マンション.naviのマンション査定アプリの信憑性と口コミのまとめ | 鯨鑑定士の不動産売却
マンション.naviのマンション査定アプリの信憑性と口コミまとめ

マンション.naviのマンション査定アプリの信憑性と口コミのまとめ

2020.8.26

2020.8.26

7 views

    SHARE :

不動産の一括査定サイトは、世の中に数多く存在します。
もちろん運営サイトの方針によって独自色がありますが、マンションナビは取り扱っている物件をマンションだけに限定している特色があります。
マンションだけにターゲットを絞ることで、特定の顧客の満足度アップに繋がっています。
仲介の査定だけでなく、買取査定や賃貸の査定にも対応しているため、マンションのことならマルチに使えるサイトという印象です。

一括査定サイトを活用する際には、信憑性や口コミを確かめておくことが大事です。
そこでマンションナビの特徴をご紹介し、信頼のおけるサイトなのか判断していきます。

マンション査定サイトのマンションナビとは?知っておくべき基本情報

まずはマンション査定サイトのマンションナビに関する基本情報を押さえましょう。
また、マンションナビの特色やメリット及びデメリットに関してもご紹介します。

マンション.naviってどんなサイト?

マンションナビは不動産一括査定サイトです。
一括査定をしてもらい、希望に合った不動産会社を紹介してもらえるというサービスです。
ただしこれまでのサイトとは違い、扱っている物件タイプはマンションのみに特化しています。

従来の一括査定サイトであれば、マンションだけではなく戸建て住宅やオフィスなど、さまざまな物件を扱っているサイトの方が一般的です。

要はマンションナビとは、マンションのみを扱うことで特色を出しています。
また、マンションナビの一括査定は、売却がメインにはなりますが賃料査定もおこなうことが可能です。

もう一つ知っておきたいこととして、不動産の売却には、仲介と買取があります。
仲介は不動産会社と媒介契約を結び、第三者に売却する方法です。
一方の買取は、不動産会社自身に買取をしてもらう方法になります。

マンションナビは、仲介と買取の両方を扱っているサイトです。

マンションナビの特徴

一般的な査定サイトは、仲介の取り扱いが多いのですが、マンションナビの場合には買取での査定もできます

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

利用料金はかかりますか?

マンションナビの利用料は全て無料です。ちょっとだけ使いたいという人も安心して利用できます

クジラ先生
クジラ先生

その他、マンションナビのマンション査定サイトに関する情報は、下記の一覧をご覧ください。

運営会社マンションリサーチ株式会社
サイト運営開始時期2011年8月
対象物件マンション
対象エリア全国
年間利用者数360万人
提携不動産会社数900社以上

運営元に関する情報

一括査定サイトを利用するうえで確認しておきたいのが、運営元に関する情報です。
サイトの信憑性を把握できる、大事なポイントになります。
運営元についての基本情報は、下記の一覧表の通りです。

商号マンションリサーチ株式会社
運営サイト名マンション.navi
本店〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目2番11号 エイム東京九段ビル3階
設立2011年4月
資本金90,000,000円
代表取締役山田敏碁
電話番号03-5275-0046

運営元であるマンションリサーチ株式会社は、特に上場はしていませんが、近年では著しく成長している企業です。
設立2011年のため、比較的若い会社ではありますが、他にもさまざまなメディアを運営しています。

例えばマンションナビ以外に運営しているメディアとしては、下記があげられます。

  • スモーラ
  • リアルボイス
  • リサイクル不動産
  • スモーラPro

他にも不動産コンサルティングや不動産関連のセミナーなど、幅広い事業を取り扱っている会社です。

2019年には資本金の増資をおこなっているため、今後はますます手広く事業を展開するかもしれません。
一定の与信力のある会社と考えてよいでしょう。

マンション売却で4冠達成の実績あり

マンションナビは、ゼネラルリサーチのマンション売却において4冠を達成しています。
1位を獲得した項目は、下記の4つです。

  • 初めての方におすすめできる
  • 希望より高く売れた
  • 不動産売却経験者がお勧めする
  • 知人に紹介したい

これら4つの項目において1位を獲得しているため、マンション査定サイトの中でも実力のあるサイトと考えられます。

とはいえ実力を盲信する前に気になるのが、評価元であるゼネラルリサーチとは何なのかということではないでしょうか?
ゼネラルリサーチは、市場調査やマーケティングリサーチをおこなっている企業です。
年間取引数は12,000件以上のため、かなり多くの会社が利用していることになります。
実際、ゼネラルリサーチは国内最大級の市場調査を扱う企業で、知名度もかなり高いです。
モニター数も1538万人に及ぶため、得られるデータは非常に信憑性があると考えて間違いないでしょう。

こざかな生徒
こざかな生徒

ゼネラルリサーチのランキングで1位を獲得すると、なぜ良いのですか?

