女性用の一人暮らしマンションの売買で失敗しないための知っていく事 | 鯨鑑定士の不動産売却・投資

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売買で失敗しないための注意点

2020.11.19

15 views

    SHARE :

何も調べずに女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売買をすると失敗してしまうことがあります。
希望の価格で売却できないことや、住みづらい物件を購入してしまうことがあるので注意が必要です。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売買で成功するには、成功するコツや注意点を事前に知っておくことが大切です。

物件の売買で失敗しないためにあらかじめ知っておくべき事を調査してみました。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却と購入、2つのケースに分けて情報を紹介していきます。
一人暮らしの女性を対象にした投資用物件の売買に役立つ情報も掲載しているので参考にしてください。

こざかな生徒
こざかな生徒

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを賢く売却するために覚えておくべきコツはありますか

できるだけ損をしないで売却するためのコツを教えますね

クジラ先生
クジラ先生

マンションの売却で失敗しないよう気をつけるタイミングとは? 

女性専用(限定)の一人暮らしマンションは気をつけないと失敗しやすい物件です。
競合物件が多いため、満足できない売却価格で売ってしまうことや、当初の予定より低い価格で売却してしまう場合があるので注意しなければなりません。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却で失敗しないよう気をつけるべきタイミングは3つあります。

  • 物件の売却前
  • 販売期間初期
  • 販売期間終盤

それぞれのタイミングで失敗しないように何に注意したらよいのでしょうか。
失敗しないために知っておくべき事を3つのタイミングに分けて解説していきます。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却前に知っておくべき7つの事

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売却する前に覚えておきたい事は7つあります。

  • 複数社から見積もりを取る 
  • 査定の根拠を確認する
  • 適正な価格設定にする
  • 住宅ローンの残高をチェック
  • 時間に余裕を持つ
  • 女性専用(限定)の一人暮らしマンションが得意な会社へ依頼する
  • 媒介契約を慎重にする

各項目について詳しく説明していきます。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売却する前にチェックしておきたい事

複数社から見積もりを取る

売却の準備として必ず複数社から見積もりを取ってください。
複数の不動産会社へ見積もりを依頼するのが面倒だと感じて、1社だけにしか見積もりを依頼しないと損することがあります。

見積もりが1社だけだと自分の物件の正確な価値が分かりません。
依頼した1社が女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却実績が少ないと、市場のニーズを把握していないため相場より低い価格しか提示できないことがあります。

例えば、女性専用(限定)の一人暮らしマンションが得意な不動産会社へ査定してもらったら1000万円の価格が付いたはずなのに、たまたま実績が乏しい不動産会社へ依頼したために500万円の価格しか付かなかったということが起き得るのです。

少しでも高額で売却するために、必ず複数社から見積もりを取るようにしてください。
複数の不動産会社へ見積もりを依頼すると色々な担当者と知り合うことができ、対応やサービスを比較できるメリットもあります。

複数社へ査定を依頼する際には一括査定サイトを活用すると便利です。
1回だけ情報を入力するだけで、いくつもの会社へ査定依頼ができるので時間と手間を節約できます。

査定の根拠を確認する

見積もりを提示してもらった後は査定の根拠を確認するようにします。
複数社へ見積もりを依頼すると各社の査定額にばらつきがでます
中には不当に高い査定額を提示して契約を取ろうとしてくる会社がいるので注意してください。

高い査定額を提示する会社へ依頼しても相場に基づいた価格設定ではないため、買主を見つけることができずスムーズに売却が進まないことがあります。
買い主が見つからないと、結局値下げして売却しなければなりません。

複数社から見積もりを取ったときには、各社の査定額の根拠を確かめるようにしてください。

査定額が高い会社には、なぜ他の会社より価格が高いのか尋ねるとよいです。
女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却実績が豊富な会社であれば、高い査定額の理由を丁寧に説明してくれます。
実績がある会社ほど自信があるので、高い価格でも売却できる理由を的確に説明してくれるでしょう。

