住宅査定は無料オンラインが良い?必要書類と使い方のマニュアルまとめ | 鯨鑑定士の不動産売却

住宅査定は無料オンラインが良い?必要書類と使い方のマニュアル

2020.8.2

7 views

    SHARE :

住宅査定を行う方法の1つとして、無料オンライン査定があります。
インターネット上で住宅の査定が可能で、料金も無料と非常に便利なサービスになっています。

では、住宅査定は本当に無料オンライン査定がベストな方法なのでしょうか?
ここでは無料オンライン査定について詳しく紹介していきます。

必要書類や使い方のポイントなどをはじめ、気になる点をいくつか見ていきましょう。

住宅査定の無料オンライン査定とは?

まず最初に、住宅査定における無料オンライン査定とはどういったサービスなのかを確認しておきましょう。

不動産一括査定サイトなどとも呼ばれていて、売却したい住宅の査定を複数の不動産会社に一括で行ってもらえます。

たとえばある住宅を、無料オンライン査定を使って5社の不動産会社に査定してもらったとしましょう。
同じ住宅の査定ですが、各不動産会社によって提示してくる金額は違います。

私達売る側は、提示された金額を比較しながら、最終的にどの不動産会社に仲介を依頼するか決める形です。

一般的には不動産会社を1つずつ訪れたりしながら話を聞き、仲介依頼をする不動産会社を決めることになります。

面倒な作業ですが、無料オンライン査定ならインターネット上で簡単に理想の不動産会社を探せます。

1度の申込で複数の不動産会社の査定を見られるうえ、料金は無料です。

住宅をはじめ不動産の売却が決まったら、無料オンライン査定を積極的に活用するのがポイントです。

こざかな生徒
こざかな生徒

無料オンライン査定なら簡単に査定結果を比較できるんですね

無料で、しかも複数の不動産会社の査定を見られるのが大きなメリットなんです

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

不動産の相場価格を知るためにも有効で、無料オンライン査定を使いこなすことが求められますね

なぜ無料で利用できる?

不動産を売りたい人にとって非常に便利な無料オンライン査定ですが、なぜこのようなサービスが無料で利用できるのでしょうか?

無料オンライン査定は企業によって運営されているわけですが、この企業はどうやって儲けているのかという言い方もできます。

結論から言うと、無料オンライン査定を運営している企業は、私達不動産を売りたい側からではなく、不動産会社からお金を受け取り利益を得ています。

不動産一括査定サイト 仕組み

なぜ不動産会社からお金をもらえるのか、それは無料オンライン査定というシステムが不動産会社にとって助かるものだからです。

無料オンライン査定では、あらかじめ複数の不動産会社と提携をしておきます。
そして住宅をはじめ不動産を売りたいという人が無料オンライン査定サイトで申込をすると、その情報がすぐに各不動産会社へと送られます。

不動産会社はそれぞれ情報をもとに不動産の査定を行い、査定結果を売却希望者へと提示します。
私達売る側はその査定結果を比較し、もっとも高値で売れる不動産会社や、信頼できそうな不動産会社を選び、最終的な仲介契約を結びます。

無料オンライン査定サイトは、不動産会社からすれば顧客と自分たちを結びつけてくれる存在であり、広告を出しているのと同じような役割を果たしてくれます。

そのため費用を支払い、査定を行うことで利益につなげているのです。
無料オンライン査定を運営する企業からすれば、不動産会社からお金をもらえるのでユーザーである私たちからはお金を受け取る必要がないわけです。

これが無料オンライン査定を無料で利用できる仕組みとなります。

仲介手数料について

無料オンライン査定自体は無料で利用可能ですが、不動産会社に仲介を依頼する形になりますので、物件が売れれば仲介手数料が発生します。

もし住宅が売れたら、仲介してもらった手数料として、いくらかを不動産会社に支払うことになります。

仲介手数料がいくらなのか気になるところですが、実は仲介手数料は宅建業法、つまり法律できちんと決められています

以下の表を見てみましょう。

取引額仲介手数料
200万円以下の金額取引額の5%以内+消費税
200万円超400万円以下の金額取引額の4%以内+消費税
400万円超の金額取引額の3%以内+消費税

