場は世界から注目されており、海外の投資家たちが国内の不動産購入に積極的になっています。

国際市場に強いランドネットは、今後の成長が大いに期待できる企業です。

老舗企業が多い不動産投資業界の中で、ランドネットは新しい企業の部類に入ります。
それだけに業界の既成概念にとらわれない事業展開を行っています。

こざかな生徒
こざかな生徒

ランドネットは勢いのある企業なんですね

これから不動産投資を始めるなら知っておきたい会社です

クジラ先生
クジラ先生

押さえておきたいランドネットの5つの特徴

ランドネットを知る上で押さえておきたい5つの特徴を取り上げます。

  • 豊富な実績
  • 中古マンションに強い
  • 投資物件の売却が得意
  • 最新の売却方法を採用
  • 非公開物件の扱い可
ランドネット 特徴

それぞれの特徴について詳しく説明していきましょう。

豊富な実績がある

ランドネットには豊富な実績があります。
不動産の取扱件数はいつも1000件以上ありますし、毎月220件以上の物件の売却を成功させています。
ランドネットではどのような不動産物件を扱ってくれるのか下記をご覧ください。

  • ビル
  • 店舗
  • 駐車場

一般的なマンションやアパートに加えて、ビルや店舗、そして駐車場などの物件も幅広く扱っています。

さらに、ランドネットは他の不動産投資会社が扱いたがらないような物件を売買してくれます。
下記のような物件を取り扱ってくれます。

  • 債務超過物件
  • 事故物件
  • 滞納者在住の物件
  • 耐震基準を満たしていない物件
  • 借地
  • 築年数の古い住宅

普通の不動産投資会社では買い取りたがらない物件でも、ランドネットは買い取ってくれます。
全国での買取実績があるので、難有りの物件の清算手続きや税金の支払い方を熟知しているのです。

他社では買い取ってもらえなかった不動産でも、ランドネットなら大丈夫かもしれないという安心感があります。

中古ワンルームマンションの取り扱いに強い

二つ目の特徴は、中古ワンルームマンションの取り扱いに強いという点です。
ランドネットは物件のオーナーから直接仕入れをするダイレクトワンルーム方式を採用しています。

地元の不動産業者を介さないため、中間手数料が発生しません。

ダイレクトワンルーム方式を使ってワンルームマンションを買うことにより、オーナーから高額で買い取り、売却の時には安い値段を付けることができます。

ランドネットは中古ワンルームマンションのコスト管理も得意です。
通常、中古ワンルームマンションを扱うときには、リフォームやリノベーションが必要となります。
物件を買い取った後に、入居者が入るまで高いコストがかかってきます。

しかし、ランドネットは自社でリフォームやリノベーション事業も行っています。
古い物件や傷んでいる物件を購入しても自社でリフォームができるので、低コストで物件を良い状態にして販売ができます。

リフォームやリノベーション費用が上乗せされないため、安い価格でキレイなワンルームに住めることが支持され、ランドネットが扱う賃貸マンションの入居率は99.01パーセントを達成しています。

投資物件の売却が得意

投資物件の売却が得意なこともランドネットの特徴です。
ランドネットに任せたら必ず売ってくれるという投資家からの厚い信頼があります。

投資家からはどんな点が支持されているのでしょうか。
ランドネットが投資家から評価されているポイントは4つあります。

  • サポートが手厚い
  • 手数料が安い
  • 空き室リスクが低い
  • 家賃滞納率が低い

前の項でも説明したとおりランドネットは中古ワンルームマンションなどの賃貸管理が得意です。
賃貸管理の実績が豊富なため、一度管理を任せると入居者の募集や契約まで全てをサポートしてくれます。

投資家は自分で入居者を集めることや手続きをする必要が無く、ランドネットにお任せで良いのです。

しかもサポートのための手数料は、一部屋当たり3パーセントと低く設定されています。
入居者募集のノウハウもしっかり持っているので、空き室リスクが低いことも評価されているポイントです。

低コストでリフォームしているため、安い家賃できれいな部屋を用意できます。
コスパが良いことが注目され、借り手が常にいる状態を維持できているのです。

ランドネットが扱っている賃貸物件の滞納率は0.5パーセントです。
非常に低水準なので投資家は安定した家賃収入を見込めます。

最新の売却方法を採用

ランドネットは最新の売却方法を採用しています。
今までのやり方に縛られるのではなく、時代に合った新しい方法で不動産を売却しているのです。

老舗の不動産企業は昔からの方法で売却をしており、時代のニーズに十分応えることができていません。
例えば、物件を不動産業者へ売りたいときに、査定に5日間前後かかっていました。
買い取る物件を色々な観点で調べるために長い時間がかかっていたのです。