信頼できる第三者の機関による調査での1位ですから、マンションナビの信用性を裏付けることになります

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

他のマンション売却サイトと比較しても、優れている点がきちんとあるということですね!

4冠を得られるくらいですから、一定の水準に達しているサイトと思ってよいでしょう

クジラ先生
クジラ先生

代表は不動産業界出身者

マンションリサーチ株式会社を語るうえで知っておきたいのが、代表の山田敏碁氏に関する情報です。
元々、山田敏碁氏は不動産業界に身を置いていた人物です。
不動産会社での勤務経験を経たうえで、現在のマンションリサーチ株式会社の設立に至っています。
要は、不動産業界に精通している人物です。

マンションナビのような一括査定サイトの中には、不動産業界とは畑違いの会社が手掛けていることも珍しくありません。
特に多いのがIT業界です。
IT関連の企業が不動産の一括査定サイトを手掛けるメリットとしては、使い勝手やデザイン性に優れたサイトを作れることでしょう。
一方で、不動産業界の事情に関しては把握しきれていない可能性もあります。

不動産業界には、独特の文化や風習があるため、その点まで理解していないと深みのあるサイト作りは難しいです。
そういった意味で、マンションナビは代表自身が不動産業界のことを分かっているため、不動産業界の特色を押さえたサイトと思ってよいでしょう。

年間利用者数は360万人以上!

マンションナビの信憑性を考えるうえで、年間利用者数も判断材料の一つになるでしょう。
もちろんサイトの年間利用者数が多ければ、それだけで良いサイトという訳ではありません。
しかし多くの人が利用しているということは、きちんとサイトに魅力があるからです。
問題のないサイトであるからこそ、安心して多くの人が利用すると考えることもできます。

マンションナビの利用者数は360万人以上と、非常に多いです。
ちょっとマンションの売却について知りたい人のほとんどが、一度は目を通すサイトではないでしょうか。
また、年間の査定依頼数は2万件を超えるため、実際にマンションナビを経由して査定をおこなう人も沢山います。

マンションナビで利用できることは?

ここからはマンションナビのマンション査定サイトを利用することで、どのようなことが出来るのかご紹介します。
マンションナビならではの特徴のため、ぜひ押さえておきましょう。

売却価格と賃貸価格、両者の相場チェック

マンションナビでは、売却した場合と賃貸に出した場合の両方の相場を知ることができます
また売却も、仲介だけではなく買取査定をしてもらうことも可能です。

要は、賃貸と仲介、そして買取という3パターンの査定をおこなえます。

よって売却に出すか賃貸に出すか悩んでいる人にとって、とても使い勝手のよいサイトです。
また売却の仕方も、仲介と買取とで迷っている時に比較検討できます。
このように、さまざまなシチュエーションにおいてマルチに使えるのが、マンションナビの特色です。

もう一つ、マンションナビならではのポイントとして相場チェック機能があげられます。
売りに出しているわけではない、近隣のマンションの相場を知ることができるのです。
相場チェックも、売却と賃貸と両方で使えるため、とりあえず価格を把握しておきたい時にも便利です。

マンションの一括査定&不動産会社とのマッチング

マンションナビでは、必要事項を入力するだけで複数の不動産会社の一括査定を受けることができます。

不動産会社は、それぞれ得意とする物件が異なります。
例えば中層マンションを多く取り扱う不動産会社もあれば、高層マンションが得意な会社もあるでしょう。
また不動産会社によって、メインとする地域が異なります。
全国各地の物件情報を手広く扱っている不動産会社もあれば、地域特化型の不動産会社までさまざまです。
物件を売却したり賃貸に出す際には、そのようないろんな不動産会社の中から自分に合っているところを探し出す必要があります。

とはいえ不動産会社を一軒一軒捜し歩くのは、非常に労力がかかります。
マンションナビの一括査定サービスを活用することで、簡単に複数社の見積もりを取ることができます。
また、不動産会社とのマッチングによって、自分が住んでいるマンションを得意とする会社を見つけることが可能です。

このようにマンションナビを利用することで、不動産会社探しの時間短縮に繋がるでしょう。

そして良い不動産会社を選ぶことができれば、その分高値で売却したり賃貸に出せる可能性が膨らみます。

マンションナビのポイントや強み

マンションナビの検索方法は3種類!