このように、取引額に応じて仲介手数料の上限が定められています。
そのため、上限を超えて仲介手数料を請求されるような心配はありません

また、仲介手数料は売主である私たちと不動産会社の間で発生するお金であり、無料オンライン査定サイトは特に関係ありません

住宅査定を無料オンラインで行うメリット・デメリットについて

無料で利用でき、しかもネット上で手続きを済ませられる便利な無料オンラインでの住宅査定ですが、メリットもあればデメリットもあります。

利用したあとに失敗したと思うことがないよう、事前にメリットだけでなくデメリットについても把握しておくことが大切です。

良い部分と悪い部分を両方知ったうえで、サービスを使うべきか検討するようにすれば失敗も防げます。

ここでは住宅査定の無料オンラインについて、具体的なメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

無料オンライン査定のメリット

不動産売却 一括査定サイト

まずはメリットから見ていきましょう。
メリットとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 1度に複数の不動産会社に査定をお願いできる
  • 無料で手軽に査定依頼が可能
  • 査定結果を比較することで相場価格が見えてくる

主にこのような点がメリットとして考えられます。

本来、住宅査定を複数の不動産会社にやってもらうなら、1社ごとに連絡を取って査定の依頼をしなければいけません。
各不動産会社ごとに手続きも違い、非常に面倒な作業となります。

しかし無料オンライン査定なら一括で複数の不動産会社に査定をお願いできるため、手間がかからず手軽です。

さらに無料で利用でき、申込もネット上で必要な情報を入力するだけと利用しやすい環境が整っています。

最後に無料オンライン査定の最大の特徴とも言えますが、査定結果を比較することで相場価格が把握できるのも魅力です。

たとえば5社に査定を依頼したとして、5社がそれぞれ違った査定結果を出してきます。
基本的には各社ともそれほどかけ離れた金額にはならず、5社の平均値がおおよその相場価格と考えることができます。

自分が売ろうとしている住宅・不動産の相場はいくらくらいなのかを判断することが可能で、その相場価格から高く売ってくれそうな不動産会社を判断することも可能です。

無料オンライン査定のデメリット

次にデメリットも見ていきましょう。
非常に便利と言われる無料オンライン査定ですが、デメリットとしては以下のようなことが考えられます。

  • 強引な営業の可能性も
  • どの不動産会社が適切か判断が難しい
  • 査定を依頼できるのは提携している不動産会社のみ

以上のような点がデメリットとなります。

まず強引な営業についてです。
不動産会社からすれば、無料オンライン査定は他の不動産会社も同時に査定を行っています。
つまり1人のお客を取り合っているような状態です。

利益を得るためには自分のところと契約を結んでほしいので、中には強引な、しつこい営業をしてくる不動産会社もいるようです。
何度も電話やメールが来て、断っても諦めてくれないなんてケースも見られます。

また、こちらとしても査定結果を比較するとして、最終的にどの不動産会社を選べば良いか判断が難しい場合も出てきます。

特に査定で出た金額がほとんど変わらないという場合、金額以外の部分も参考にしなければいけませんが、ネット上での査定ですからそれも難しくなります。
決め手に欠けてしまうことがあるのです。

最後に、無料オンライン査定で査定を依頼できる不動産会社というのは、あくまでも利用した一括査定サイトと提携している不動産会社だけです。

提携していない不動産会社には査定してもらえず、本当に良い不動産会社を見逃してしまう可能性もあるのです。

もし無料オンライン査定を利用するなら、何社くらいが提携しているのかを事前にチェックしておくのも良いでしょう。

こざかな生徒
こざかな生徒

メリットとデメリットの両方を知ることが大切なんですね

メリットだけに注目するのではなく、デメリットにも注目することが大切なポイントです。強引な営業をしてきたり、信頼できないと感じる不動産会社は断るのがコツですね

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

査定金額だけでなく、どんな不動産会社なのかを知るのにも役立つんですね

無料オンライン査定を利用する流れ

ここからは実際に無料オンライン査定を利用する時の、流れについて見ていきましょう。
どのような流れで査定完了まで進んでいくのか、事前に把握しておけばスムーズに売却を進められます