反対に、ただ契約が欲しくて高い金額を提示している会社は説明が曖昧になります。

適正な価格設定にする

売却するときに欲張らずに適正な価格設定にするようにしてください。
相場より高い価格で売り出してしまうと、売却に時間がかかったり買い主が見つからなかったりして失敗します。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションは物件数が多いので、市場は価格や条件に敏感です。
価格を見る目がシビアですし、同じような条件の物件があるときは少しでも安い物件を購入します。

適正価格でない場合、一件も問い合わせが入らずに売れ残ることもあります。

売却に時間がかかって良いことはありません。
引っ越しシーズンが過ぎてしまいますし、広告にずっと載せられたままの物件は訳あり物件と勘違いされ、ますます売れにくくなります

売却に時間がかかる物件は相場以下へ値段を下げることになり、結果的に損をしてしまうことがあります。

適正価格とは、相場の1割くらい高めの価格と覚えておいてください。
相場より少しだけ高めの価格で売れたら売却は大成功ですし、購入希望者が値下げ交渉してきても1割だけ下げて相場価格で売却できます。

住宅ローンの残高をチェック

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売却するときに住宅ローンの残高をチェックしておきましょう。

価格設定や売却手続きで住宅ローンの残高は大切なポイントです。

住宅ローンの残高があるときには、売却価格で完済できるようにしなければなりません。
完済できなければマンションの抵当権を抹消できず、売却手続きを進められないからです。

もし売却資金で完済できないのであれば自己資金を充当して残債を支払うようにしますし、それでも足りない場合は買換えローンを新たに組む必要があります。

買換えローンとは、マンションを売却した後に残ったローンを新しい住居のローンへ上乗せして支払うことです。

便利なサービスだと感じるかもしれませんが、買換えローンは審査が厳しかったり金利が高かったりするので注意が必要です。
あくまでも最後の手段という考え方にし、基本は売却資金と自己資金で残債を払うようにしましょう。

時間に余裕を持つ

時間に余裕を持つことも女性用一人暮らしマンションの売却で大切な点です。
売却に失敗する人に多いのが、時間に余裕がなく焦って売却してしまうことです。

例えば、時間に余裕がない人が設定価格が2000万円の物件を売ろうとしていて、1500万円なら買いますよという購入希望者が現れたとします。
時間に余裕があれば500万円もの値下げを断り、設定価格で買ってくれる購入希望者が出てくるのを待てます。
しかし焦っている人は1500万円に値下げして売却してしまいます。

一般的に女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却にかかる時間は4ヶ月から6ヶ月と言われています。
不当に安い価格で売却しないためにも、半年くらいの時間は余裕を持って売却計画を立てるようにしましょう。

転勤や結婚などの理由でどうしても急いで売却しなければいけない場合は不動産会社へ相談してください。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションが得意な会社へ依頼する

女性専用(限定)の一人暮らしマンションが得意な会社へ依頼することも覚えておきたい点です。

各不動産会社は、以下に挙げるような得意分野を持っています。

  • 戸建ての売却が得意
  • 土地の売却が得意
  • 賃貸が得意

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却が得意な会社もあれば、戸建てや土地の売却が得意な会社があります。
売却ではなく賃貸が得意な会社も多いです。

もし女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却が得意ではない会社へ仲介を依頼してしまうとどうなるでしょうか。
適正価格で売却することが難しくなりますし、売却に余計な時間がかかってしまいます。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売却する際には、共有部分の状態を調査することや管理規約を買主へ正確に説明することが求められます。

不動産会社が慣れていないと、正確な説明ができずに買主とトラブルになってしまうかもしれません。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却が得意な不動産会社を探すのに、一括査定サイトは役立ちます。
細かな条件を設定して不動産会社を検索できるので、売りたい物件が得意な会社を見つけることができるでしょう。