マンションナビではマンション検索を行う際に、3種類の検索方法が用意されています。
よって自分の好みに応じて、検索方法を選ぶことが可能です。
どんな検索方法があるのかご紹介します。

エリアからの検索

一つ目の検索方法は、エリアから検索する方法です。
サイトトップページには、さまざまな都道府県名が記載されています。
そちらから該当の都道府県を絞り込むことで、地域のマンションを調べることができます。

マンション名からの検索

マンションナビでは、マンション名からお目当ての物件を探すこともできます。
実際のマンション名が分かるのであれば、こちらを使って絞り込む方法が早いかもしれません。
世の中には似たようなマンション名が沢山ありますが、市区町村まできちんと表示されるため間違えることもないでしょう。

Googleマップからの検索

もう一つの検索方法として、Googleマップから物件探しを行う方法もあります。
マップ上に表示されているマンションを見ることで、視覚的に近隣マンションの情報を確認しやすいです。
町名などが分からない場合にも、地図で調べられるため使いやすいです。

マンションナビのメリットは?

マンションナビの特色が一通り分かったところで、次はメリットについて見ていきましょう。
マンションナビならではの強みもあるため、ぜひそれを知ったうえで活用するのがおすすめです。

学習コンテンツが充実している

マンションナビの魅力の一つとして、さまざまな学習コンテンツが用意されているところがあげられます。

売却をおこなううえで、基礎知識の取得は必須です。
少しでも高値で売却したいのであれば、出来る限り知識をつけることが大事でしょう。

またマンションを売却するにあたっては、税金の問題なども絡んできます。
後悔しないためにも、まずは不動産関連の知識を自分で身につけるのが大切です。

とはいえ売却をおこなう経験など滅多にないことですから、何から学べばよいのかさっぱりというケースも珍しくありません。
マンションナビでは、初心者向けに分かりやすく売却に関する知識を身につけられるコンテンツが準備されています。

例えば、売却時の以下のような悩みに対する情報を得ることができます。

  • 売却と賃貸どちらが良いのか
  • マンション売却でかかる税金の金額が分からない
  • マンション売却時にどのような費用がかかるのか分からない

また知識をつけられるコンテンツだけではなく、実際に売却をおこなった方の体験談なども充実しています。
マンションナビを上手に活用することで、有料級の知識を身につけられるでしょう。

サポート体制がしっかりしている

サポート体制がしっかりしている点も、マンションナビの魅力です。
マンションナビ運営事務局へのお問合せフォームが用意されており、そこからスタッフに質問や相談ができるようになっています。
もちろん、不動産会社との間でトラブルが生じた時にも対応してもらえるため安心です。

しかもマンションナビの社員には、不動産業界出身者が多いです。
きちんと不動産関連の知識を持ったスタッフに問い合わせできるのも、マンションナビにおける魅力でしょう。

このような一括査定サイトの中には、そもそも問い合わせフォームが準備されていないサイトもあります。
そのようなサイトですと、何か問題が起きた際には、直接運営元の会社に電話しなければなりません。
いきなり企業に直接電話をかけるのは非常にハードルが高いです。
しっかりとお問合せフォームが設置されているのは、利用者目線のサイトと考えてよいでしょう。

1度に9社の査定ができる

一度に不動産会社に査定依頼できる件数が多いのも、マンションナビの魅力です。
売却及び買取業者が6社ほど、そして賃貸の業者が3社ほど、計9社を一括査定で利用できます。

同時に売却と賃貸の両方が利用できるため、手間がかかりません。

また9社というのは、このような一括査定サイトの中ではトップの件数です。
多くの査定サイトでは、6社くらいまでしか利用できません。
よってさらに一括査定をおこないたければ、複数回に分けての利用が必要になってきます。
そうなると、また必要事項などの入力をしなければならず非常に面倒です。
マンションナビでは9社もの査定が受けられるため、一度に沢山の不動産会社を知りたい人にはぴったりのサイトでしょう。

不動産会社にはそれぞれ特徴があるため、自分が住んでいるマンションを得意とする会社を選ばなければなりません。
そのためにはどうしても多くの不動産会社を知る必要が出てきます。

一回に沢山の不動産会社を紹介してもらえるのは、時短にもなり便利でしょう。

マンションナビのメリットは?

マンションナビのデメリットは?