無料オンライン査定を行っているサイトは複数ありますが、基本的な流れはどこも同じですので、この内容をマニュアルのように使っていただければ、どんな無料オンライン査定でも使いこなせるはずです。

無料オンライン査定

売却予定の物件情報を入力

無料オンライン査定では、まず最初にサイトの指示に従いながら、売却したいと考えている物件の情報を入力します。

間取りや築年数、土地面積や建物面積などの情報が必要で、各不動産会社はこれらの情報を参考にして査定を行います。

正しく査定を行うためには正確な情報が必要となりますので、間違いがないように十分に注意しましょう。

連絡先など、その他情報を入力

査定結果の連絡などを受けられるよう、メールアドレスや電話番号なども入力します。
査定終了後は、連絡先を通して各不動産会社をやり取りを行い、最終的に仲介してもらう不動産会社を決めます。

やはり間違いがないよう、正確に入力しましょう。

不動産会社の選択

各種情報を入力すると、査定を行える不動産会社の候補が表示されます。
その中から実際に査定をお願いする不動産会社を、1つずつ選んでいきましょう。

依頼する不動産会社が多いほど選択肢が増えますが、あまりに多いと逆に決められず迷ってしまうかもしれません。
多すぎず少なすぎず、適度な数にすることもポイントでしょう。

査定結果が届く

実際に査定が始まり、完了すれば査定結果が届けられます。
すべての査定が出揃ったら、各不動産会社の査定額を比較し、どの不動産会社に仲介を依頼するか決めましょう。

基本的には高く査定してくれた不動産会社が有利ですが、その他対応が良い、信頼できそうなど、総合的に判断することが大切です。

無料オンライン査定は匿名でも利用できる?

利用の流れに関連して、匿名での利用が可能かどうかも見てみましょう。

無料オンライン査定は、匿名でも利用できるようになっています。
ネット上で売りたい物件の情報を入力するだけでも良いので、自分の名前は匿名でも構わないのです。

ただし、匿名での査定は注意しなければいけない点もあります。
というのも、匿名のままでは正確な査定額がわからないからです。

本来、ネット上で情報を送り、不動産会社が査定を行ったら、その後は実際に物件を見る内覧などを行い、より正確な査定を行います。

内覧を行うにはこちらも連絡先や氏名を伝える必要があり、匿名のままというわけにはいきません。

また、最終的に売却する場合も不動産会社に氏名を伝える必要がありますから、やはり匿名のままでは話が進みません

無料オンライン査定を利用するだけなら匿名でも良いのですが、その後結局は氏名を伝えることになります。

不動産一括査定サイトを利用する時の流れ

住宅査定の必要書類には何がある?

ここでは住宅査定を行うための必要書類について紹介します。

住宅をはじめ不動産を売却するためには、いくつかの書類が必要になります。
すべて揃えておかないと手続きがストップしてしまったり、スムーズな売却の妨げになってしまいます。

どのような書類が必要になるのかを把握しておき、住宅査定を始める段階で用意しておくと無駄がありません。

不動産の売却ということでどうしても必要書類も増えてしまいます。
用意に準備が必要な書類も出てきますから、必要書類を把握し、用意できるように準備も進めておきましょう