媒介契約を慎重にする

媒介契約の種類を慎重に選ぶことも忘れないでください。
不動産会社と契約する際には、3種類の媒介契約の中から1つを選ばなければなりません。

それぞれの媒介契約の種類と特徴は以下の通りです。

媒介契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
契約できる会社の数複数の会社と契約可能1社とだけ契約可能1社とだけ契約可能
自分で買主を見つけられるか自分で買主を見つけられる売主が自分で見つけられる
見つけた場合、契約した会社へ売却費用を支払う
自分で買い主を見つけられない
不動産会社の報告義務報告義務なし2週間に1回以上の報告義務あり1週間に1回以上の報告義務あり
レインズへの登録登録義務なし契約後7日以内に登録義務あり契約後5日以内に登録義務あり

一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約ができるので幅広く買い主を見つけられます。
不動産会社は他社と競争しているので積極的に販売活動をしてくれるメリットがあります。

一般媒介契約の特徴とメリットとデメリット

専任媒介契約は、不動産会社にとってみれば自社とだけ契約しているので、売却が成立すれば仲介手数料を得られます。
そのため積極的に販売活動をしますし、多めに広告費用を投入してくれます。
2週間に1回の報告義務があるため販売状況が把握しやすい契約です。

専任媒介契約の特徴とメリットとデメリット

専属専任媒介契約は3種類の契約の中で一番報告義務の頻度が高いですから正確に販売状況を把握できます。

専属専任媒介契約の特徴とメリットとデメリット

売主が自ら買い主を見つけることができないので、確実に不動産会社へ仲介手数料が入る契約です。

不動産会社は広告費用を惜しまずに投入してくれますし、他社を気にして焦った販売活動をすることがないため、値下げをしないで売却を成立させやすくなります。
契約後5日以内にレインズへ登録する義務が不動産会社へあるので、不動産会社が意図的に自社の顧客の中から買主を見つけ、売主と買主の双方から仲介手数料を取ろうとする囲い込みを避けられます

それぞれの契約の特徴を慎重に比較し、自分のニーズに合った媒介契約をするようにしてください。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの販売期間初期に知っておきたい4つのコツ

売却の仲介を依頼する不動産会社を決めた後、販売活動がスタートします。
販売期間中に失敗しないために知っておくとよいコツを4つ紹介するので参考にしてください。

  • 他の部屋と差別化する
  • 物件を売却するタイミングに気をつける
  • 担当者と仲良くなる
  • 内覧会を成功させる

それぞれのコツについて一つ一つ解説します。

他の部屋と差別化する

女性専用(限定)の一人暮らしマンションは物件数が多いので、他の部屋と差別化することが大切です。

同じ地域にある似たような条件の部屋と差別化することや、同じマンションの中で売り出されている部屋と差別化することで売却を成功させられます。

差別化しないと他の部屋よりも価格を下げて売却しなければならず、損してしまいます。

価格以外で他の部屋よりメリットがあることをアピールしてください。
例えば以下に挙げるポイントをアピールできるかもしれません。

  • 部屋が南向き
  • 1階ではない
  • 部屋の設備が最新

部屋が南向きであれば日当たりが良いですし、1階でなければ防犯上有利になります。

給湯器やキッチンなどの設備が最新であれば、買主は設備を買換える必要が無いため入居後の費用を節約できます。
他の部屋と売却価格が同じでも、入居後の設備投資が必要ない部屋は買主にとってお得なので有利です。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売却する際は他の部屋と差別化する方法

物件を売却するタイミングに気をつける

販売期間中に失敗しない別のコツは、物件を売却するタイミングに気をつけることです。

どんなにコンディションの良い部屋でも、築年数が古くなると売れなくなります。
物件を売却するタイミングに気をつけるとは、簡単に言うと築年数が新しいうちに売却を決断するということです。

通常、築20年以上になると急に売れにくくなります。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションをいつ売ろうか検討しているのであれば、築20年になる前に売却するのがオススメです。

比較的高い価格で早く売却できるのは、築10年未満の物件です。
築12年以上のマンションは35年の住宅ローンが組めなくなるので、築10年未満の物件が人気です。

担当者と仲良くなる

不動産会社の担当者と仲良くなることも販売活動を成功させるコツです。
売主が女性の場合、不動産会社によっては女性の担当者を指名することができます。

担当者と仲良くなって信頼関係を築くと親身に対応してくれます。

逆に仲が悪くなると販売や広告活動がなおざりになり、いつまで経っても売却できないことがあります。
不動産会社の担当者はプロですから売主がどんな人でも一定の対応はしてくれますが、やはり人の子なので仲の良い売主にはより良いサービスを提供してくれます。