マンションナビの良さを理解したところで、次はマンションナビのデメリットを見ていきましょう。
充実したサイトではありますが、少なからず欠点も存在します。
利用する前にデメリットを把握しておけば、それをカバーするような使い方ができるのではないでしょうか。

マンションしか使えない

マンションナビは、取り扱っている物件をマンションに限定しています。
これはマンションナビのメリットでもあり、デメリットでもあるでしょう。

例えば一戸建て住宅の売却などを一緒に調べたい時などは、利用することができません。
特に最近の一括査定サイトは、多種多様な物件を取り扱っているサイトが多いです。
戸建て住宅はもちろん、オフィスや工場などの査定もできるサイトもあるため、そのような一括査定サイトと比較すると物足りなさを感じてしまうかもしれません。
マンションだけとなってしまうと、マルチに使える訳ではないですから、利用できるシーンは限られてしまいます

しかし前述の通り、マンションだけに特化しているのはデメリットでもありますが、それがマンションナビならではの良さでもあります。

さまざまな物件タイプを扱っている一括サイトですと、正直マンションにはあまり詳しくない不動産業者なども多く存在します。
当然一戸建てが得意な業者も登録できますし、オフィスビルが得意という業者も含まれるでしょう。
マルチにさまざまな物件を扱うサイトにおいて、マンションの売却実績が豊富な業者を見つけるのが難しくなってしまうのです。

一方で、マンションナビの場合には、マンションを得意としている業者しか提携していません。
よって利用者にとっては、業者を選定する必要がなく、自分に合った業者を探しやすくなります。

要はマンションを知りたい人にとっては非常に満足できるサイト、それ以外の人にとっては利用する意味のないサイトです

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

特定の層をターゲットにすることで、より満足感を高めているんですね

査定できる業者が多いため対応が大変

マンションナビでは、一回の査定で最大9社もの不動産会社の査定を受けられます。
一度に沢山の不動産会社を紹介してもらえるため便利ではありますが、逆にそれが大変という場合も多いです。
一括査定の申し込みをすると、その後は実際に売却話を進めるために電話がかかってきます。
電話対応において、9社の相手をしないとならないのは正直大変です。

また9社から声をかけてもらったところで、一般媒介契約以外は1社としか契約を結べません。
一般媒介契約であっても、さすがに9社もの会社と契約を結ぶ可能性はほぼないでしょう。

要は多くの会社にお断りをすることになります。
そのため沢山の不動産会社の査定を受けられるのは魅力ではあるものの、その後断る際に気が引けるため、対応が煩わしく感じてしまうかもしれません。

マンションナビの信憑性は?気になるウワサ&口コミをチェック

マンションナビを実際に利用する際に気になるのが、本当に信頼できるサイトなのかという点です。
どんなウワサがあるのか調べたり、利用者の口コミを見ることで、信憑性がどの程度なのか判断することができます。

気になるウワサや口コミをチェックしていきましょう。

【ウワサ①】会員登録なしで利用できるって本当?

マンションナビでは、会員登録をしなくても多くの機能が使えるようになっています。
会員登録をするとなると、個人情報の扱いが心配という人も多いでしょう。
マンションナビは、会員登録不要で売却と賃貸の相場チェックをおこなうことができます。
また、過去の取引事例に関しても調べることが可能です。
よって、ちょっと興味本位で知りたいという場合に、わざわざ個人情報を提供する必要がありません

しかしながら、より正確な査定情報を知りたい際には会員登録必須です。
例えばマンションの場合、同じマンションであっても階数や部屋の向きなどによって微妙に金額が変わってきます。
具体的な条件に合わせて、精度の高い査定をしてもらいたい場合には、会員登録をおこないましょう。

【ウワサ②】セキュリティーが心配だけど大丈夫?

このような一括査定サイトを利用する際に心配なのが、個人情報の漏洩です。
マンションナビでは、精度の高い相場を知るためには会員登録が必要となっています。
また実際に不動産会社の一括査定を受ける際には、個人情報の入力は避けて通れません。

しかしながらマンションナビでは、きちんとサイトがSSL化されています。
SSL化されているサイトですと、入力した情報は暗号化されて送られるため、比較的安心度が高いです。
とはいえこれはどのサイトでも言えることですが、SSL化されていたとしても情報漏洩の心配がゼロという訳ではありません

よって不用意に登録しまくるのは避けるべきです。
きちんと使うべきサイトを見極めて、登録するのが望ましいでしょう。

【ウワサ③】全国各地のマンション情報が得られるって本当?