住宅査定の必要書類には、必須のものと、できれば用意しておきたい、用意が推奨されるものに分かれます。
それぞれをまずは表にまとめておきましょう。

必須推奨
登記済権利証
間取図・測量図
身分証明書
印鑑証明書
固定資産税納税通知書
地積測量図
境界確認書
建築確認済証
検査済証
耐震診断報告書
アスベスト使用調査報告書
固定資産税評価証明書
住民票
地盤調査報告書
住宅性能評価書
既存住宅性能評価書
ローン残高証明書
建築設計図書
工事記録書
利用規約(マンション)

このように、住宅査定や売却を行う場合にはたくさんの書類が必要になります。

多くは役所で取ることになりますので、査定や売却を決めたらあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

こざかな生徒
こざかな生徒

こうして見るとたくさんの書類が必要になるんですね

必須でないものもありますが、すべて揃えておくと住宅査定・売却交渉などがスムーズに進められます

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

何が必要か事前に考えておくことが大切ですね

登記済権利証

登記された名義人が不動産の所有者であることを証明してくれる書類となります。
売却の際、売主から買主に渡され所有者を移すために必要です。

不動産の登記を行った際に法務局から交付される書類ですので、自宅などで保管されているはずです。
万が一紛失したなどで手元にない場合は、法務局に連絡して改めて発行してもらうことになります

間取図・測量図

売却予定の建物の間取りや測量の詳細を確認するための書類です。
買主からすれば大金を支払って買う物件ですから、間取りや土地の広さなど正確に知る必要があります。そこで間取図と測量図が役立つ形です。

物件や土地を直接目で見て確かめる方法もありますが、より詳細な情報がわかる間取図と測量図は非常に重要な書類です。

建物・土地を手に入れた時にそれぞれもらう書類なので、登記済権利証と同じく自宅などで保管しているはずです。

身分証明書

運転免許証など、こちらの身分を証明するために必要になる書類です。
運転免許証を利用される方が多いですが、この他にも健康保険証やパスポート、近年ではマイナンバーカードなども利用可能です。

売却予定の物件を所有しているのが自分のみなら自分の身分証明書だけで良いのですが、複数人で同じ物件を共有している場合は全員分の身分証明書を用意しておきましょう。
売却交渉をするのは自分だけだからといって、身分証明書も自分のものだけで良いとはなりません。

印鑑証明書

住宅の査定や売却では書類に押印する機会も出てきます。
重要書類の押印には実印が使われることになりますので、実印はもちろん実印であることを証明できる印鑑証明書も必要です。

身分証明書と同じく、複数人で物件を共有している場合は全員分用意しなければいけません。
印鑑証明書は役所に申請すれば発行してもらえますので、身分証明書を持参して手続きに行きましょう。

固定資産税納税通知書

不動産を所有していると、毎年固定資産税について書かれた書類が届きます。
その書類が固定資産税納税通知書です。

基本的に固定資産税は売主が納税する形になるのですが、売却においては売主と買主で負担を共有するケースも珍しくありません。

買主からすると固定資産税についてはよく知らない状態ですから、固定資産税納税通知書を用意しておくことで買主にも固定資産税の詳細を把握してもらえます。

そのうえでお互いにどのくらい負担するかなどを話し合うことが可能です。

固定資産税納税通知書は毎年4月に役所から送られてきます。
紛失してしまっている場合は、役所に申請をして固定資産税評価証明書を発行してもらいましょう。
固定資産税納税通知書の代わりとして使えます。