仲良くなるために大切なのは、無理な要求をしないことや横柄な物言いを避けることです。

担当者のことを、売却を達成するのに欠かせないパートナーと考えるようにしてください。

内覧会を成功させる

販売活動で失敗しないためには、内覧会を成功させることも重要なポイントです。

内覧会の準備をしっかりしているなら、購入希望者にこの部屋を買いたいと思ってもらえます。

購入希望者と売買契約が成立するかどうかは内覧会にかかっていると言っても過言ではありません。
内覧会で好印象を与えるには何に気をつけたらよいでしょうか。

  • 部屋を清潔にする
  • 備品をキレイにする

内覧会の成功には特別なことが必要ではなく、部屋を清潔にすることや備品をキレイにしておくことが必要です。
散らかっていたり嫌な臭いがしたりする部屋よりも清潔な部屋の方が好印象ですし、キッチンや浴室、そしてトイレの備品がきれいな部屋の方が気に入ってもらえます。

部屋のどの部分に特に注意すべきか表にまとめましたのでご覧ください。

場所意識するポイント
水回りキッチンや浴室、そして洗面所やトイレにカビと水垢がないようにする
玄関下駄箱の中を整頓する
消臭剤や消臭スプレーで臭いを消す
リビング広く見えるように物を減らしておく
押し入れ収納スペースは広いほど好印象なので余計な物は処分しておく
バルコニー不用品を置きっぱなしにしない

女性は特に臭いに敏感ですから臭い対策はしっかり行ってください。
香りは好みがあるので、香料が入った製品で対策するより、無香料製品で対策するほうが効果的です。

内覧会は急に決まることがあるため、売却を決めたら少しずつ部屋をきれいにするようにしましょう。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの販売期間終盤で失敗しないために大切な事とは?

販売期間の終盤にも意識すべきポイントが3つあります。

  • 売却後の税金に注意する 
  • 価格交渉で焦らない
  • 買取を検討する

売却を成立させる最終段階で失敗しないためのポイントを紹介していきます。

売却後の税金に注意する

販売期間の終盤に気をつけるべきなのは、売却を成立させるのがいつかによって支払う税金の額が変わることです。

もし売却する女性専用(限定)の一人暮らしマンションを、5年以内に購入しているなら税金が高くなります。
逆に5年を超える期間にわたって所有しているマンションなら税金が安くなります。

次の表で示されているように、不動産を所有している期間によって税金が変わる制度があるのです。

適用される税金所有期間所得税住民税合計税率
長期譲渡所得税5年超15%5%20%
短期譲渡所得税5年以下30%9%39%

実際には上記の所得税と住民税に加えて復興特別所得税も含まれるため、長期譲渡所得税の合計税率は20.315%、短期譲渡所得税の税率は39.63%になります。

所有期間は物件を売却した年の1月1日を基準に計算されます。

販売期間の終盤に少し待てば5年超になるケースがあるかもしれません。

売買契約の成立を少し先延ばしにすれば長期譲渡所得税が適用される場合、待った方が節税できることを覚えておきましょう。

価格交渉で焦らない

販売期間の終盤は買主と価格交渉をすることがあります。
早く売却させたいと思って安易に価格を下げないよう注意してください。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却実績が豊富な不動産会社であれば上手に交渉してくれます。
相手がどこまで真剣に購入しようと思っているかを見極め、売主の希望額で売却が成立するようじっくり交渉してくれます。
ときには交渉に1ヶ月以上の時間を掛けることがありますが、売主が焦って担当者へ売却額を下げるようプレッシャーを掛けないようにしてください。

どうしても売却価格を下げないと売れない場合には不動産会社の方から値下げの提案をしてきます。

値下げの提案があるまでは余計な口出しはしない方がよいでしょう。

自分からどうしても売却価格を下げる提案をするときには、3つの点をよく考えてください。

  • 広告活動の質
  • 物件のコンディション
  • 担当者とのコミュニケーション

広告活動は効果的かどうか、物件のコンディションは購入希望者に魅力的か、担当者から売却が長引いている原因を聞いているかを考えるようにしましょう。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却に時間が掛かっている場合は安易に値下げせず担当者と相談する