しかし、ランドネットはITシステムを活用することにより、査定にかかる時間を1日に短縮しています。
従来の業界では不可能だと思われていた即日査定を実現しました。

売れるのかどうかをすぐに知りたい顧客のニーズにしっかり応えているのがランドネットです。

全国への出張査定もランドネットでは行っています。
ランドネットの支店は横浜と大阪にありますが、全国に拠点がある訳ではありません。
それでも依頼があれば全国どこへでも担当者が査定のために訪問します。

新しい手法を次々に採用しているランドネットですが、やり過ぎてしまうと他の業者から反感を買ったり役員と社員の考え方に差が出てきてしまったりしがちです。

会社が間違った方向へ行かないようにランドネットでは、2020年2月から元経済産業省官僚の岸博幸氏を顧問として迎え入れています。

外部からアドバイザーを招くことによって、客観的な視点を持ちながら事業を進めていける体制を整えました。
バランスの取れた体制があるからこそ最新の手法をこれからも次々に発表してくれると期待できます。

仲介と買取

非公開物件でも扱ってもらえる

ランドネットでは非公開物件も扱っています。
非公開物件というのは何らかの理由があって、広告などを出さずに売ってもらう物件のことです。

普通は広告を出さないと買い主を見つけられないので、不動産業者からは嫌がられる案件です。
ランドネットは全国に情報網を持っていますから広告を出さなくても買い手を見つけることができます。

非公開でも買い手を見つけてくれるランドネットは頼もしい存在です。

ランドネットの事業を詳しくチェック

ランドネットでは5つの事業を主に行っています。

  • 売却
  • 購入
  • 投資
  • 賃貸管理
  • リフォーム

一般の不動産企業は上記の5つの事業のうちの一つだけに特化していたり、二つか三つだけを行っていたりします。

ランドネットのように5つ全て手がけている企業は多くありません。

手を広げすぎて一つ一つの事業の質が低いのではないかと心配になるかもしれませんが、ランドネットでは全ての事業にプロフェッショナルな人材を配置し、質の高いサービスを提供しています。

ランドネット 事業内容

各事業でどのようなサービスを提供しているのか確認してみましょう。

不動産の売却事業

不動産の売却には買取と仲介という二つのタイプがあります。
ランドネットでは買い取りの手法を採用しています。
買取と仲介にはどのような違いがあるのか下記の表をご覧ください。

 買取仲介
買い主ランドネット株式会社個人か法人
売却手続き期間早い遅い

買取の手法は、売主の不動産を完全にランドネットが買い取るということです。
不動産の所有者がランドネットになります。

売主から直接ランドネットが買い上げるために売却手続きに必要な時間は少なくて済み、迅速に手続きを進められます。

仲介とは、売主の物件の買い手を不動産業者が探す方法です。
売り手が付けた値段で買いたい個人か法人を探してきて、売買が成立した段階で業者が中間マージンをもらう手法です。

仲介は売買契約が成立するまでに時間がかかります。
売り手の提示した値段に納得する買い手を見つけなければなりませんし、買い手が値段を下げようとしたら売主とも話し合わなければいけないからです。
すぐに物件を売ってしまいたい人には向かない手法です。

ランドネットはスピーディに売却を成立させられる買取方法を採用しています。
最短1時間で売り手に買い取り価格を提示できるシステムがあり、最短1日で買取手続きを終わらせられます。

買取契約が済んだらすぐに現金を振り込んでくれる対応は、すぐに資金が必要な売主には助かります。
自分たちが買い取っても必ず売れるという自信がなければできない方法です。

不動産売却の注意点

不動産の購入事業

ランドネットを通して不動産を購入できる事業も行っています。
北海道から沖縄までの中古マンションや中古ワンルームの物件情報を網羅しているため、購入物件を探している人は自分の予算や条件に合った不動産を探しやすくなっています。