地積測量図・境界確認書

土地を売却する場合に必要です。
文字通り土地の測量の詳細や境界線について書かれた書類で、売却予定の土地がどんな土地かを確認するための書類と言えます。

土地を取得した際にこれらの書類も作成されるのですが、古い土地だと書類に記載された情報と、現状が異なる可能性も少なくありません。

そのため土地の売却が決まったら、最新の地積測量図・境界確認書を作成するケースも見られます。
その場合は測量士さんなどに調査してもらいましょう。

建築確認済証・検査済証

一戸建ての査定・売却に必要となる書類です。
建築確認済証・検査済証と名称が異なりますが、どちらも建築基準法を満たした建物だと証明する書類で、中身は同じものです。

きちんと法律通りに作られた建物だと証明するために必要で、この書類があれば買主も安心できます。

耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書

耐震診断報告書は建物の耐震性について書かれた書類、アスベスト使用調査報告書は建物にアスベストが使われていないかどうかを確かめる書類です。

必須というわけではありませんが、耐震性が優れていることをアピールしたり、アスベストが使われていない安全な建物だと買主に伝える場合に役立ちます。

どちらも安全性を保証する書類となり、用意しておけば建物の良い部分をアピールする効果が得られるでしょう。

固定資産税評価証明書

固定資産税の計算に使われる書類です。
建物や土地といった不動産は固定資産税が発生しますので、あらかじめ用意しておくと固定資産税の計算がスムーズに行えます。

固定資産税納税通知書と混同しやすいので注意しましょう。
非常によく似た名称ですが、それぞれ別な書類です。

住民票

査定・売却予定の建物や土地が登記されている住所と、売主の現在の住所が異なる場合に必要です。
逆に言うと、住所が同じ場合は不要です。

3ヶ月以内の書類が有効になりますので、査定や売却が決まってから役所で申請し発行してもらうと良いでしょう。

地盤調査報告書・住宅性能評価書・既存住宅性能評価書

建物の性能をはじめ、建物が立てられている土地の地盤の安全性などが確認できる書類です。
買主に土地や建物の安全性・性能を見てもらう場合にあると便利でしょう。
もちろんなくても査定・売却は可能です。

物件のアピールのために使われる書類と考えれば良いでしょうか。
特に買主がこうした情報を求めてきた場合は、迅速に用意して提出できると向こうも安心できるはずです。

ローン残高証明書

ローンの支払いが終わっていない段階で査定や売却をする場合に必要です。
文字通り物件のローンについて書かれた書類で、仲介契約を結ぶ不動産会社や、物件を売却する買主などにローンの状況を知ってもらうために利用します。

すでにローンを完済している場合は不要です。

建築設計図書・工事記録書

一戸建ての査定・売却の際に、建築基準法・建築士法を守って作られた建物かどうかを証明する書類です。

もし法律違反の建物となれば、買主としても不安ですし購入を止める理由にもなります。
安心材料として、または購入するかの判断材料として求められることがあります。

必須ではありませんが、これらの書類を用意して買主に見せると安心してもらえます。

利用規約(マンション)

マンションでの利用規約、つまりルールが書かれた書類です。
マンションの査定・売却の際にあると便利で、買主としては事前にルールを確認したうえで購入するかどうかを決めることができます。

もし利用規約がないと、買主は具体的なルールを知らないままで判断しなければならず不便です。

ないと査定や売却ができないわけではありませんが、重要性を考えると必須書類と考えても良いくらいのものです。

こざかな生徒
こざかな生徒

どの書類を用意しておくべきか、事前に検討しておくのが良さそうですね

必須のものから用意が推奨されるものまで、どんな書類があるのか把握しておくことが重要なんです

クジラ先生
クジラ先生

無料オンライン査定サイトの選び方について

無料オンライン査定サイトの選び方についても考えてみましょう。
インターネット上にはたくさんの査定サイトがあり、いざ査定をしようと思うとどこを使えば良いのか迷ってしまうことも珍しくありません。

そこで無料オンライン査定サイトの選び方のコツについて紹介します。

どんな点に注目すれば良いのかを知れば、使いやすい、良質なサイトを見つけやすくなり、結果として住宅査定・売却も成功しやすくなります。

提携している不動産会社が多いと便利

無料オンライン査定サイトというのは、運営会社が不動産会社と提携していて、提携先の不動産会社に査定を依頼できる仕組みです。

たとえば提携先の不動産会社が100社あれば、100社の中から地元に会社があるなど、条件を満たした複数の不動産会社に査定をしてもらえます。
基本的には提携先の不動産会社が多ければ多いほど私達利用者にとっては便利です。

極端な例ですが、提携している不動産会社が2,3社しかないのであれば選択肢がほとんどなく、一括査定も難しくなります。

無料オンライン査定サイトを選ぶ時は、それぞれのホームページなどで提携先の数を確認すると良いでしょう。

過去の実績は充実しているか?