買取を検討する

6ヶ月以上建っても物件が売れない場合、買取を検討することもできます。
売却できずに時間だけが過ぎると住み替えができなかったり税金を払い続けたりしなければなりません。

妥当な時間が経っても売却できないときの対処法は買取です。

買取とは、個人の買主ではなく不動産会社へ物件を買い取ってもらうことです。
すぐに契約が成立するメリットがありますが、買取価格が仲介で売却する価格より安くなるのがデメリットです。

売却ができなければマンションの管理費や固定資産税を払い続けなければいけないため、買取のメリットとデメリットを検討して買取で売るかどうか決めてください。

こざかな生徒
こざかな生徒

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを投資物件として売るケースもあると思います

確かにそうですね。投資物件として売るときに失敗しないコツについても説明していきましょう

クジラ先生
クジラ先生

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを投資物件として売る場合に覚えておきたいポイント 

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを投資物件として売る場合、覚えておくべきポイントは4つあります。

  • 投資物件が得意な不動産会社を選ぶ
  • 売却を判断するタイミング
  • 修繕履歴が重要
  • 不動産会社との価格設定に時間を掛ける

一つ目は投資物件が得意な不動産会社を選ぶことです。
女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却が得意なだけでなく、投資物件を多く扱っている不動産会社を選んでください。

投資物件専門の不動産会社を選ぶと売却が成功しやすいです。
通常の物件と違って投資物件は特殊で、対象とする買主が投資家になります。
投資家は投資物件専門の不動産会社と定期的に連絡を取っているため、投資専門の不動産会社へ依頼した方が買い手が早く見つかりやすいのです。

売却を判断するタイミングにも気をつけてください。
投資用の女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売却するタイミングは、利益が出ているか出ていないかで判断しましょう。
毎月赤字が出ていて将来性のない物件であれば、すぐに売却を決断した方がよいです。
赤字が続く状態は投資として失敗している状態なので潔くあきらめて売却し、他の利回りの良い新たな物件を買った方が中長期的に利益を出していけます。

投資物件の売却を早く成立させるコツは、修繕履歴を開示して買主の信頼を得ることです。
今までの修繕履歴を開示することで、買主はマンションの設備が正常に機能していることを確認できて安心します。
修繕履歴には2つの情報を記載しておけます。

  • 修繕箇所
  • 修繕日時

小さな修繕箇所も細かく記録しておくなら買主の信頼をしっかり得られます。

不動産会社との価格設定に時間を掛けるようにもしてください。
女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売却するときに重要なのは収益性です。
毎月の家賃収入見込みと、利回りが重要になってきます。

売却価格を決めるときには次の計算式を使って適正価格を探りましょう。

売却価格=1年間の純収益÷1年間の利回り

1年間の純収益とは、家賃収入から年間の経費を差し引いた金額です。
純収益や利回りの出し方は不動産会社が教えてくれます。

こざかな生徒
こざかな生徒

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを購入するときに失敗しない方法が知りたいです

購入の際に失敗しないために知っておくべき事を教えますね

クジラ先生
クジラ先生

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの購入で失敗しないために知っておくべき事を紹介 

女性専用(限定)の一人暮らしマンションを購入する際に知っておくべき事は5つあります。

  • 治安の良さ
  • 部屋全体の使いやすさを確認する
  • 住宅ローンが負担無く支払える額か考える 

立地条件や部屋の使いやすさが大切ですが、一人暮らしの女性はまず治安の良さを重視しなければなりません。
治安の良いマンションを購入するために重要な点は2階以上の部屋を選ぶことです。
1階の方が引っ越しが楽ですが、のぞきや空き巣被害に遭いやすくなります。