マンションナビでは、全国47都道府県に対応しています。
一括サイトの中には、関東だけなど特定の地方に情報が偏っているサイトも少なくありません。
全国対応しているため、マンションの売却や賃貸を検討している人なら、エリアに関わらずどなたでも利用することができます。

ただし、紹介してもらえる不動産会社の数は地域によって偏りがあります
そもそも地方の場合ですと、不動産会社が数件しかないという場合も多いです。
そうなってしまうと、紹介することが物理的に無理です。
不動産会社とのマッチングに関しては、地域の不動産会社数に左右されることになるでしょう。

しかしながら相場チェック機能などは、全国各地の情報を網羅しています。
お住まいのマンションを売却あるいは賃貸にした際に、どの程度の価格かチェックすることは可能です。

【ウワサ④】相場価格が他のサイトより高いという噂は本当?

マンションナビには、さまざまなマンションの相場をチェックできる機能が付いています。
これを利用することで、実際に売却あるいは賃貸に出した時の相場を把握することが可能です。
しかしこの相場チェック機能で表示される相場が、やや高値という噂があります。
高値が表示されると、その価格で売却できるものと思い込んでしまうため、注意しなければなりません。

調べてみたところ、やはりこの相場チェック機能に関しては、実際の相場よりもやや高値が出てくるようです
そのためあくまでも相場チェック機能は、参考価格として捉えておくとよいでしょう。

実際、査定サイトを利用するうえで大事なのは、良い不動産会社と巡り合うことです。
相場に関しては少なからずズレが生じるものですから、そこを気にしてもあまり意味はないです。
売却の際に相場通りの金額で売却できること自体まれで、買取価格は高くもなれば低くもなります。

マンションナビ利用時においては、相場はやや高く表示されているものと認識したうえで、不動産選びのツールとして活用するとよいでしょう。

マンションナビの信憑性は?気になるウワサ&口コミをチェック

マンションナビの良い口コミをご紹介

マンションナビにはさまざまな口コミが寄せられています。
口コミはマンション査定サイトの信憑性を判断するうえでの、重要な情報です。
まずは良い口コミから紹介します。

初めての不動産売却のため、売却方法が全く分からなかったけど、ネットで検索したらこちらのサイトを発見しました。
一括査定で見積もりを依頼したところ、不動産会社の方から段取りを進めていただけたのでラクでした。
希望に合う不動産会社を簡単に探せたので、非常によかったです。(40代女性)

以前、相続により得た別の物件を売却しようとした経験があります。
直接不動産会社に持ち込んで見積もりをお願いしたのですが、その見積もりよりもだいぶ安い金額での売却となってしまいました。
その経験を踏まえて今回のマンション売却では、良い不動産会社と巡り合うために慎重に行動しようと思っていました。
マンションナビで紹介してもらった不動産会社はどこも対応がよく、最終的に見積もりどおりの金額で売ることができよかったです。
もしまた売却する機会があったら、マンションナビを利用したいと思います。(40代男性)

今後マンションを売却する予定があったため、マンションナビの査定を受けてみました。
不動産会社によって得手不得手が異なるというアドバイスを窓口でいただき、自分の条件に合う業者を見つけることができました
住み替えする際の判断材料として役立ちました。(40代男性)

インターネットで検索してみたところ、マンションの査定ができるサイトが非常に多いため悩みました。
評判の悪い不動産会社を扱っているサイトもあるそうなので、慎重にサイト選びをおこなうことにしました。
自分の物件がマンションだったこともあり、よく考えた結果マンションナビに一括査定を申し込みました。
物件情報の入力欄がかなり詳細を記載するタイプだったためか、最初に貰った見積もりの精度が非常に高く感じました
部屋を大切に扱っていたこともあり、高評価をいただけたのが嬉しかったです。(30代男性)

所有しているマンションを売却しようと思ってマンションナビを利用してみましたが、売却以外に賃貸にする選択肢を知ることができました。
両方の査定ができたため試してみたところ、売却の方が良い結果だったため、そのままそちらを選択しました。
全く知識がなかったのですが、マンションナビのスタッフの人が丁寧に対応してくれました
お客様目線で考えてくれていることが伝わり、感謝しています。(40代女性)