無料オンライン査定サイトの運営会社としても、より多くのお客を獲得したいと考えています。
そこで過去の実績をホームページに記載してアピールしているところも少なくありません。

過去これだけの物件を売却してきただとか、これだけの不動産会社と提携しているなど、実績が豊富なサイトはやはり安心できますし、信頼感も出ます。

自分の大切な不動産をスムーズに、そしてできるだけ高値で売却するためにも、実績をチェックしておくことは大切です。

具体的な数字なども記載されていれば信頼性も増しますし、場合によっては口コミなどをチェックしてみるのも良いでしょう。

机上査定をしてくれるか?

住宅査定を無料オンライン査定サイトで行う場合、査定の方法として主に2つの方法があります。

  • 机上査定
  • 訪問査定

机上査定というのは、サイトを通してこちらが送った物件の情報をもとに簡易的に査定してくれる方法です。
訪問査定は査定士が実際に物件を直接見て、そのうえで査定結果を出す方法です。

どの無料オンライン査定サイトを利用しても、最終的には訪問査定は行われます。
やはり直接見なければ詳しい査定はできないからです。

ですが、その前に机上査定である程度の査定額を伝えてもらえると、こちらとしても時間をかけずにおおよその相場が把握できて便利です。

机上査定と訪問査定で結果が大きく異なってしまうこともありますが、それでも机上査定があると便利なのは間違いありません。
机上査定もやってくれるかどうかも確かめておきましょう

無料オンライン査定 選び方

無料オンライン査定サイトを利用する際の注意点

最後に、無料オンライン査定サイトを利用するにあたって気をつけたい点を紹介します。
複数の不動産会社に一括で査定依頼ができ、しかもサービス料は無料ということで非常に便利ですが、注意しなければいけないこともあります。

たとえば、多くのサイトではネット上での机上査定を行ってくれます。
これは査定してもらいたい物件の情報を入力し、送信することで不動産会社がその情報から査定額を出してくれるというものです。

実際に物件を見てもらう必要がなく、非常に便利なサービスですが、こちらが送った情報が間違っていれば、その間違った情報をもとに査定が行われます。

当然実際の査定額とは異なる結果となってしまい、あとでこんなはずじゃなかったと後悔するかもしれません。

机上査定をしてもらう場合は、必ず正確な情報を伝えるように注意しましょう。
自分では正確な情報がわからない場合、関連する書類を用意するなどして対処しなければなりません。

また、複数の不動産会社から査定結果が届くことになりますが、中には他の会社と比較して圧倒的に高い査定額を出してくるところもあります。

売る側の私達からすれば、高いほどありがたいのですが、あまりに高い会社は少し怪しいと考えるべきでしょう。

後で色々な理由をつけて額を下げてくるような、悪質な会社も存在します。

査定額を比較し、ある程度の相場観を把握し、その範囲内で実際に仲介契約を結ぶ不動産会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

住宅をはじめ不動産の売却を考える場合、まずは仲介依頼のできる不動産会社を見つけることになります。

この際、不動産の査定も行ってもらい、いくらくらいで売れるのかも確認します。
査定や仲介依頼のできる不動産会社を探す方法として、無料オンライン査定サイトの利用が考えられます。

インターネット上で手軽に利用でき、しかも無料です。

複数の不動産会社から査定をしてもらえ、査定結果を比較しながら最終的に仲介契約を結ぶ不動産会社を決められます。

非常に便利なサービスとなっていますので、利用する際の流れや使い方、必要となる書類などについて把握しておきましょう。

無料オンライン査定サイトを上手く活用できれば、売却予定の不動産もスムーズに買主が見つかるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事