ランドネットのホームページから物件の情報を確認することができます。
各物件には下記のような詳細情報が書かれています。

  • 土地権利
  • 用途地域
  • 専有面積
  • 施工会社
  • 管理会社
  • 分譲会社

物件に関係する分譲会社や管理会社の名前、そして用途地域の情報も見られます。
購入価格と利回りも表記されていますから、投資用の物件を探すときにも重宝します。

物件を購入した後にリフォームが必要ならランドネットが行ってくれますし、賃貸管理を自分でしたくないときにはランドネットに依頼することもできます。

投資のために再度売却したいときにはランドネットが買い取ってくれます。
万全のサポートがあるので安心して不動産を購入していけるのが強みです。

不動産の投資事業

ランドネットは不動産の投資事業にも力を入れています。
日本の不動産は中国やシンガポールの投資家から注目されており、不動産価格が上昇傾向にあるので投資を始めるには今は良いタイミングです。

30代や40代の人たちは不動産を安全な投資対象として評価して実際に投資を始めています。
初めてでも安心して不動産投資を始められるようにランドネットは無料の相談会を開催し、初心者に最適な投資プランや運用しやすい物件の紹介をしてくれます。

不動産投資と聞くと資金が豊富な人がしているイメージがありますが、ランドネットでは年収が600万円前後の人が行えるようにサポートしています。
中には年収500万円でも不動産投資をしている人たちがいます。

社会的信用枠のローンを使うことで頭金0円から投資を始めていき、家賃収入で借入金の返済をする方法を教えてくれます。

ランドネットは、LANDNET Fundingという不動産のクラウドファンディングを使った投資の仕方も提案しています。

借入をせずに気軽に不動産投資をしていきたい人におすすめの投資方法です。
利回り8パーセント前後で少額から投資ができる手法です。

ランドネットは、無料相談会を通してローンやクラウドファンディングを使った投資の仕方をアドバイスをしています。

賃貸管理事業

賃貸管理事業にも力を入れています。
ランドネットに依頼すると入居率は9割を超えるのでオーナーたちから信頼されています。

現在の管理戸数も4700件を超えているため、いかに賃貸業界で信頼を得ているかが分かります。
過去4年間で連続入居率98パーセントを達成しています。
なぜそこまで高い入居率を維持できるのでしょうか。

ランドネットは築年数の高い物件から新築物件まで幅広く取り扱っています。
賃貸価格の幅が広いため、あらゆる市場のニーズに対応できるようになっているのです。
他の不動産会社から購入した物件もあるので常に豊富なオプションを市場に提供することができています。

家賃保証を含んでいないのも入居率を高めるポイントの一つです。

入居率を落とさないようにサービスの質の向上も常に行っています。

  • 賃貸募集の工夫
  • 入居者へのサポート
  • 外国語対応

賃貸募集をするときに、部屋を探している人の目にランドネットの物件が留まるような工夫をしています。
部屋を360度カメラでVR撮影したり、レンタル家具を使った演出をしたりしています。

VR映像を見るなら部屋の様子が分かりやすいので現地を見る前に入居を決めやすくなります。
家具が何もない部屋を移すのではなく、レンタル家具を配置した写真を掲載しているので、入居後の生活をイメージしやすいようにもしています。

入居者にトラブルが発生したときには24時前365日稼働しているコールセンターが対応してくれます。電気や水回りの問題が発生したときや、ガス漏れなどが起きたときに迅速に対処してくれるサービスです。

英語や中国語、そして韓国語でもサービスが提供できる体制を整えています。
様々なきめ細かなサポートによって高い入居率を保つことができているのです。

リフォーム事業

リフォーム事業も積極的に行っています。
マンションオーナーが利用できるリフォームサービスや、個人として依頼できるリフォームメニューを用意しています。

所有しているマンションの更新時に、部屋をリフレッシュしたいならランドネットの格安リフォームサービスが利用できます。

マンション取得時の修繕サービスも扱っています。
予算を抑えたリフォームプランや間取りを変更する大がかりなリノベーションも行っています。

入居率を上げるのに繋がりやすいデジタルクロスを採用しているのもランドネットのリフォーム事業の特徴です。

デジタルクロスとは、若者に人気の外国の美しい風景やアニメ画像などが描かれている壁紙です。
事前に指定すると入居者が指定した写真をプリントした壁紙を貼ることも可能です。
スマートフォンと連動するIoT照明を取り付けるリフォームサービスも提供しています。