治安の良いマンションを見極める方法は、以下の条件を満たしているかどうかをチェックすることです。

チェックポイント概要
オートロックの有無オートロックがあると侵入者を防ぎやすい
防犯対策が行き届いているマンションカードキーや2重ロックの玄関ドア
駅やバス停からの距離距離が近いと夜道を歩く時間を少なくできる
マンションまでの道の明るさ道の街灯の数や深夜営業している店があるかをチェックする
エントランスの雰囲気マンションのエントランスがキレイな方が住民の人間性が良い
周辺環境周りに幼稚園や小学校があると治安が良いと言われている
不動産の購入や売却にはまず立地条件が鍵を握っている

全てを満たしているマンションは少ないですが、購入物件の治安の程度を判断するのに役立ててください。

次に部屋全体の使いやすさを考えましょう。
部屋に何を求めるかは人によって変わってくるので、一概に使いやすい部屋の基準を決めることは難しいです。
しかし以下の点は一般的に人気がある部屋の特徴となっています。

  • 広い収納
  • 広いキッチン
  • 洗濯置き場が屋内
  • 日当たりが良い

全ての条件を満たしている部屋は少ないものの、自分が部屋に求める条件に優先順位を付けておくと部屋選びで失敗しづらいです。

最低限満たしていて欲しい条件を事前に考えておきましょう。

女性専用(限定)の一人暮らしマンションによくある失敗例は、気に入った物件だったのですぐに契約をしたが住宅ローンが高くて後から大変になるというものです。
購入前に住宅ローンが負担無く支払っていける金額かよく検討してください。

一般的に毎月の返済額は月収の3分の1程度が妥当と考えられています。

気をつけたいのは、マンションの売却価格しか見ておらず、管理費が意外に高いことです。
女性専用(限定)の一人暮らしマンションの管理費相場は1万円前後、さらに修繕積立金などが追加されることがあるので前もって調べておいてください。

投資物件として女性用一人暮らしマンションを購入する際に知っておくべき事

投資物件として女性専用(限定)の一人暮らしマンションを購入する際に知っておくべきことは、すでに入居者がいる物件を購入することです。
入居者がいる物件を購入すると入居者募集の手間が省けますし、入居者が見つからないリスクを防げます。
家賃収入や利回りの計画も立てやすくなります。

新築より中古物件を選ぶことも、失敗しないために知っておきたい点です。
新しいマンションの方が借り手が見つかるような気がしますが、家賃が高くなるため意外と借り手を見つけるのが大変になります。

家賃が安く設定できる中古マンションの方が早く家賃収入を得られます。

購入する際にはインカムゲインを計算するようにしてください。
インカムゲインとは、マンションを購入することによって得られる収入のことです。
女性専用(限定)の一人暮らしマンションのインカムゲインは以下の通りです。

収入のタイミング費用項目収入の目安
毎月家賃
管理費
相場を参考にする
家賃の7%前後
入居時礼金家賃の1、2ヶ月分
更新時更新料家賃の1、2ヶ月分

インカムゲインを正確に把握することで想定利回りや表面利回り、そして実質利回りを計算していけます。

購入してどれくらい収益を上げられるかを正確に予測できるでしょう。

こざかな生徒
こざかな生徒

居住用と投資用のどちらの目的で購入するかで考えるべきことは変わってくるんですね

どちらの目的であっても、後悔しない購入をするためにこれらの情報を参考にしてください

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

女性専用(限定)の一人暮らしマンションの売却で失敗しないためには、物件の売却前に複数社から見積もりを取ったり住宅ローンの残高をチェックしたりすることが必要です。
時間に余裕を持って焦らず売却することと、媒介契約を慎重にすることも忘れないでください。

販売期間がスタートしたら、物件を退却するタイミングに気をつけたり内覧会の準備をしっかりしたりすると失敗しづらいです。
長期譲渡所得税が適用されるタイミングで売却することや、価格交渉で焦らないことも大切です。

購入の際には一人暮らしの女性ならではの注意ポントを押さえておくと失敗を防げるでしょう。
居住用と投資用のどちらの目的で女性専用(限定)の一人暮らしマンションを売買するかによって、知っておくべき内容は違ってくるので気をつけてください。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事