マンションナビの悪い口コミをご紹介

マンションナビには良い口コミが多数寄せられている一方で、悪い口コミも少なからずありました。
気になった悪い口コミを紹介します。

マンションの売却や賃貸に特化した専門サイトである、マンションナビを利用してみました。
売却に出した場合と賃貸に出した場合の両方の相場を知れる、無料オンライン査定はとても便利だし魅力的です。
ただし査定できる会社数が多いため、その中から1社に絞るのが大変でした。
複数社の対応が難しいため、サポート体制がもっと充実しているとありがたいなと思いました。(40代女性)

これまで賃貸に出していたマンションを売却しようと思い、マンションナビを利用しました。
一括査定依頼を頼んでからすぐに、不動産会社から連絡が届きました。
家にいるだけなのに3日後には全ての会社の査定が揃いラクでした。
ただし、不動産会社から不動産投資の勧誘電話があった点は、少し残念です。(50代女性)

口コミから分かること!信憑性についてのまとめ

マンションナビの良い口コミで多い意見としては、スタッフの対応の良さをあげているものが目立ちます。
親切に、そして丁寧に接してくれたという評価が多く、初心者でも使いやすいサイトと言えるでしょう。
またその他にも、希望通りの価格できちんと売却できたという意見も目立ちます。
良い口コミから推測するに、きちんと優良な業者が揃っているサイトと考えてよいでしょう。

一方で悪い意見の中には、不動産会社からの勧誘がしつこいという口コミもありました。
マンションナビは不動産会社の質を重視しているものの、やはり全ての不動産会社の事を把握するのは非常に難しいです。

もし不快な業者があった際には、運営に連絡してみるとよいでしょう。

もっとマンション.naviを活用しよう!賢く使うポイントは?

ここからは、マンションナビを100%活用するための方法をご紹介します。
せっかく便利なサイトですので、活用方法を知り賢く利用しましょう。

会員登録をしよう

マンションナビには無料で使える機能も多いですが、正確な情報を知りたければ会員登録必須です。
会員登録をおこなうことで、下記のような細かな条件を入力することができます。

  • 角部屋
  • 方位
  • 階数
  • 専有面積

このような条件により相場は変わってくるため、精度の高い情報を得るためにも会員登録した方がよいでしょう。

また不動産売却や賃貸を成功させるためには、常に最新の情報を取得することが大事です。
会員登録をおこなうことで、気になる物件をお気に入り登録できます。
これにより相場チェックを欠かさずおこなえますので、情報戦を制するうえでも利用したい機能です。

もう一つ、会員登録をおこなえばライバル物件の売却事例を見ることができます。
売却価格を決めるうえでの重要な判断材料になりますので、知っておいて損はない情報でしょう。

他のサイトと併用しよう

マンションナビは有益なサイトではありますが、万能という訳ではありません。
例えば、提携している不動産会社数です。
マンションナビでは多くの不動産会社と提携していますが、マンションナビでは取り扱っていない不動産会社と提携しているサイトもあります。
もちろん逆に、マンションナビでは提携していても、他のサイトでは見かけない会社というのもあるでしょう。
よってサイトの弱みを補うためにも、複数の査定サイトを活用するのでおすすめです。

もっとマンション.naviを活用しよう!賢く使うポイントは?

査定サイトによって力を入れている部分が異なります。複数の査定サイトを使いこなせば、より有益な情報を手に入れやすいです

クジラ先生
クジラ先生
こざかな生徒
こざかな生徒

何サイトくらいを利用すればよいのでしょうか?

2~3サイト程度を使って比較するのがおすすめです。あまりサイト数が多いと、個人情報漏洩などの心配も出てくるため、数サイトにとどめておきましょう

クジラ先生
クジラ先生

まとめ

マンションナビはマンション特化型の一括査定サイトで、運営元の代表自らが不動産業界に精通した人物です。
不動産業界における事情を理解したうえでサイト作りをおこなっているため、信頼性においては非常に高いサイトと言えるでしょう。

実際に利用して希望通りの価格で売却できたという口コミも多く、売却実績も豊富なため安心感があります。
また、マンションナビは売却だけではなく賃貸に出したい時にも活用できるサイトです。
両者の一括査定ができる珍しいサイトのため、どちらにするか悩んでいる際にはぜひ使ってみるのがおすすめです。

会員登録なしでも相場チェック機能などは使えるため、まずお試しで使うという方法もあります。
精度の高い情報を見るには会員登録が必須のため、具体的に売却や賃貸に出す予定があるのなら登録するとよいでしょう。

マンションナビを賢く活用することで、良い形で売却もしくは賃貸に出せるのではないでしょうか。

マンション.naviのマンション査定アプリの信憑性と口コミまとめ
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

関連記事

人気記事