こざかな生徒
こざかな生徒

ランドネットはたくさんの事業をしているんですね

どの事業でも工夫をしているので成功しているんですよ

クジラ先生
クジラ先生

ランドネットでの不動産投資が人気な理由

ランドネットのサービスを活用した不動産投資が人気なのはどうしてでしょうか。
二つの理由を解説していきます。

安全な資産作りができる

一つ目の理由は、安全な資産作りができるという理由です。
今は定期預金の利率が低いですから金融機関にお金を預けているだけでは資産が増えていきません。

一方、不動産投資は景気の影響をあまり受けることがなく、長期運用をしていけます。

借入やクラウドファンディングを利用することでリスクを抑えた投資をしていくことも可能です。
ランドネットは安全な投資ができる環境を整備してきたので、多くの投資家から支持されています。

優れたSEシステム

ランドネットは優れたSEシステムを持っています。
これまで不動産とITというのは関連付けて考えられていませんでした。

ランドネットは自社のエンジニアを20名以上常駐させて、不動産投資のシステムを徹底的に管理しています。

物件情報や査定情報などを効率よく管理しているため、迅速な売却や購入をしていくことができます。
不動産の利回りや査定情報など投資家が必要とする資料をすぐに提供できることもランドネットが人気の理由です。

ランドネットの新サービスi Buyerとは?

2019年7月から始まったランドネットの新サービスi Buyerの内容について紹介します。

i Buyerはアメリカで評価されている買取再販システムを参考にしたサービスです。

ITシステムを駆使した買取システムで、普通なら数ヶ月かかる不動産取引の手続きを数日に短縮することができます。

i Buyerを使うなら不動産の売買契約が最短で24時間で完了します。
物件を売って現金が振り込まれるまで最短1日で完了してしまうのです。

なぜ時間短縮ができたかというと、今まで売り主と買い主との間に存在していた中間業者がする手続きを全てIT化しているからです。

従来は不動産の複雑な売買手続きを、売主の仲介業者と買い主の仲介業者が代わりに行っていました。

面倒な手続き全てをITがサポートすることによって仲介業者の存在をなくすることでき、時間もコストも節約することに成功したのです。
今後は物件の売買が一日で完了するサービスが一般化するかもしれません。

ランドネットの投資物件の傾向を解説

ランドネットの投資物件の傾向は下記の3つです。

  • 流通物件が多い
  • 格安物件が多い
  • ワンルームに強い

各ポイントについて説明します。

流通物件が多い

ランドネットは多くの買取物件を持っていますが、流通物件も所有しています。
流通物件とは市場で流通している不動産のことです。

価格が安いので資金が限られている投資家向けの物件です。
流通物件はよく選ばないと築年数が高いことや、立地条件が悪い物件などがあるので気をつけてください。

格安物件が多い

格安物件も数多く扱っています。
相場よりも安い価格の不動産が多いため、掘り出し物を見つけられます。

都内なのに1000万円から1500万円の物件がありますし、100万円を切る地方の投資用マンションなども所有しています。
価格が安いのに利回りが50パーセントから60パーセントという物件もあります。

格安物件には古い不動産も含まれます。
1981年6月より前の物件は、現在の耐震基準に対応していないので要注意です。
耐震基準に対応していないと価格が安くなりますが、大きな地震に耐えられないリスクがあります。

しかし、今現在物件として売り出されているということは、東日本大震災に耐えられたということなので割り切って投資用に購入するのもありでしょう。

ランドネットは格安の中古マンションを意識的に購入しています。
なぜなら、中古マンションはコスパが良いからです。

新築マンションの価格はモデルルームの設置費用や広告宣伝費用などの経費が全て上乗せされているので割高ですが、中古マンション価格には新築に必要な経費が含まれていません。
実質的な設備に対しての価格になっているのでコスパが良いのです。

ランドネットの中古マンションは、設備が良いのに価格が安いという高コスパ物件を見つけやすくなっています。

ワンルームに強い

ランドネットはワンルーム物件も多く扱っています。
土地や店舗なども扱っていますが、全体的にワンルーム物件が多いです。
ワンルームは入居率を高く維持しやすいので投資に向いている不動産です。

投資用にファミリーマンションを一棟まるごと買うよりも、ワンルームマンションを買う方がリスクが低いこともランドネットがワンルームを多く扱う理由です。

ワンルームマンションの方が最初の投資額が低く、長期的にリターンを得られるからです。

ローンを使って不動産を購入するときにファミリーマンションの購入には数千万円から1億円ほどの融資金額が必要となり、審査がとても厳しくなります。

一方、ワンルームマンションは2000万円前後の融資で済むため審査に通りやすくなります。
投資実績が少ない人には審査が厳しくなりますから、審査に通りやすいワンルームマンションが投資初心者には向いています

流通物件 格安物件 ワンルーム

ランドネットが初心者に優しいと言えるワケ

ランドネットは初心者向けのセミナーを定期的に開催しています。
無料相談も実施していますが、より専門的な内容を扱ったセミナーも行っているのです。

新型コロナウイルスの問題が発生してからは、WEBセミナーに切り替えて不動産投資のノウハウを教えています。
具体的にはどのような内容のセミナーを行っているのでしょうか。

あるセミナーでは、投資信託と不動産投資をどのように使って資産を増やしていけるのか教えていました。

不動産投資に加えて、保険や証券にもバランス良く投資をしていく方法も学べます。
マンション投資を初心者が成功させる方法を教えるプログラムもあります。
ランドネットのセミナーを通して、初めてでも失敗しない投資法を学んでいけます。

こざかな生徒
こざかな生徒

ランドネットなら初めての投資でもちゃんとサポートしてくれそうですね

無料相談やセミナーを活用して自分に合った投資スタイルを見つけたいですね

クジラ先生
クジラ先生

ランドネットが向いている人はどんな人なの?

ランドネットが向いている人はどんな人なのか解説しましょう。

不動産投資を学びながら実践したい人

ランドネットでは定期的にセミナーを開いているので、不動産投資を学びながら実践したい人に向いています。
不動産投資に必要な基礎をしっかり学びながら物件の購入や運用をしていけます。

全部お任せしたい人

不動産投資はしたいものの、面倒な賃貸管理などはお任せしたい人にもランドネットは向いています。
物件を購入した後のリフォームや、入居者募集などをランドネットに依頼すると全て行ってくれます。
入居者が入った後のトラブル対応やクレーム対応などの管理業務も代わりにしてくれます。

個別にリフォーム会社や管理会社に依頼するよりも、全てランドネットへ丸投げした方が安く業務を行ってくれるので便利です。

ランドネットを利用することでコスト管理をきちんと行いながら不動産運用をしていけます。

初めてランドネットへ依頼するときに覚えておきたい情報まとめ

初めてランドネットへ不動産購入や売却を依頼するときに覚えておきたいことは下記の二つです。

見積もり依頼だけでも可

ランドネットに物件の見積もりをしてもらったからといって、必ずしもそこで契約をしなければいけない訳ではありません

例えば、売却依頼をしたときに担当者が一生懸命良い値段を付けてくれたので、他の会社に値段を聞きづらくなってしまったと聞くことがあります。

しかし、少しでも良い条件で不動産を売却するのに、見積もりを比較することは絶対に必要です。

ランドネットの担当者も不動産のプロですから、依頼主が複数の業者から見積もりを取ることに慣れています。
どうしても心苦しいときには、見積もり依頼をするときに、複数の会社の見積もりを比較していると伝えるようにしましょう。

相場を知っておく

不動産投資で大切なのは相場を知っておくことです。
ランドネットに売却を依頼したら他よりも高い値段を付けてくれるだろうという思い込みを持つことは危険です。

逆に購入の時にも、ランドネットの物件なら他よりも安くて良い条件だろうという思い込みを持つこともやめてください。

もちろんランドネットは他社よりも高く物件を買ってくれますし、安く売ってくれます。
しかし、100パーセント毎回他社よりも良い条件を出してくれる訳ではありません。

賢く不動産投資をしていくときには必ず相場を知っておく必要があります。
他社の提示価格を前もって調査しておき、それからランドネットの提示価格が妥当かどうかを検討するのです。

相場を知るためにも複数の業者から見積もりを取ることは大切な作業です。

ランドネットには見積もり依頼だけでも良いことと、事前に相場を調べておくことを実践するなら賢く不動産運用をしていけます。

まとめ

不動産投資会社のランドネットの特徴は、豊富な実績があることです。
創業20周年の企業ですが不動産業界では老舗の部類には入りません。
それでも毎月200件以上の取引実績があります。

住居だけではなくオフィスビルや店舗なども幅広く扱っていますし、事故物件や耐震基準を満たしていない物件なども扱っています。
売りにくい物件もITシステムを駆使して買い手を見つけ、上手に売却してくれます。

ダイレクトワンルーム方式を採用しているため、高い値段で物件を買い、安い価格で売るという市場に歓迎される運営ができています。
i Buyerや独自のIT網を使ってスピーディな取引ができることも評価されている企業です。

無料相談やセミナーを開催していますから、これから不動産投資を始めたい人は一度問い合わせしてみるのも良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事